今シーズン残り4大会 ソウルチャレンジャー①

先日、本人ブログで4年振りとなる全日本への出場を含め、ソウルチャレンジャー、慶應チャレンジャー、豊田チャレンジャーと、今シーズンは残り4大会にすると書かれていました。

全日本のことは後日改めて書くとして、この4連戦は勝利と目標達成のための戦いになります。
連戦にはなりますが、上海マスターズ後、3週間の間オフと練習、トレーニングと充分の時間はあったのではないかと思います。


まずは1週目のソウルが明日からスタート。
ひとつでも多く勝利を期待したいと思います!

シングルスは第4シード。対抗シードはディフェンディングチャンピオンで第1シードのルー(60位/台湾)になりました。添田くんはソウルチャレンジャーと余り相性がよくなく、これまでの最高成績は2006年のベスト8。余り相性のよくない大会のようなので、まずはそこまでしっかり勝ち上がることを目指したい。


1回戦の相手は地元ワイルドカードのHyeon Chung(500位)になりました。

現在17歳で、今年のウィンブルドンジュニアでシングルス準優勝を果たしていますが、今季はジュニアよりもシニアのトーナメントの出場が多く、韓国フューチャーズで優勝と準優勝が1回ずつ。韓国の次世代エース候補選手といったところでしょうか。

こういう選手は勢いに乗らせるとタチが悪いので、第1セットをしっかり取っていい形で勝ちたいところです。


シングルスは明日月曜に入らず、松井選手と組んでのダブルス1回戦が明日組まれています。

その他の日本人選手は、第6シードに杉田選手、第8シードに守屋選手、ダニエル太郎選手、関口選手、近藤選手が本戦ダイレクトインしています。
予選では松井選手と井藤選手が予選決勝に進出しています。


>>シングルスドロー

>>10月28日オーダーオブプレイ







前回の記事にも書いたのですが、全くの私事で、このところ余りテニスモードでいることができずにいます。
このブログは変わらず続けていきたいと思っていますが、今の自分の状態と折り合いをつけながら、週1ペースでなんとか続けることを今の目標としています。ラウンドごとの結果などはアップしないかもしれませんが、上位進出すれば一時的にマメになったりもするかもしれないし、ゆるやかに、温かい気持ちで更新を待っていただけると嬉しいです。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million