シンシナティ1回戦 粘り及ばず / 次は全米オープン!!!

マスターズ1000大会シンシナティの予選1回戦、先ほど終わりました。

vs Teylor Dent(81位/予選13シード) 1-6 4-6
ビンガムトンから強行移動のファイトも実らず、敗退です・・・。昨日の敗戦と全く同じスコアになりました。

現地は2度に渡る雨天中断があり、ライブスコアが正常に表示されていなかったようで、見始めた時は、第1セット1-4とリードされていました。

それまでのスタッツで分かったのは、2度あったブレイクポイントを生かせなかったこと。そして、1-4からのサービスゲームで再びブレイクされ、第1セットはそのまま落とします。
第2セットは3-3からの第7ゲームで3ブレイクポイントをデュースに戻しますがキープできず、セットで1度だけのブレイクポイントをいかせませんでした。

もう少し細かくスコアを見ると、もう少し競ることができたのではないかというポイントもあります。が、前回の対戦では添田くんがフルセットで勝利しており、相手も当然今回は絶対負けられないという強い気持ちで臨んでいたと思います。添田くんの当然自分にできるベストは尽くしただろうけど、無理矢理の状態の中で出場したということもあるし、マスターズ1000という大きな大会でトップ選手と練習できる機会もあるでしょう。勝ち負け以外にきっと得るものはあるはずと信じているので、今日は細かいことは書かないことにします。


次の大会は、今年最後のグランドスラム、全米オープンです。
現在本戦Alt(本戦入りの補欠)リストの12番目です。上位選手の欠場による本戦入りの可能性が絶対にないとは言えませんが、おそらく予選からの挑戦になると思われます。
予選スタートまであと1週間強、後味のよくない敗戦が続いていますが、この1週間でもう1度しっかり気持ちも調子も上げて大舞台で暴れてくれることを期待したいです!


シンシナティ予選に強行出場へ。1回戦はデントと再戦!!

前回の日記で 〔予選は明日からなので、単純にいけば出場は可能です。ただし、すぐさまシンシナティに移動してサインに間に合う必要があります。 (略) というかそもそもこんな強行スケジュールで出場する意向があるのかは全く分かりません(笑)〕 と書いたのですが、先ほど発表された予選ドローに名前がしっかり入っていました!!

予選1回戦の相手は、なんと先月ニューポート1回戦でフルセットの末勝利したデントです。(その時に書いた記事はこちら
前回の勝利は本人もびっくりの結果だったようだし、また勝てるかどうかは分かりません。

本人Twitterによると、試合終了後すぐさま移動を開始したようで、経由地などからつぶやきをしていたので、順調に現地に到着したものとばかり思っていましたが、空港からブログが更新され、乗り継ぎ待ちに時間がかかってしまうようで、シンシナティ到着は真夜中だそうです・・・><
(サインは必要なかったのですね・・・)

試合の疲れもある中飛行機で移動をして真夜中に到着、充分睡眠も取れない中での試合はケガなどのリスクも高いだろうし、無茶だという考えもあるでしょう。
そういう状況の中で、添田くんはこんなことをつぶやいてます。

3枚のカードのうち2つは3億円もらえて1つは3億円の借金を抱えることになる。それを差し出されたらチャレンジしますか? (添田豪Twitterより

この例えが今自分が置かれている状況についての例えとしての言葉なのかは分かりませんが、皆さんはこの問いに何と答えますか?
私が添田くんに返したコメントはこれです。

それは今の自分の何かしらの状況を例えているんですよね? 迷った時は前に進みましょう!! ただし、そのお題に関して言うと悩みまくっているうちにタイムアップになる気が・・・(笑)

今回の強行出場は確かにリスクが大きいけど、なんといっても2年振りの出場となるマスターズ1000大会。例え結果が付いてこなかったとしても絶対にチャレンジして欲しかったので、すぐさま移動を開始したことを知った時には本当に嬉しかった!!!
ケガにだけは気をつけて、でも出ると決めたからにはできる範囲でのベストを尽くして欲しいと思います!!


土曜日のオーダーオブプレイはまだ出ていないのですが、試合は日本時間の今晩夜中から明日朝にかけてに入ります。
加えてその時間にはトロントマスターズの準決勝がGAORAであるので見るつもりで、明日は昼からテニス・・・。私もなかなかの強行スケジュールです。。(どうでもいい話だが)

ちなみにお題について、添田くんはチャレンジしないそうです(笑)
(するのかと思ってた・・・(^^;)


>>シンシナティ予選ドロー

>>大会公式サイト


ビンガムトンCH QF敗退 / どうするシンシナティ!?

先ほどビンガムトンチャレンジャー準々決勝が終わりました。

vs Robert Kendrick(アメリカ/159位) 1-6 4-6

残念ながら敗退です。。

2006年にバンクーバーチャレンジャーで対戦しており、当時205位の添田くんは 当時156位のケンドリックに 6-4 7-6(2) で勝っているので、今回もいけるかな~と甘い考えでいましたが、そう簡単には行きませんね・・・。

190センチと長身のビッグサーバー相手にリターンゲームでチャンスが訪れず、第1セットをわずか23分で取られてしまい、勢い付かせてしまったのかもしれません。
第2セット 4-3 からのリターンゲームでこの試合唯一のブレイクポイント(0-40)が来ましたが、エース2本を含めてストレートでキープされてしまい、その次のゲームをブレイクされ、わずか1時間2分で終わってしまいました。

でも、こういう試合も時にはあるだろうし、それほど力の差があるということではないと思います。

今週準々決勝に進んだことで、来週月曜のポイントは490となり、112位付近に浮上します。

-----

さて、前回の記事で、来週のシンシナティ(マスターズ1000大会)への予選エントリーは難しいのではないかと書いたのですが、さっきMENS TENNIS FORUMSを覗いてみたら上位選手の欠場により、予選エントリーに入れていました!

予選は明日からなので、単純にいけば出場は可能です。
ただし、すぐさまシンシナティに移動してサインに間に合う必要があります。

今ざっと調べたところ、ニューヨーク州ビンガムトンとオハイオ州シンシナティにはいずれも空港があり、直行便も出ているようです。距離は約600マイル(約960km)なので、飛行機なら1時間半もあれば行くことができます。
が、飛行機の便の本数までは分からず(アメリカ国内の移動なんて調べたことないので、使いよいサイトが分からない)、果たしてサインに間に合うのか、というかそもそもこんな強行スケジュールで出場する意向があるのかは全く分かりません(笑)

とはいえ、ドロー56のこの大会は上位選手に出場義務があり、ものすごくレベルが高く、予選といっても上は30位台の選手もいます。日頃チャレンジャーレベルが主戦場になっている添田くんがこういう選手と戦う機会はめったにないし、これからのためにそのレベルを体感して欲しいというのが個人的な希望です。今週からの連戦は体力的にきついかもしれませんが、全米予選までまだ時間はあります。
予選には出ずにここからしっかり調整して全米に臨むということであれば、それはそれでもちろんその判断を支持するつもりです!

シンシナティの予選ドロー発表は現地金曜日の夜9時(日本時間土曜朝10:00)。あと4時間ちょっとです。どうなるのか注目したいと思います。


>>シンシナティ 公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million