MPをしのいでヒューイットに逆転勝利!!!

クレーシーズン初戦、ヒューストンの1回戦。

レイトン・ヒューイット(109位)に4-6 7-6(3) 6-3 と逆転勝利を収め、嬉しい嬉しい2回戦進出です!!!!!


久しぶりのクレーでの試合ということもあり、試合前半の間はそこでの戦い方を模索しているようにも見えましたが、簡単なミスも多く、これはなかなか・・・という印象だったのが正直なところでした。
ヒューイットも決していいプレイをしている訳でもなく、コツを少し掴んできたかという第2セットはブレイク合戦に。

第2セット中盤からはスコアだけの観戦となり、どんな感じだったのかは分かりませんが、4-4からのサービスゲームをブレイクされてしまい、続くゲームでマッチポイントも握られました。そこからまさかのブレイクバック!!!!!

ファイナルセットは1つブレイクを与えたものの常にリードする展開で、最後のゲームもブレイクで決めたようです!

中盤以降は映像を見ていないのでスコアからの印象ですが、第2セットのサービングフォーザマッチを取り返してからは流れが添田くんの方に傾き始め、タイブレークを大差を付けて取れたことで、ヒューイットが少し失速してしまったように思えました。


ヒューイットは今年が実質最後のシーズンということで、クレーへのモチベーションもどれぐらいあるのか分かりません。ただ、エントリー状況を見ても添田くんが今年さほど重視しているとは言えなさそうなサーフェイス。条件的なところでは似たりよったりのような気がします。
その中での大きな差は、現在最前線で日々戦っているかどうかだったのかもしれません。

会場は明らかにヒューイットの応援であふれアウェイ感満載で、ライストの映像までヒューイットばっかり映す有様(苦笑)
ともかくですよ、元ナンバーワンからの勝利!自信にしてほしいと思います!!!!!


2回戦の相手はまだ決まっていませんが、ジェレミー・シャルディー(35位/フランス)とDusan Lajovic(81位/セルビア)との勝者になります。


ヒューストンは繰り上がり本戦入り!1回戦はヒューイットと

今季クレーシーズンの最初となる大会、ツアー250のヒューストン。
本戦Alternatesでエントリーしていましたが、上位選手の欠場によりドロー発表直前で本戦に繰り上がることになりました。

通常本戦ドローは土曜の午後以降に出るのですが、今回はすごく早いですね。
そして、1回戦は元ナンバーワンのレイトン・ヒューイット(107位/オーストラリア)との対戦となります。


ヒューイットは来年の全豪オープンを最後に現役を引退することを発表していますが、今季は出場する大会を極端に減らしていてシングルスは全豪オープン後初めて出場したマイアミでは1回戦でフルセットの末敗れています。
といっても、去年はツアーで2勝しているし、トレーニングなどはしっかりやっているようなので、超強敵であることには変わりません。

サーフェイスがクレーというのが少し残念なところはありますが、ヒューイットは個人的に添田くんに一度対戦して欲しいと思っていた選手のひとりなので、試合を楽しみに待ちたいと思います!


大会のTwitterアカウントをフォローしたら、タイミングよく明日土曜日の練習コートのスケジュールが出てきました。
添田くんは現地時間11時(日本時間本日深夜1時)から1時間センターコートでアルゼンチンのデルボニスと練習をし、お昼を挟んで14時からは個人練習をするようです。

また、他の日本勢は伊藤選手と西岡選手が予選から出場します。
(予選ドローはまだ発表されていません)



>>シングルス本戦ドロー

>>大会公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million