ウィンブルドン、イズナーに善戦も惜敗。。

ウィンブルドン本戦1回戦、先ほど終了しました。
6-7(5) 4-6 4-6 で惜しくも1回戦で敗退です。。


イズナーは左ひざにサポーターをしていて、ストロークにおいて万全なようには見えませんでしたが、その分、サービスゲームとリターンゲームのメリハリが非常に大きかったように見えました。
ストロークでは無理なボールは全く追わず、代わりに全16ゲームとタイブレークでエース38本・・・。ファーストサーブでは添田くんは全く反応できないノータッチエースが嵐のように打ち込まれ、エースにならないボールでもラケットに当てるか向こう側に返すのが精いっぱいのようでした。(1stからのポイント確率は82%)

添田くんは第1セット本当に完璧な立ち上がりで双方危なげなくキープ。
タイブレークは一時0-5と大きく引き離されてしまいましたが、そこから巻き返しを見せて3-5、次のリターンポイントでもミニブレークし返しましたが、一歩及ばず。。
第2セット、第3セットと1度ずつブレイクを許してしまいましたが、今日はとてもアグレッシブで、バックのクロスラリーから自分からどんどん仕掛けるポイントが多く、ストロークは本当に安心して見ていられました。
ただ、省エネテニスのイズナーの積極的な攻めはさすがでした。
試合後半にかけて、添田くんはファーストサーブがほとんど入っていないように思えましたが、ギア全開で試合に入った反動なのかもしれないし、セカンドからでも充分対等以上に打ち合えていました。
あれだけバカスカエースを撃ち込まれ、時折“もううんざり”的な表情を見せながらも集中を切らすことなく自分にできることに徹していたと思います。


映像で観ただけの印象ですが、イズナーの膝の調子が違っていたらここまでサーブ一辺倒に撃ち込まれることはなかったのかもしれないし、逆にストローク戦も違った展開になっていたのかもしれませんが、ともかく今日の試合は観ていてとても胸が熱くなる素晴らしいものでした!

まだ本人からのコメントなどが出てこないので、とり急ぎアップです。
また色々情報が出てきたら追記します。


今回の遠征はこれで終了と思われますが、今シーズンはまだ芝の試合がありますよ!
アメリカ唯一の芝の大会、ツアー250のニューポートに本戦ダイレクトインしています。
今日の結果は残念でしたが、今日の戦いが必ずここで活きてくるはずです!!!

まずはお疲れ様でした!


明日ウィンブルドン1回戦入ります!錦織・守屋も登場

明日本戦が開幕するウィンブルドンの大会1日目のオーダーオブプレイが発表され、添田くんの試合がさっそく入ります!

試合は現地時間11:30(日本時間19:30)スタートの12番コート第2試合目。1試合目は女子です。
会場マップによると12番コートはアザーコートの中ではかなり大きいところのようですね。

明日は守屋選手(チリッチと対戦)の試合が現地時間11:30(日本時間19:30)スタートの3番コート第1試合、錦織選手(ボレリと対戦)の試合が現地時間13:00(日本時間21:00)スタートの1番コート第2試合(前の試合は女子)に入りました。
守屋選手の試合後、錦織選手の試合が22:30頃から始まることを考えると、WOWOWでの放送はあっても試合中盤だけでしょう。
まぁこればっかりは仕方ないので、WOWOWに加入している方はオンデマンドでピックアップコートの試合を観られるよう設定しておきましょう!

ウィンブルドンはNHK総合でも放送がありますが、こちらも錦織選手のライブから。
ネット配信もあるようですが、守屋選手のみのようです。
>>NHKの放送・ネット配信予定


明日は一体どんな試合になるのか・・・という恐ろしさもありますが、ひときわ想い入れの強い大会なのだから、そこで戦う自分に恥じることのないよう、最初からギア全開で納得のいくテニスをしてほしいと思います。


ウィンブルドン本戦ドロー!1回戦は最長男イズナー

明後日月曜日の開幕を控えてウィンブルドン本戦のドローが昨日発表され、1回戦の相手はイズナー(17位/アメリカ)に決まりました。
ご存じ、2011年のウィンブルドンで史上最長の11時間5分の試合をしたあのイズナー。

なんというか、もうよりによって・・・。。
正直のところ、相当がっくりきてしまい、だからブログを書くのが1日遅い訳ですが、あれこれ考えた結果、数字にまつわることを書くことにしました。


その上で至った結論とは、とにかく添田くんは自分のサービスゲームにだけ集中すべし!ということです。
極論を言うと、リターンゲームなんてどうでもよく(笑)、試合を通して自分のゲームの質をいかに安定して高く、タイブレークであっても保ち続けることができるのか・・・それが最大にして唯一のテーマだと思います。


ATPのサイトでプレイヤースタッツ(試合における各種数字)を調べてみたら、まぁ笑っちゃうようなデータが出てきました。

ATP World Tour  Tennis  John Isner  Player Stats

これはイズナーの過去芝の全試合でのスタッツを数値化したものです。

全601ゲームに対してエースは791本。1ゲーム平均1.32本のエースを打っていることになります。
全サーフェイス合わせると平均1.16本で、芝がその数を引き上げています。そして、今季の芝3試合では平均1.82本と非常に多いです(勝った2試合では平均ほぼ2本)。
つまり、ゲームの半分はエースでポイントを取られる可能性がある訳です。

リターンゲームを完全に捨てて相手に気持ちよくサーブを打たせる訳にはいきませんが、そんな選手からブレイクを取ろうと思って取れるものではなく、その努力は自分のサービスゲームに向けるべきです。


ATP World Tour  Tennis  Go Soeda  Player Stats

かたや、添田くんは平均0.31本。つまり3ゲームでやっと1本というペース。
もともとサーブを武器にしている選手ではありませんが、これを少しでも上げて2ゲームに1本、1ゲームに1本にできるだけで自分にかかる負担はとても軽くなるはずです。


イズナーというとやはり圧倒的なサーブ力に加えて、ストロークやボレーなどの処理も大型選手の割にはそつなくこなす印象がありますが、リターンゲームでのスタッツを見ると、ファーストサーブのリターンポイント/セカンドサーブのリターンポイント/ブレイクポイントでの獲得率のいずれを見ても意外にもイズナーの方が低い。
添田くんにはチャレンジャーでの試合も含まれるし、対戦相手のレベルを考えると一概には比較できませんが、これを言い換えると、イズナー自身がリターンゲームに余り重きを置いていないと考えられるのではないかということです。イズナーの今季全88セット中、なんと37セットでタイブレークになっていることから分かるように、その試合のスタイルとしてタイブレークに持ち込んでそこからセットが取れるかどいうかという戦いな訳ですよね。
・・・なんというかもうおかしいですが(笑)、とにかく添田くんはなんとしてもブレークを許さないことです。

その先はもう神のみぞ知るですが、タイブレークで思わぬチャンスもあるかもしれない。


イズナーは第1セットをタイブレークで取った時の勝率が非常に高いですが、逆に第1セットをタイブレの結果落とした試合はフルセットにもちこんだとしてもかなり負けています。
全く簡単ではないと思いますが、できれば第1セットでどうにか競りたいですね。そのためには、最初からギア全開で臨むこと・・・これもとても大事なんだろうと思います。

まぁ、言うは易しですけどね。本当に。


今回、本戦には第5シードの錦織選手のほか、杉田選手、守屋選手が予選を勝ち上がり本戦に入っています。
杉田選手は2年連続ウィンブルドン予選突破、守屋選手は伊藤選手をフルセットの大接戦の末破りました。
ふたりはこのところチャレンジャーでなかなか勝てない時期が続いていたので、こういう大事な大会で結果を出すことができるのは本当にすごいと思うし、本当に嬉しい!!!

女子は奈良選手、土居選手が本戦からの出場です。

>>ウィンブルドン公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million