必見の、今シーズン残り2大会

先ほどトララルゴンチャレンジャー2、2回戦が終わりました。

Jose (Rubin) Statham(730位/ニュージーランド) 4-6 6-4 2-6
2回戦敗退です。。

ファイナルセットの*1-3から映像を見ることができたのですが、相手のサーブにいいようにやられて、自分のゲームではストローク戦に少し精彩を欠いている印象を受けました。
風がものすごく強く、やりにくさを感じているようにも見えましたが、それは相手にとっても同じ環境。

今日の試合、ライストの回線が不調だったようで、かなり(というかものすごく)断片的ですが、試合の一部ということで映像で確認することができます。
気になる方はこちらからアーカイブを探してみてください。
http://new.livestream.com/ATP/traralgonii2014court1


今日は少し暗い内容になりますが、現実を見ないでお気楽なことを書いても仕方がないので、よろしくお付き合いくださいませ。

生観戦やライストでこのところの試合を見ている方は、添田くんのテニスをどう感じていますか?
以前から時々書いてることでもありますが、このところ左右に全く走れていないように感じます。特にバックに振られるとかなり厳しい。正確かつ緻密なストロークと同じぐらい走ることが大きな持ち味だと思うのですが、これが余り機能していないような気がします。これは今日の試合に限ったことではなく、近いところではジャパンオープンのヤング戦でも同じことを思いました。
簡単に言うとフィジカルが落ちているということなんでしょうか。

一方でショットの精度だけを言うと1年前2年前と比べてさらに磨きがかかって来ているように思うので、それをフィジカル的に生かすことができていない現状は本当にもったいないと思います。


今季はシーズン序盤に体調不良が長く続いたこともあり、シーズンを戦える体をしっかり作れなかったこともあるのかもしれません。体調不良などの影響で遠征の合間もしっかり体を作れる余裕までないのかもしれません。
でも、本人ブログなどを見ていると、自分の感覚と外から見た状態に少しズレがあるような気がしてならないのです。そういうところで見られるのは表向きの言葉なことが多いし、実際の本人の細かな状況などろくに知りえない外野の意見でしかありませんが、外から見てそう感じているのは私だけではないように思うのですが、皆さんはどうですか?

昨日、久しぶりの勝利を上げることができて、これをひとつの進歩と考えることもできますが、先週も今週も、本来添田くんは優勝にからむべき選手です。チャレンジャーで2週間戦ってたった7ポイントというのは、現実的に考えて余りにも厳しすぎるとしか言いようがありません。


この4連戦は全豪ダイレクトインを果たすための位置づけになっていますが、現実問題として、かなり厳しい状況にあると思います。
先週今週のように、後に引きそうな敗戦ばかり重ねるぐらいなら、目先のことではなく先を見据えてじっくり時間をかけてテニスを立て直すのも一案なのにな・・とさえ思う。。
11月中旬まで試合に出ていたら、オフシーズンもあっという間に終わってしまうのだから。

ただ、実際そうならないとは思うので、今シーズンあと2大会を残すのみ。戦うからには、オフシーズンにぶっ倒れることになってもいいから、とにかく1ポイント1ポイントに全力に向かっていってほしい!
それで結果がついてくるかどうかは全く分からないし、今日のプレイをみた印象では、数日で劇的に改善されるようなものにも思えないですが、出るからにはそうするしかない。


来週と再来週、物理的に観戦に行ける人は会場に行きましょう!

テニス選手のピークは待ってくれないのです。近い将来、また強い添田くんが戻ってきてくれることを願っていますが、それは添田くんがただがむしゃらに頑張るだけではダメなんです。そこはもう選手と支えてくれるコーチ達が持つビジョンを信じるしかない。
ネガティブなことは書かないようにしたいですが、現実逃避だけはしたくないし、さらに悲しさが加速することになるかもしれませんが、やっぱり今をちゃんと見たいと思います。
もちろん、そういう後ろ向きの感情を吹き飛ばしてくれる大活躍をしてほしい!!!!!と猛烈に思うし、それを信じて応援したいと思います。

去年までなら前半はお気楽な気分で、準決勝から~なんて思っていたと思うのですが、今年は自分の体が空いていることもあるので、慶應は1回戦から可能な限り観戦に行くつもりです。


沈黙の力

トララルゴンチャレンジャーの2週目に入っています。
今日、1回戦が行われ、地元のDane PROPOGGIA(332位)に7-6(5) 6-2で勝利し、2回戦に進出しています。


第1セットは最初のリターンゲームでブレイクポイントがあり、その後何度もチャンスはあったのですが、なかなかブレイクに至らず、5-6で迎えたサービスゲームでセットポイントを握られるピンチをしのぎタイブレークへ。
そこで自分のサービスを2本とも落とし、一時はまさかの0-4と引き離されてしまいましたが、そこから怒涛の追い上げを見せ、6-5で向かえたリターンのセットポイントを見事1本目で決めました!

第2セットは2-1からのリターンゲームを先にブレイクして3-1としたもののすぐブレイクバックを許し3-2と戻されましたが、そこから4ゲームを連取し、接戦をいい形で切り抜けて9月のクアラルンプール以来、6週間振りの嬉しい勝利となりました!


第1セットはピンチを向かえた第12ゲームを除くとダブルフォルトを除いて自分のサービスゲームでほとんどポイントを与えておらず、スコアだけ見ていてもかなりいい出だしだったと思います。
しかしながら、落とせないゲームでピンチを迎え、タイブレークでも大量リードを許し、ライブスコアを見ながら正直いたたまれない気持ちになってしまいました。なんでなんだーーーーー 。・゚・(゚`д´゚)・゚・と・・・。

でも、そこからの追い上げは、プレイしている姿こそ見れないものの、添田くんの勝利を渇望する胸の内に他ならないんじゃないかと思います。


先週のトララルゴンチャレンジャー1週目は、正直何を書いたらいいのか分からない非常に後味の悪いものでした。

現在遠征の2週目を迎えていますが、出発前の10月17日以降、添田くんは2週間半一度もブログを書いていません。1週空けることは度々ありますが、ここまで間隔が空くのはちょっと珍しいことです。
という沈黙の向こうにある何かに期待したいと思います。


明日、2回戦が組まれており、Jose (Rubin) Statham(730位/ニュージーランド)と対戦します。今大会にはプロテクトランキングを使って出場しており、キャリアハイは279位。

明日はライブストリーミングのあるコートに入ったので、こちらから映像を見ることができます。
http://new.livestream.com/ATP/traralgonii2014court1

試合は現地時間11:00(日本時間午前9時)スタートの第2試合目
1試合目がダブルスなので、遅くとも日本時間10時半には始まると思われます。


今季最後の遠征スタート!1回戦は明日!

上海マスターズ以来の久々の試合、トララルゴンチャレンジャー1が明日からスタートします。泣いても笑っても今シーズンはあと4大会で終了。最後の力を振り絞っていい遠征にしたいところです!


第1シードで出場する添田くんの1回戦の相手はJarmere Jenkins(291位/アメリカ)
試合が早速明日に入り、現地時間Not Before12:00(日本時間午前10時以降)に組まれました。

アメリカの選手ですが、オーストラリアの大会への出場が非常に多く、今シーズンこれが7大会目です。それだけ相性のよさを感じているのかもしれませんね。
そして、この選手のプレイ映像をチェックしようと思いYouTubeを探してみたら、ひとつ妙に視聴数の多い映像を見つけました。

先日行われたアメリカフューチャーズ25の準決勝での1ポイントなのですが・・・

ロングラリーの最後のボールが微妙にアウトしてしまったのでしょう、なんというかものすごい身体能力ですが、バカ・・・(爆)
対戦相手から見るとこういうアクションがオーバーな選手は少しやりにくさもあると思うので、いい意味で淡々と自分のペースでやっていってほしいと思います!

他の日本人は守屋選手が第4シード、仁木選手が本戦から。佐藤選手が現在予選決勝に進出しています。


>>シングルス本戦ドロー


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2021年1月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million