善戦と言っていいと思う

本日行われた深圳チャレンジャーの1回戦。
ジレ・ミュラー(195位/ルクセンブルグ)と対戦し、3-6 5-7 で敗れました。

ライブスコア以外に試合の状況が分からない中で、感想も分かれると思いますが、私自身は1ヶ月振りの実戦復帰戦としては善戦と言っていいと思っています。

昨日も書いたのですが、相手は添田くんのベストトーナメントのひとつである2012年のアトランタ準決勝で敗れた選手。心技体が最も揃い前のラウンドで錦織選手を打ち負かした次の試合、そんな時でさえ左利きから放たれるビッグサーブに全く歯が立たなかった選手です。

スタッツを見てみましょう。

【第1セット】

1stset


【第2セット】

2ndset



スコアを見始めたのは第1セットで0-3とリードされていたところからですが、最初のサービスゲームでブレイクを許したものの、セット中盤以降スタッツもかなりよくなってきて、調子も上がってきたことが想像できます。

しかし、リターンゲームは全体で19%しかポイントが取れず、この試合唯一のブレイクチャンスもエースをからめつついとも簡単にしのがれてしまいました。
第2セットは反撃の糸口どころかチャンスのきっかえさえ全くなく、最初のリターンゲームで2ポイントを取った以降、1ポイントも取ることができませんでした。

そういう相手と対峙すると、自身のサービスゲームへのプレッシャーはいつも以上に大きくなるはず。なぜならブレイクされたら終わりな訳ですから。。
という中で、第2セットは添田くんも安定してポイントを重ね、4-4からのサービスゲームではデュースに持ち込まれるピンチを迎えるもうまくしのぎ、5-5まで持ち込みましたが、その次のゲームを落としてしまいました。

スコアを見ていて、ミュラーのポイントの重ね方が早いこと早いこと。
添田くんは緻密なストロークを軸に自分のテニスを組み立てるスタイルだと思うので、リターンゲームの度にそれが分断されてしまうビッグサーバーは全般的に得意ではいのではないかと思います。

その中では両セットともスタッツは悪くなく、自分のやるべきことはできていたのではないかと想像します。


なんというか、ここまでリターンゲームで何もできないともうどうしようもないです・・・。
一言で言ってしまえばドロー運が悪かったとしか言いようがありません。
ノーシードでもレベルがはるか下の地元ワイルドカード選手と当たればポイントのチャンスは大きくなるし、シードでもミュラーのような迷惑極まりないノーシード選手に当たってしまえば負けてしまうこともある。もちろんそれは前者の方がいいに決まっていますが、たとえ勝てなかったとしても、長期的に考えれば後者の方が得られるものは大きいと思います。
チャレンジャー出場が続く現在はどうしても実力的に下位の選手との試合が続いてしまうだろうし。。


今回の遠征に期するものは多いと思います。でも、終わった試合のことを嘆いても仕方がないし、次のトーナメントに向けてできることをやっていくしかない。
今週は内山選手と組んでダブルスも出場するので、そちらで1試合でも多く勝ちあがれるよう、シングルスの悔しさをこちらにぶつけてほしいと思います!

ダブルスは明日火曜日には入らなかったので、水曜日になると思われます。



今日発売になったテニスマガジンの連載によると、今回の遠征に続いてローランギャロスの予選に出場することになるようです。
これまで幾度となく出場チャンスを避けてきたこの予選についに挑戦です!(笑)


復帰戦!深圳チャレンジャードロー発表

宣言通り、しばらくブログの新規記事更新をお休みしていました。
記事を読みに来て肩透かしを食らった方々、どうもすみませんでした。

デ杯後に引いた風邪が妙に長引いてしまい、ひたすら仕事と体力回復に努めつつ、テニス観戦(情報チェック含む)とは無縁の日々を送っていました。
デ杯最終日はとてつもなく寒く、凍える思いで観戦をしていたのであれで確実に風邪を引いてしまいました・・(汗)


先だってのデ杯チェコ戦では色々なことを考えさせられました。

単刀直入に言うと、添田くんが現役第一線で活躍できるのもおそらくそう長くはないのかもしれない・・とかそういった類のことです。
それはもちろんいずれ訪れることですが、体調面が明らかにテニスの妨げになっていることは明らかで今年はそれが余りにも顕著すぎるし、そういうことやらあれやこれやと考えてしまい・・・とにかくネガティブモードに陥ってしまっていました。。
 
ただ、この間にあれこれ何か考えていたかというとそうでもなく(笑)、練習を再開したという本人ブログを読み心から安堵したというかほだされたのと同時に、とにかく選手が努力をやめない限り、それに付いて行こうと改めて思ったりしていました。 
結局は下がっては元に戻る・・・の繰り返しなんですが、今回のことでテンションやモチベーションが下がったということは全くないので、これまでと変わらず絶賛応援を続けていくだけです。
ただ、そこに大きな不安というか怖さのようなものがあることは事実で、それ自体をぬぐうことは不可能です。

だからこそ今という時を応援する側も大切にしたいと思っています。


------------------------------

さて、1ヶ月振りの復帰戦!
第3シードとして出場する深圳チャレンジャーのドローが発表されました。

1回戦の相手はジレ・ミュラー(195位/ルクセンブルク)と対戦することになりました。


覚えていらっしゃる方もいると思いますが、ミュラーは添田くんの過去最高成績となった大会のひとつ、2012年のアトランタ準決勝で対戦した選手。長身、ビッグサーバー、そして左利き・・・とイヤな要素ばかり揃う選手です。

現在大きくランキングが下がっていますが、肩の故障により去年のローランギャロス以降昨年いっぱい試合に出場しなかったためで、今年早々に復帰し、360位台まで下がっていたランクをわずか約3ヶ月でここまで戻してきています。チャレンジャー中心に試合をこなす今季は優勝1回準優勝1回。故障からの復帰はかなり順調に行っているのでしょう。

復帰戦にしては最悪レベルの相手ですが、ドロー運の悪さを嘆いても仕方ない。。
このところ余り試合もこなせていないので、なかなか実力を出し切るのは難しいかもしれませんが、試合ができなかったうっぷんを出しまくってもらいましょう!


>>シングルス本戦ドロー

>>大会公式サイト(英語)


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million