絶賛添田グルメ探訪 第2回: うなぎ料理 吉野屋(愛知県安城市)

文字通り、添田くんがFacebookなどで紹介する食事処に実際に行ってみる企画。

かなり久しぶりの更新となりますが、今回は、絶賛添田というよりも絶賛日本人派グルメです。
うなぎ料理 吉野屋(愛知県安城市)です。

これ、実は去年豊田チャレンジャーに観戦に行った時に行ったお店なんですが、記事作成が終わらぬまま、タイミングを逃しに逃して1年が過ぎてしまいました・・・汗
ので、明日から今年の大会が始まる前にバババっと仕上げますw



昔ながらの食堂といった外観で、店内もとても懐かしい感じがする内装でした


例年豊田チャレンジャー期間中、日本人選手やコーチ達が団体で訪れる行きつけのひつまぶし屋さんです。例年、この時期に色んな人のブログでそういうお店を見かけたことがある方も少なくないのではないでしょうか。
もちろんそれらの写真には添田くんも写っているし、去年のこの時期、添田くんのInstagram(今やっている公式ではなくかつてのアカウントなので今は確認することはできません)でもこのお店にいった写真がアップされていました。

写真を載せる選手たちはいても誰も店名を書いておらず、捜索は結構難航したのですが、去年、せっかく豊田まで行くのだからと使っているお皿や急須、お盆といったお店を特定できるのではないかという食器類をヒントに、食べログで写真を調べまくり見つけることに成功したのです(笑)

気になる味は?

デンマークまぶし(税込3,564円)


お店がちゃんと開いているかを確認するために念のために電話をすると、焼くのに時間がかかるから目安の到着時間を教えてもらえればといった感じのことを言われました。

そして注文したのは、彼らが食べているものと同じ一番高い「デンマークまぶし」というもの。
なぜデンマークなのかというと、お店のホームページによると大正時代、安城市は日本のデンマークと言われていたそうで、それを由来にしているのかもしれません。
税込3,564円で食にあまりこだわりのない身にはちょっと構えてしまう値段なのですが(笑)、せっかくお店を探してきたのだから皆と同じものを食べないと意味がないということで、旅先の勢いこれを注文することに。

なかなかものすごいボリュームで食べるのが大変でしたが、彼らと同じものを食べているのね・・・とありがたがってゆっくりゆっくり味わって食べました。
うなぎは脂が乗っていて言うまでもなく美味しく、写真にもある通り、わさびも添えられていて、味にアレンジを加えながら飽きずに食べ進めることができます。


〆は無花果茶をかけて。食べかけのお椀なのでちょっと汚いですがあしからずw


そしてこのお店の面白いところは、〆のお茶漬け用に用意されているのが無花果茶なんです。
これも安城市の名産のようで、甘いいちじくのお茶とひつまぶしが果たして合うのか・・・?と疑心暗鬼でお茶漬けにしてみると、脂の乗ったうなぎでヘビーになってきた胃を優しい甘さで包んでくれるというか、ひつまぶし単体で食べるのとは全く違ったさわやかさがありました。
これでまたサラサラ食べることができ、まさに〆にぴったりな絶妙な組み合わせだと思いました。

お店情報

お店の場所は、大会の会場である豊田スカイホールの最寄り駅のひとつである豊田本町から電車を乗り継いで片道約30分、JR東海道本線の安城駅から徒歩5分ぐらいのところにあります。
もはや豊田市でもないので少し遠いのですが、もし遠方から豊田に観戦に行かれる方は、せっかくの旅の想い出に足を運んでみるのもいいではないかと思います。

そして、明日から豊田チャレンジャーも本戦。
今年もまた選手やコート達のブログに登場するかな?と期待しています。


>>うなぎ・御料理 吉野屋 ホームページ


HEAT JAPAN 全勝優勝!!!

昨日今日と行われたエキシビジョンイベントHEAT JAPAN。
出場4選手による総当り戦で3戦全勝で決勝戦に進出し、今日の決勝戦でも圧倒的な強さを見せて勝利!
見事全勝優勝を果たしました!


以下、全結果です。

第1セッション第1試合 西岡良仁 def. 内山靖崇 7-6(3)
第1セッション第2試合 添田豪 def. 守屋宏紀 6-3
第2セッション第1試合 内山 def. 守屋 7-6(8)
第2セッション第2試合 添田 def. 鈴木貴男 7-6(3)
第3セッション第1試合 西岡 def. 守屋 6-2
第3セッション第2試合 添田 def. 内山 スコア不明・・・(このセッションは行ってなくて、、)

決勝戦 添田 def. 鈴木 6-2
3位決定戦 内山 def. 守屋 6-3


当初参加を予定していた杉田選手がケガのため欠場となったため、その代わりを西岡選手と鈴木選手が交互に勤める変則的な格好となりました。
各セッションには選手たちや多彩なゲスト、挑戦者などとのエンターテイメントダブルスもあり、それは本当に和気あいあいとした感じなのですが、シングルスはエキシビジョンといえどもどの選手も皆超マジです(笑)


テニスナビ、tennis365、TENNIS.JP、HEAT JAPAN公式Facebookなどで色々レポートが出ているので、詳しくはそれをチェックしていただくとして、ここではもちろん添田くんのことを。


先週末から沖縄で自主トレを行い、目下ナショナルチームによる合宿でトレーニングを行っていますが、先月の慶應チャレンジャー、優勝した豊田チャレンジャーで感じた復活/プレイスタイルの進化の兆しは、少し時間を置いてさらに磨きがかかっているように感じられました。
昨日は少しその疲れ(筋肉痛などはもちろんあるでしょう)があるのかな?と思うような仕草を見せたものの、プレイには全く影響を感じさせず、先月からさらにスピードが早くなり、リターンゲームが益々アグレッシブになっていました。サーブはここぞの時にエース連発で、頼もしい限り。

今季、コート左右に対しての動きに対して前後の動きがものすごくよくなったと感じていましたが、それはさらに加速し、昨日今日は前に後ろに斜めにとにかく走る!そして、自コートの対角線上に打たれると簡単には取れないものですが、それを取るだけではなく返してポイントにする!
フットワークを駆使しても無駄な力が入ることなく、冷静に打つべきボールを判断してミスせず打つことができていました。

そして、豊田チャレンジャーで劇的に変化を感じたリターンゲームでの攻撃性。このイベントでも全開で、しかも取りにいくと決めたゲームではセカンドサーブではなくファーストから狙っていくという。。
今回対戦した選手達は何度も対戦し、知り尽くした相手とはいえ、相手もサーフェイスを生かして強気で攻めてくる中でファーストからリターンエース炸裂でしかも本当に緻密にライン上の色々なところに決めてきます。

心技体のうち、益々磨きのかかる技に対して今季なかなか整うことがなかった心と体の足並みがシーズン最後の2大会でようやく揃ってきて、自信・技術・フィジカルの3つが今は非常にバランスよく共存できてるんだろうなぁと思いました。
オフシーズンにはもったいないぐらいの好調ぶりでしたが、トレーニング期間中にいい成果が見られればそれ以降の励みにもなるだろうし、いい循環になりますよね(^^


以下はチャンピオンスピーチです。


短い言葉の中にも、今までにない強い決意を口にしています。
それを言う時の目は本当に強いまなざしというかそれを信じて疑わないような力強さを感じます。

次にプレイを見られるのは2015シーズン。
もうすぐそこですが、合宿で今しかできないことを積み重ねて、来シーズン本当に期待したいと思います!


このイベントの模様は、来月GAORAで放送されるようです。

〔初回放送〕1月17日(土) 20:30~21:30
〔再放送〕1月20日(火) 23:30~24:30/1月31日(土) 10:30~11:30

1時間と長くないので、どれぐらいの編集が入るか分かりませんが、普通に考えると決勝の尺が一番長いはず。
添田くん自身、2日間のあいだで一番調子がよかったという決勝、そして豊田以降来季に向けての進化の過程を少し先ですが、ぜひ確かめてみてください!

-------------------------

そして、最後に映像をもうひとつ。
エンターテイメントダブルスでプレイ中の選手達の会話が聞こえるよう、ヘッドマイクの着用がありまして、土曜・日曜ともに添田くんも担当しました。

日頃の真剣プレイとは違う表情やかけひき?が出てくるのはこういうイベントならではです。


【動画あり】上海マスターズ予選!!!

佳境を迎えているジャパンオープン。錦織選手が準決勝に進出しています。
私自身は今日で観戦全日程を終了しました。

土曜日の予選から水曜までと今日、添田くんは土曜から月曜までを練習で/火曜は試合/水曜は練習とダブルスの試合としっかり見ることができました。
遡って先週のクアラルンプールでも火曜の1回戦/水曜の2回戦を見ましたが、ここまで短期間の間で添田くんのテニスを生で集中的に見れたのはこれがもちろん初めてで、こういう機会はさすがにもうないだろうと思います。

そして、添田くんの試合に限らず、この2週間2大会でなんと11日も生でテニスを見ていたのです。
ここまで徹底的に見て思うのは、とにかくテニスがやりたくて仕方がないってことですね!(笑)


この間、本当に色々思うことがあり、今週のシングルスで負けてしまった日はなんというかもう全く救いを見出せないというか絶望的な気持ちにさえなってしまったのですが、水曜のダブルスの前に見た練習に打ち込む姿、そして夜の伊藤選手とのダブルスを見て、大分気持ちが軽くなった気がしました。
シングルス練習だけで丸1時間。その後はダブルスの試合に備えてダブルスのゲーム練習もしていました。去年以前もジャパンオープンでの練習は何度も見てきましたが、ここまで長い時間をかけて練習をしているのを見たのは今回が初めてのような気がします。いくつものショット、パターンを文字通り黙々と打っていました。
水曜日の練習の映像です。アップが遅くなってしまいすみません。


春先から100位に接近したところで、これに勝てばトップ100復帰!という試合でことごとく負け続け、以前長らく苦しんできた100位の壁が再び立ちはだかっているとも言えるかもしれません。
色々書きたいことはありますが、とにかく前へ前へ!


さて、明日からは上海マスターズの予選が始まります。
予選1回戦の相手は、ジェームス・ダックワース(146位/オーストラリア)。守屋選手がジャパンオープンの予選決勝で対戦し、見事勝利した選手です!
サーブが非常によくパワフルなストロークが持ち味の選手ですが、かなり気性の荒いイメージが・・・守屋選手同様、緻密なストローク戦に持ち込みたいところです。

去年の上海では見事予選突破を果たしており、ポイントも気になるところですが、とにかく今は一戦一戦目の前の試合に集中してほしいと思います。


試合は明日の現地時間正午(日本時間13:00)スタートの第3試合目。前の試合に地元ワイルドカード選手の試合が入っており、ここが早く終わることも考えられるので、日本時間15時半ぐらいにはスタンバイしておいた方がいいかもしれませんね。

日本人は伊藤選手、杉田選手、守屋選手、内山選手が予選から出場します。


>>予選ドロー

>>10月4日オーダーオブプレイ


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million