久しぶりにポイントの話。

決勝前日というこのタイミングではありますが、今シーズンもあと1ヶ月。
この時期になると気になるのは来年の全豪オープンです。

添田くんのランキングは現在129位。今年2月以降ほとんどポイントを獲得できず、一時150位台まで下げてしまったランキングですが、少しずつ戻ってきました!
本人がどういう心持ちで戦っているかは分かりませんが、シーズン終盤にかけてようやく上り調子を迎えている絶好のタイミング、現在のポジションを考えるとやはり本戦ダイレクトインを期待せずにはおれません。
そして、今、どういう状況に置かれながら戦っているのかということが少しでも分かることは、ファンにとっては応援のテンションを上げていく助けになるかもしれない。

ということで、久しぶりにポイントの話です。


今後待ち構える失効ポイント

以下は、今シーズンの残りに待ち構える失効ポイントです。

(1) 2015.10.12 ATP World Tour Masters 1000 Shanghai 予選突破R64 35P 失効日2016.10.17
(2) 2015.11.16 Yokohama CH F 48P 失効日2016.11.21
(3) 2015.11.09 Kobe CH QF 17P 失効日2016.11.14
(4) 2015.11.23 Toyota CH R16 6P 失効日2016.11.28(現状ランキング対象の18大会外)

以上、106ポイントが失効します。
去年の慶應チャレンジャー準優勝の48ポイント失効 (2) が大きな山となりますが、それ以外はさほど大きな失効がなく、基本的には目下、ランキングの上げ時ではないかと思います。

ただ、ここから全豪本戦ダイレクトインのボーダーラインとなる105位あたりまで上げるとなると、ランキングだけを見ると20位とちょっとなんですが、以前と比べるとポイントが高い。
現在105位選手のポイント(580P)を基準にすると、失効分を補ってなお上げるためには1ヶ月という短期間で一気に220ポイント近く稼がねばならず、高いハードルであることは間違いありません。


全豪本戦ダイレクトインのために必要なポイント

・・・が、ここで書いた220ポイントという数字、実は今週のホーチミンCHで獲得するポイントを含んでいないんです。
なぜならこれから変わるから!(笑) この記事を書き始めたのは準決勝の前なんですが、実際勝利して獲得ポイントも増えました。
ホーチミンCHは、$50,000+Hの大会なので、優勝90P/準優勝55P となりますが、明後日失効する去年の上海マスターズ予選突破の35P (1)はすでにディフェンドできており、ここからさらにどれだけ上積みできるかによって今後の難易度が全く変わってくる訳です。

ということで、今週獲得するポイントごとに見て行きます。

明日負けて準優勝:55P獲得 今後165Pほど必要
明日勝って優勝:90P 今後130Pほど必要

このように全然変わります!
(今日もし敗れていたら今後185Pほど必要となってしまっていたので、それこそ限りなく無理ゲー(笑) 今日の勝利だけで状況が随分変わったことが分かります)

来週以降出場する大会は以下、最大4大会。

10月17日週 寧波(中国)$125,000:
 ポイント内訳 W 110 F 65 SF 40 QF 20 2R 9
10月31日週 フワヒン(タイ)$125,000:
 ポイント内訳 W 110 F 65 SF 40 QF 20 2R 9
(以下2大会はまだエントリーを締切っていませんが、日本国内なのでまず出場するだろうと仮定)
11月7日週 兵庫(日本)$50,000+H:
 ポイント内訳 W 90P F 55P SF 33P QF 17 2R 8
11月14日週 豊田(日本)$50,000+H:
 ポイント内訳 W 90P F 55P SF 33P QF 17 2R 8
 ※例年この時期にあった慶應チャレンジャーは春に移動し来年以降開催されます

ポイント内訳が2種類に分かれるので、イメージしやすいようにポイント効率の悪い日本の2大会から優先してポイントを抽出する前提で計算していくと・・・

2大会で優勝すると180P
1大会で優勝し残り3大会ベスト4で203P/1大会で優勝し残り3大会ベスト8で147P
3大会で準優勝すると175P
2大会で準優勝すると110P
1大会で準優勝し残り3大会ベスト4で168P/1大会で準優勝し残り3大会ベスト8で112P
4大会すべてベスト4で146P
2大会ベスト4&2大会ベスト8で106P
4大会すべてベスト8で74P

全部の可能性について挙げるときりがないのでとりあえずはこれぐらいにしておきますが、大会ごとの結果で全豪本戦ダイレクトインに届くのか/届かないのかの目安にはなると思います。
いずれにしても、ある程度以上の結果を残すことは最低条件となり、決して可能性が高いとは言えないのが現実ではあります。


結論!

ただ、繰り返し強調しますが、明日優勝することがその可能性を広げてくれることは間違いない。

年齢的なことも考えるとテニスの調子や体調・疲労といった波が出てくるのは避けられないだろうし、どの大会でも安定してある程度勝ち星を挙げるというのは、以前と比べて難しくなっていると思います。
それよりも、どこかの大会で爆発ができて、その上で取れる試合をしっかり取っていく方が現実的です。

だからこそ、明日はここまで来たら絶対勝ちたい!!!!!



・・・ということで、まだ今週のポイントが確定していない時点で書けるのはこのぐらいですね。。

明日の結果を踏まえて、時間に余裕があれば修正を入れていきたいと思います。


深く深く陳謝します・・・<その2>

お気づきの方もいるかもしれませんが、およそ1日間半か、ブログが閉じた状態になっておりました。
ドメインの3年間の期限が過ぎていることに全く気付いておらず、今朝画面を開いて顔面蒼白www すぐさま更新をして無事復活しました。

実は3年前の今頃、全く同じことをやらかし数日間放置してしまったのですが、その時に書いた言い訳ブログを読んでちょっと笑ってしまいました(笑)

2013年5月19日 深く深く陳謝します・・・
http://www.go-soeda.info/archives/4817


またしても絶妙なタイミングでやってしまったので、ご心配をおかけしてしまった方には本当に何とお詫びしたらよいのか・・・
最近ブログの更新が滞っているのは、言ってしまえばここにかくにふさわしい前向きな言葉を全く見つけられないからです。
なんといえばいいのか、悲観的な言葉しか出てこないというか・・・

予選から挑戦していたローランギャロスは1回戦で敗れてしまい、再びしばらくのオフに突入します。
その間、自分の納得のいくまで言葉を捜して久しぶりにちゃんと記事を書こうと思います。


色んなものがどこかに出張中・・・

なんというかもうそんな言葉しか出てきません。。

このところチャレンジャーでの試合が続いているので、映像をリアルタイムで観ることができています。
それがいいことなのかそうでないのか、このところの添田くんのテニスには、調子云々とは全く違ったところの、致命的に足りないものがあるように思えて仕方ありません。

シングルスはこれで3大会連続で初戦敗退。こう言葉にすると、それほどでもない感じに見えますが、体感的にはもう半年ぐらい一度も勝てていないような気にさえなるというか・・・
本人は今、どんな気持ちでテニスをしているんでしょうか?

全くもって気乗りしないのですが、今日はさすがに何か書かねばとどんよりとした気持ちに鞭を入れキーボードに向かっているものの、何の希望もない・・・
全く不毛な妄想ですが、私が仮に添田くんのコーチだとしたら、しばらくラケットを握らないよう指示をするかもしれません。

またしても久しぶりの記事ですが・・・

・・・と、今思うとかなりネガティブな記事を最後に1ヶ月半以上一度も記事を書かずにきてしまいました。

ネガティブな理由というよりも、弱気という方が合っているのか、こういうところに書くべき言葉を完全に見失ってしまっているという感じでしょうか。。

そういうものを覆すには、言うまでもなく必要なものは勝利以外になく、その勝利も「これが添田豪だ!」というテニスでの勝利でなければなりません。
その片鱗の気配さえ見えない以上、もうしばらく我慢の時期が続くかもしれないと頭では覚悟しているつもりですが、毎試合今度こそ!と思いながら一生懸命応援しているだけに、毎度本当に堪えます。。

一番堪えているのは本人なんでしょうけどね。。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million