粘り届かず2回戦敗退(2012クイーンズ)

先ほど、クイーンズ(ツアー250)の2回戦が終わりました。

vs イヴァン・ドディグ(69位/クロアチア) 3-6 6-7(3)


2度あることは3度あるとはなりませんでした。

試合を通じて11本のエースを打ち込まれてしまいました。
でも、今日行われたカルロビッチ対ルーの試合では、3セットで35本ものエースを叩き込まれながらも、ルーは3セット全部タイブレークの末、勝利を収めました。

芝ではサーブのいい選手が圧倒的に有利です。でも、だから仕方がないということで片付けてしまっては決してならない。
そんな選手に勝つためには、自分にできることを磨いて試合で遂行できるようにしていかなくてはならない。

昨日と比べて、添田くんのファーストサーブの確率(試合通じて57%)はよかったと思います。そこからのポイントも試合を通じて72%とよかったです。
ですが、それが入らなかった時、セカンドサーブからのポイント取得率が、第1セット13%、第2セット36%。第2セットは少し持ち直しましたが、これではとても勝負になりません。

ルーは2010年にウィンブルドンで前年準優勝のロディックを破りベスト8に入りましたが、今日の彼のスタッツは芝で勝ち進んでいくためのお手本のような素晴らしさです。


今年のクレーに続いて、添田くんにとっては初めての本格的な芝シーズンになると思います。
(これまではチャレンジャー1~2大会とウィンブルドンだけだったので)

色々学ぶべきことは多いと思います。
でも、どうかその中で何か結果を残していって欲しい。


このところ添田くんがやっているテニスは、芝でよさが生きるものだと思います。
でも、その為には、サーブを筆頭に、サーフェイスに合わせたプレイができるようにならなくてはいけないんだと思います。

それを期待しているからこその、今日はちょっと厳し目の記事になってしまいました。


添田豪特急で2回戦進出!次はまたしてもドディグと対戦!

予定より大分遅れて、さきほどクイーンズ(ツアー250)の1回戦が終わりました。

vs ビヨン・パウ(85位/ドイツ) 6-2 6-2


最初のサービスゲームをストレートでブレイクされ、0-2とされてしまいますが、なんとそこから6ゲーム連取してあっという間に第1セットを取ってしまいました!
第1セットのサービスゲームで与えたポイントはわずか5ポイント。つまり、最初にブレイクされたゲームの後、わずか1ポイントしか与えてないことになります。

続く第2セットも最初のリターンゲームを競り取り、第3ゲームでパウが久々にキープをするまで、なんと8ゲーム連取。これまで添田くんの数多くの試合をスコア(または映像)観戦してきましたが、こんなことってあった記憶がありません(笑)

続く第5ゲームもブレイクしますが、4-1となったサービスゲームでダブルフォルト2本を出してしまいブレイクバックされてしまいます。が、それを自らのブレイクバックで帳消しにし、5-2となったサービングフォーザマッチをしっかりキープして6-2。

試合を通じて相手に2度しかキープをさせない一方的な展開で、わずか59分の豪特急な勝利を収めました!!!


スタッツを見ると、リターンゲームでの相手のセカンドサーブからのポイント取得率が素晴らしいです。
サーフェイスが芝なので、ストローク戦となったのかどうかは映像がなかったので分からないですが、いずれにしてもネットプレイも交えたりしながら、かなりのプレッシャーをかけられていたのではないかと想像できます。

【第1セット】


【第2セット】


今日はものすごくいいスコアでの勝利だったので、あえて注文を付けるならばファーストサーブの確率ですかね。。

------------------------------

ということで、続く2回戦ですが、 イヴァン・ドディグ(69位/クロアチア)となりました。

今年1月のチェンナイと2月のデ杯に続いて、今季なんと3度目の対戦です。

チェンナイ対戦時は36位だったのですが、気が付いたら順位が下がり、添田くんのランキングが上回っていました。でも、添田くんの試合をしっかりチェックしているファンの方であれば、ドディグがどれだけ強く素晴らしい選手かは充分ご存知だろうと思います。

1回戦をいい形で勝利し、シード選手として最低限の結果は残せたと思います。
次は挑戦者の気持ちで「2度あることは3度ある」の勝利を目指して欲しいです!!!


2回戦はおそらく現地時間水曜日に入るかと思いますが、まだスケジュールは発表されていないので、各自下のリンクでご確認いただければと思います。

>>オーダーオブプレイ(ATPページ)


クイーンズ1回戦は火曜日に順延/54位!/オリンピック出場決定!

毎年ウィンブルドンで感じることですが、イギリスはこの時期雨が多いですね。


ということで、月曜日に予定されていたクイーンズ(ツアー250大会)の1回戦も火曜日に順延となりました。

1回戦は、現地時間火曜日午前11:00(日本時間火曜日午後7:00)スタートのコート10第4試合に移動になっています。
雨の影響を受けず順調に試合が進んだとして、試合開始は午後11時以降な感じでしょうか。

------------------------------

ローランギャロスの結果を受け、最新ランキングが発表され、キャリアハイを更新する54位となりました。
前後選手のポイントの変動によりランクが上がった格好になりますが、55位も突破。

・・・というか、個人的には一度「55位」というランキングになって欲しいと思っているのですが(笑)

55位の選手との差はわずか2ポイント。もちろんランキングは高いに越したことはないのですが、どこかのタイミングで微妙な変動でうまく実現してくれないかな、と思ったり。
完全なファンの自己満足ですがね。。

------------------------------

そして、何度もアナウンスしていましたが、本日6月11日付けのランキングは、ロンドンオリンピックのエントリーに採用されるものでした。

錦織選手と添田くんが出場権内に入ったことは以前から分かっていましたが、伊藤選手も出場権を獲得しました!

日本人男子が同時に3人オリンピックに出場するというのは、テニス競技が五輪種目に復活した1988年のソウルオリンピック以来初めてのことだそう。


ちなみに、テニス競技では出場できるのが1ヶ国4選手までという制限がありますが、4選手を輩出したのはスペイン/フランス/アルゼンチン/アメリカ/ロシア の5ヶ国で、3選手を輩出したのはセルビア/クロアチア/そして日本です。
真面目にどこのテニス大国だよ・・・って感じですよね(笑)


添田くんと伊藤選手に関して言うと、ふたりともオリンピックを目指してチャレンジャーでポイントを荒稼ぎしてランキングを上げた結果の出場権獲得でもあります。
これに対する批判は、実際オリンピック出場権を獲得できたこの先もなくならないと思います。
それを覆すには、ツアーで結果を残し、グランドスラムで結果を残す以外にないんです。ふたりともこれからツアー定着という大きな壁が待ち構えていると思います。

でも、国産選手だって世界で戦えることを証明して欲しい!!!

応援にもこれからますます力が入りそうです(^^


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million