全豪本戦1回戦は月曜日!相手は56位のジャジリ

ということで、2年振りの出場となる全豪オープン本戦!
1回戦はMalek Jaziri(56位/チュニジア)と対戦することになりました。

世間的には格上ということになるのでしょうが、年は添田くんと同じ32歳で、28歳で初めてトップ100を切り長く100位前後を行き来している印象です。
現在のランキングは去年の高額チャレンジャー優勝でのポイントにより支えられている部分もある一方、100位台、200位台の選手にも何度も敗退を期しており、充分付け入る隙もあるはず。

両者は2012年に1度だけ対戦があり、その時は添田くんがフルセットの末ファイナル7-5で勝利しています。



試合はコート10で現地時間11:00(日本時間9:00)スタートの3試合目に入りました。
前の試合は女子2試合なので、スタートの目安としては、現地時間14:00(日本時間正午)ぐらいでしょうか。

予選2回戦、決勝と続けてフルセットになってしまったので、中1日でどれだけ疲れが取れているか・・・。
とにかく、本人が納得いくプレイができ、その先に勝利が待っていると信じています!


明日は日本勢が6選手登場!

全豪本戦には男女合わせて、9人の日本勢が出場。

錦織圭 1/16 現地11:00~1試合目
西岡良仁 1/17以降
土居美咲 1/16 現地11:00~2試合目(1試合目は女子)
大坂なおみ 1/17以降
奈良くるみ 1/16 現地11:00~3試合目(前には男子1試合、女子1試合)
尾﨑里紗 1/17以降
日比野菜緒 1/16 現地11:00~2試合目(1試合目は男子)
穂積絵莉 1/16 現地11:00~4試合目(前には男子2試合、女子1試合)

>>全豪オープン 1月16日OOP



錦織選手以外は日本勢の試合がごちゃっと固まっていて、WOWOWでの放送には余り期待できないかもしれませんね。。


【追記】全豪予選突破!!!!!!!!!!

先ほど全豪オープン予選決勝が行われ、

Marco Trungelliti(150位/アルゼンチン)と対戦し、6-2 3-6 6-4 と逃げ切りで勝利して、見事予選突破!!!!!
全豪本戦出場を決めました!!!!!

マッチポイント、苦しい態勢からバックボレーを決めた瞬間!

Clipboard01

この試合、映像で観戦していたのですが、途切れ途切れできちんと見れるほどではなく。。
セットを落とした第2セット中盤、相手にサービスゲームでは毎回のようにブレイクポイントがありましたが、相手の粘りもすごく、ここは半ば捨てたようにも思えました。
ファイナルセットは一気に4-0*に持ち込むものの、それ以降はブレイク合戦になってしまい、サービングフォーザマッチの5-2を落とし、とてもイヤな雰囲気・・
相手も一か八かで攻めてきたんだろうし、添田くんにもあとひとつという硬さがあったのかもしれない。。と思っていました。


気になる試合後のコメント

昨晩、スマッシュの恒例Facebookレポートがアップされ、ライターの内田暁さんがそのあたりについて詳しく書いてくださいました。

その他、
THE TENNIS DAILY 穂積が予選突破でグランドスラム初出場、32歳ベテランの添田は6大会ぶりGS本戦へ [全豪オープン]

SANSPO.COM 添田「しびれる試合」 コート上で雄たけび/全豪テニス

にもそれぞれ違うコメントが出ています!





本戦1回戦は早速月曜に組まれることになり、対戦相手も決まりました!
それについては次の記事でーーー!


明日、いよいよ全豪予選決勝!勝ってこい!

全豪予選2回戦に逆転で勝利し、明日、いよいよ予選決勝です!

Marco Trungelliti(150位/アルゼンチン)と本戦をかけて戦います。
キャリアハイは昨年7月の125位。戦歴を見るとクレーを得意とする選手で、去年はクレーシーズンでチリッチに勝つなど一気にランキングを上げたようですが、昨年の全豪では予選から出場してドローに恵まれた感はあるものの本戦2回戦に進出しています。

ともかく、グランドスラムの予選決勝はもうどっちが勝ちたいか勝負のようなものですよ!



このところ、添田くんは特にグランドスラムで結果を残せていない・・というイメージがありましたが、予選決勝まで駒を進めたのは2013年の全米以来でした。
ベテランにさしかかり、重症ではないもののケガで戦列を一時離脱することや、心身が整わず苦しい戦いを強いられる時期も増えてきました。そういう中で、最も重要なグランドスラムへのピーキングも以前よりも難しくなっているのかもしれません。



そんな中で、ここまでの2試合はいずれもリードされてからの逆転勝利。
簡単な試合などありませんでしたが、勝てたこと以上に勝ち方が素晴らしい。その勝ち方には、今大会に期するものがあるようにも見えるのです。
ここまでたどり着いたことをまずは自信に、あとひとつ全部出し切るだけです。


日本勢は合計3選手登場!試合スケジュール

予選決勝は現地時間12:30(日本時間10:30)からのコート20の1試合目。
>>予選決勝オーダーオブプレイ

同じく予選決勝に駒を進めた守屋選手はコート13の現地時間12:30(日本時間10:30)からの1試合目
女子の穂積選手は初めてのグランドスラム本戦をかけてコート22の現地時間NotBefore14:00(日本時間12:00以降)の1試合目 から戦います。

コートごとに映像配信に差はありますが、一応全コートストリーミング配信されるようです。
http://www.ausopen.com/en_AU/video/live.aotv.html


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年4月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million