マナリノ撃破でアトランタ3年振りのベスト8進出!!!

日本時間今朝、アトランタ2回戦が行われ、第4シードのエイドリアン・マナリノ(27位/フランス)を6-2 6-4 で撃破し、ベスト8に進出です!


試合開始時間の読みが少し遅れてしまい、起きてスコアを見たらなんと2ブレイクの*4-1というスコアでした。

1回戦に続いてサーブが非常に好調で、それよりもすごかったのがストロークの思い切りのよさです。
1回戦のラリー戦を打ち勝ったと表現するならば、今日の試合はラリーの主導権を自分から取りに行くという明確な意思が感じられ、先日よりもボールに伸びがあり明らかに深く外側に入っていました。それでいてミスもあまりなかったです。
短いポイントは余りなく、スコアの割には試合時間が少し長いですが、激しいラリーで相手に押される展開になってもその後の粘りと冷静な対応でこちらがポイントを取ることも少なくなかった。

といっても簡単な試合だった訳ではもちろんなく、ブレイクポイントも6度も握られました。
それを全てしのぎ、ポイントで先行される局面でも焦ることなく自分にテニスに徹していたので今日は本当に心強く見ることができました。
サービングフォーザマッチは少し硬くなっているようにも見えましたが、なんとか取り切りました!


ということで、今大会3年振りのベスト8進出!!!!!
ツアーベスト8は2013年1月のチェンナイ以来2年7か月振り、加えてトップ30からの勝利はその2012年のアトランタ以来3年振り!嬉しいぶり尽くしです!!!

といいつつ、「振り」という表現は、以前と比較をするようで余り好きではないのですが、それらの時期から色々紆余曲折があり、苦しい時期もありました。それを経て色んなことを得てきたであろう添田くんの今の戦いに注目をしたいです。

準々決勝の相手は2012年にこの大会の準決勝で対戦したジル・ミュラー(52位/ルクセンブルク)です。

この大会で初めて対戦して以来4連敗中・・・当たってきたタイミングなども含めてsabumasa的トップ天敵選手な訳ですが。。
この大会で再び対戦というのもどこか因縁めいたものを感じずにはいられませんが、最後の対戦は去年の芝の大会で全部タイブレーク。勝利にあと一歩のところまで来ました。

5度目の正直を期待したいと思います!
1日空くので、しっかり準備をして試合に臨んでほしいと思います。


これは1回戦翌日の写真。どんな効果があるのかよく知りませんが、これはゲンを担いでまたアイロン治療ですね(笑)


>>大会公式サイト


ドルゴポロフに逆転勝利でアトランタ2回戦進出!

先ほどアトランタの1回戦が終了し、5-7 7-6(5) 6-3 でドルゴポロフを逆転で下して2回戦進出です!



最初のゲームをブレイクされたのですが、2-2からのリターンゲームで突如ストレートでブレイクバック。ここまでは映像がなく、全く状況が分からないのですが、2-3からのサービスゲームというところで雨による中断を迎えました。
状況は全く分かりませんが、キープできたゲームも簡単には取らせてもらえなかったので、タイに戻せたところで中断というのは添田くんにとっては最高のタイミングだったのではないかと思います。
セットもまだ中盤でどちらが有利不利ということもなく、ここから試合開始という気持ちで臨めたのではないでしょうか。

試合再開後は映像が見られるようになり、全体を通してサーブがよかったように思えましたが、第1セットはストロークがどこか消極的で簡単なミスも多く、ラリーに持ち込む前にドルゴポロフに一発をどんどん決められてしまいました。
第2セットはセカンドサーブが非常によく、ファーストセカンド問わずサービスポイント続出。どこのビッグサーバー・・・というほど早い訳ではないのでどこのグッドサーバーだよという感じで、ポイントで先行されるゲームも多かったですが、サーブ1本でポイントを取れることが本当に心強く、徐々にショットの精度と思い切りもよくなっていったような気がします。ラリーも甘くなることなくじっくり打ち合えるようになり、そこからのアグレッシブなポイントもあり、相手の焦りを誘ったようにも見えました。
ドルゴポロフは後半にかけてミスが増えてきて、ファイナルセットは危なげなく取ることができました。



Twitterに現地撮影の写真が1枚だけ上がっていました。

前半は相手のスピードもありどうやってここから逆転するのか・・・とも思いましたが、しっかり相手を見極めて最後は引き離す・・本当に嬉しい理想的な勝利です。



2回戦の相手は第4シードのエイドリアン・マンナリノ(27位/フランス)になります。

マンナリノは現在のランキングがキャリアハイで、ビッグトーナメントで目立つような大きな活躍というのは余りないようですが、出た大会で堅実にポイントを積み重ねている印象ですね。
先週のボコダで準優勝していますが、今大会のトップシードは1回戦Byeになっていて、初戦は水曜日以降になるので、それほど影響はなさそうですね。。


>>大会公式サイト


アトランタドロー発表、1回戦はドルゴポロフと対戦

繰り上がりで本戦インを果たしたアトランタの本戦ドローが発表になっています。


1回戦はアレクサンドル・ドルゴポロフ(76位/ウクライナ)と対戦することが決まりました。
今年に入ってランキングを下げていますが、2011年から30位圏内を長くキープしていて、下位選手からの取りこぼしが少ないようですね。

両者は初対戦ですが、ドルゴポロフはリズムの掴みにくいラリーの中からフォアバック問わずいきなりとんでもない高速ボールを打ってきたり、すごく厄介な選手だと思います。
今年は芝でナダルを破ったり調子がよかったようですが、マイアミではジョコビッチからタイブレークの末セットを取ったりしています。


最近、添田くんは調子がいい時と悪い時でテニスが別人のように違いますが、消極的に相手の様子など伺うラリーなどしていてはとても勝負にはならないかなぁと。。
ただ、今週後輩選手相手にバッサリ言うと無様な試合をしてしまった直後の大会、大事なのはこの先の自信に繋がるような納得のいくプレイができるかどうかだと思います。

全米オープンの本戦エントリーが締め切られ、添田くんはAlternates 13番でした。
さすがにこのポジションでは繰り上がり本戦入りは期待できないので、ちょうどあと1か月で予選にどう心身のピークを合わせることができるか。
この遠征に帯同してくれている増田コーチのブログによると、添田くんは金曜日にグランビーからアトランタに移動し、昨日から練習を開始したようです。「試合に向けてしっかり準備をしています」という言葉を重く受け止めたいと思います(笑)

もちろんドルゴに勝てたら最高ですが、試合に限らず練習含め、全てが全米予選のための戦いであることをもう一度頭に叩き込んでほしいと思います。


その他の日本勢は、杉田選手と関口選手が予選に出場しており、ともに2回戦に進出しています。


>>本戦ドロー

>>大会公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million