ウィンストン・セーラム 1回戦敗退

vs ライアン・ハリソン(61位/アメリカ) 3-6 5-7

ウィンストン・セーラム1回戦敗退です。。


朝の時間帯だったので、出勤前に第1セットだけライブストリーミングで見ることができました。
相手のハリソンはとにかく走って拾う拾う。いつもならノータッチで取れているようなショットも追いつかれて返され、かといって一発で決め手となるようなビッグショットもない。添田くんは厳しいボールをいつも以上に続けて打たねばならず、やりにくさを感じていたのではないかという気がしました。

第2セットはこの試合初めてのブレイクチャンスを生かして先にブレイクに成功しましたが、5-3からのサービングフォーザセットを落としてから、一気にミスが増えてしまったようで、結局6ゲーム連続で取られて負けてしまいました。

的確な表現かどうかは分かりませんが、ハリソンはサーブがアメリカの選手らしく爆裂な感じなのですが、今日のプレイを一言で表現するとのらりくらりといった印象。チェンジオブペースのトミッチとはまた違って、こういう選手は初めて見ました。
次はしっかり自分のテニスを貫いた上でリベンジを果たしたい!!!!!


第2セット最初のサービスゲームの最後のポイントとブレイクゲームの途中までの動画がアップされていました。
なぜにここを・・・?という不思議セレクトですが(笑)、貼り付けておきます。


今週はダブルスへの出場がないので、来週スタートする全米オープンまでまるまる1週間時間ができました。

結果は残念でしたが、やはり全米でウィンブルドンに続く2回戦進出、それ以上を目指して欲しいと思います。
調整の時間ができたと前向きに考えたいと思います。


ウィンストン・セーラム、ドロー発表!1回戦は日本時間明朝!

来週出場するツアー250大会、ウィンストン・セーラムの本戦ドローが発表になりました。

1回戦は ライアン・ハリソン(58位/アメリカ)と対戦です。


アメリカの期待の若手選手として順調に成長を遂げている20歳ですが、ワイルドカードになっているのは、エントリー時に出場登録をしていなかったのだと思われます。

他の国ではそこまで思わないのですが、アメリカの大会でアメリカの選手とは余り対戦したくないですね・・・。
猛烈な応援はもちろんですが、選手自身、地元の大会で妙に活躍をする印象があるというか。。

とはいえ、添田くんもオリンピック後は2週間日本でしっかり練習とトレーニングを積んだようです。
少しはオフも取れていると思いますし、休養充分というところで、今遠征の第1試合目、思い切っていってきて欲しいです!


日曜日のオーダーオブプレイが発表され、添田くんも試合が入りました。
現地日曜日19:00(日本時間月曜午前8:00)スタートの2試合目です。午前9時過ぎにはスタンバイといったところでしょうか。

センターコートに試合が入ったのでライブストリーミングが期待できますが、この時間ではさすがに見られないですね。。
日本からの観戦は非常にしにくい時間帯ですが、現地は日中とにかく暑いと思うので、選手にとってはやりやすい時間帯だと思います。


この大会は64ドローなので、1回戦を突破したら次はシード選手との対戦です。
でもまずは1回戦突破!!!!!


>>本戦ドロー

>>日曜日オーダーオブプレイ


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million