16人はさすがに多すぎだと思う




今日はぼやきのような話です。

通っているスクールでは、日曜日のお昼過ぎのクラスにレギュラーで入っているのだけど、休日の昼間という利用しやすい回であることに加えて、分かりやすいと結構人気のコーチなので、とにかく人数が多いです。
2期ぐらい前まではコーチはその人だけで、1人あたりの人数が決まっているのだと思うのだけど、多くても10人ぐらいでした。が、最近サブコーチが入るようになり、振替やら体験やらどんどん人が入るようになり、今日はついに16人でした・・・。ちなみに1面でです。当然打てるボールの数も少ないし、練習の時使えるコートもやたら狭いしでなかなかフラストレーションが溜まります。

生徒の数が10人強ぐらいであれば、コートをいくつかに仕切っての練習でも縦に2面でできるので、ロングラリーとかもまだそれなりのスペースでできるのだけど、15人とかになってしまうと3面に分けられ、ただでさえストロークが安定しない私は右に左に飛んでいくことが多いので、コートが長細いとラリーが全く続かないのです。もちろん安定しない自分に原因があるのだけど、安くないお金を払って通っている訳で、この頃の、コーチも大人数を裁くことに精一杯で、余り目が行き届いていない状況というのはどうなんだ・・・? というのもあります。
で、今日は縦3面に仕切ってやっている中で、やたらどこからかボールが飛んでくる(誰かの打ち損じで)ので、それをよけながら打ったり、よけたせいでボールが打てなかったことが余りにも多すぎて、ストロークがあまりよくなかったことも相まって、イライラが溜まってしまいました。

・・・で、終わった感想としては「レギュラーのクラス変えた方がいいかなぁ」と。
私が入っている初級の生徒の間でも有名な話?なのだけど、土曜日の最終回は本当に人数が少なく、昨日もその前に入った時も3人でした。これだけ少ないとテニス自体がハードでへろへろにはなるけど、ボールはとにかく沢山打てるし、コートも広く使えるし、コーチにも多くアドバイスをもらえるしで、メリットは色々あります。

でもまぁ変えるにしても休日か平日の最終回にしかできない訳で、今まで振替で習ってきた印象として、余り入りたくないコーチのクラスもある。逆に、テニスを初めて一番最初に入った「初心者クラス」で習ったコーチはすごい親身で、生徒の間でも評判がいいのだけど、クラス割をみたら、残念ながら私が入れる回では初級クラスを持ってないし・・・。
あとひとつ気がかりなのは、夜の回をレギュラーにしてしまうと、昼間の暑い時にテニスにならない軟弱者になってしまうのでは?という懸念もある。

とか何とかあれこれ考えるとなかなか難しいです。
まぁ幸い、振替は回数制限なくやっていいみたいなので、しばらく色んなコーチのレッスンを受けてみて、移動先を考えてみようと思います。




この記事と関連した記事

コメント(2)

  1. どうもです。といいますか。初級を卒業したらいいので? ってなんかテストとかあるんでしたっけ?

    前に見せてもらった動画とかでは卒業できると実力をもたれてるのではと思いました。。。

    うまい人とやった方が上手くなるような気もしますし。

    てことで、私のブログのリンクはってもらってるみたいでありがとうございます。
    ちょっとびっくりした。
    (^^

    Atagoyama

  2. 今更レス・・・。
    上のクラスに上がる仕組みとしてはレギュラーで見ているコーチの承認が必要なんですよ。同じクラスにいる上のクラスとかけもちしてる人と自分のテニスを比較すると、やっぱりストロークがダメだよなぁ・・・と。
    なので、できるだけスクール外でできる機会を持つよう努力しております。

    と、添田くん残念でした・・・。
    でもこの悔しい敗戦をバネに一歩一歩進んでいってくれると思います!

    sabumasa

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million