ダブルス決勝進出!

さきほど、ノッティンガムチャレンジャー2のダブルス準決勝が終わり、7-6(3) 7-6(6)で接戦をものにし、決勝進出です!

このところダブルスで決勝には余り行ってないよな・・とさかのぼってみると、チャレンジャーのダブルス決勝は昨年5月以来。さらに、というかダブルスで優勝した記憶がないので、さらにさかのぼってみたら、最後の優勝は2007年11月の慶應チャレンジャー。
その後4度決勝に進んでいますが、いずれも破れいて、6年半振りの優勝をかけた戦いになります。

相手は順当に勝ちあがってきた第1シードペア。

1回戦と今日の映像を観ていたのですが、ペアを組んでいるRuben Bemelmansとは結構いいペアリングのような気がします。
添田くんが外国人選手と組むと、コートチェンジなどの時にほとんど会話をしていないような印象があるのですが、映像を見る感じふたりは割と話をしていて、笑顔も時折見ることができました。
彼はボレーのコース取りが際立ってよく、それにひっぱり上げられるように、添田くんも1回戦と比べてコート対角線上を狙うような厳しいボレーを積極的に打っています。

この調子で、6年半振りのダブルス優勝、狙ってほしいです!

試合は1日置いて土曜日に行われます。

もう8割頭が寝ているので今日はこのへんで・・・。


今日のような負け方をした時に

ノッティンガムチャレンジャー2、シングルス1回戦が行われ、見せ場らしい見せ場もなく、2-6 2-6 で敗退しました。

なんとかポジティブな要素を探して記事をかけるほど、今の私には元気がないのです。
全般的に・・・。

来週のウィンブルドン予選、いわば本番というべき大会を直前に控え、とても不安の残る負け方となってしまいました。

今日の試合は前試合の進行が遅くなったせいで急遽コートが変更となり、ライブストリーミングのないコートに移動しての試合となりました。
仕方なく開いた隣のコートの映像から、添田くんの試合の音がはっきりと聞こえてきたのでそれを聞きながらスコアを見ていました。

相手の打つボールの音はとても鈍く、添田くんはとてもクリーンにボールを打っていることが分かる綺麗な音が聞こえてきました。それを交互に繰り返し聞いていると、添田くんのボールはアウトがとても多かったことが分かり、相手のポイントごとに沢山の拍手が聞こえてきた。
なんだか、その拍手ばかりが続くのが悔しくて仕方なかった・・・。

負けてしまったものは仕方ないので、ダブルスで1試合でも多く試合ができるよう、そこで何か不安を払拭できればいいなと思います。


芝2週目、本日シングルス1回戦!

記事アップが遅れましたが、昨日から今シーズンの芝2戦目、ノッティンガムチャレンジャー2が始まっています。

昨日はRuben Bemelmansと組んでのダブルス1回戦があり、第2シードペア相手に 2-6 7-5 13-11 の接戦をものにして2回戦に進出しています!
ペアのBemelmansは2012年にダブルスのツアータイトルも取っています。出場試合数から見てダブルスには余り重きを置いていない選手のようですが、時折出場するダブルスはチャレンジャーでわりと上位進出しており、とても心強いペアです!

ライブストリーミングのアーカイブがあるので、貼り付けておきます。
シングルスと合わせて今週1試合でも多くこなして、芝への感触をしっかり掴んでおきたいところです。

さて、今日はシングルス1回戦。
相手は地元ワイルドカード選手のKyle Edmund(297位)

試合は現地時間NB 16:00(日本時間深夜0時以降)で組まれています。

>>シングルスオーダーオブプレイ

出勤前にさらっとということで、簡単ですが、今日はこのあたりで。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million