大事なのは自分のゲームかな・・・な、ラオニッチ戦

ジャパンオープン1回戦 ミロシュ・ラオニッチ(11位/カナダ)との1回戦は、 4-6 6-7(0)で敗れました。

スコアだけ見ると善戦と取れるかもしれないし、この試合の見方は人によって全く違うものになるんだろうと思います。


実際見た上で私が思ったのは、ちょっともったいない試合だったなぁということです。

それは、勝てたかもしれないのに・・・というのとは少し違うのですが、ラオニッチというとどうしてもビッグサーブにばかり注目されがちで、それに屈したと感じる人が多いのではないかと思います。
結果としてそれが大きな要因であるとは私も思うのですが、今日のラオニッチはサーブの調子がよかったようで、しかも相手に圧倒的有利となるインドアコート。そういう環境の中で、彼のような選手を攻略できるのはジョコ・ナダル・マレーのビッグ3以外にいないと思います。


という中で、添田くんはサービスリターンにおいてベストを尽くしたと思います。

今日、ラオニッチに11回のサービスゲームとタイブレークで24本のエースを叩き込まれました。単純計算をすると1ゲームに2本です。
読めても当てることさえできないようなド級のサービスエースはどうしようもありませんが、それは誰が受けても同じようなものだと思います。
ファーストサーブが入らなかった時、かなりの割合でリターンができていたし、それもただ返すだけではなく、相手が少しでも打ちにくくなるよう、スピードを殺して深く返すということができていました。
そこからラリーになった時に、自分から簡単にミスをしてしまうポイントがいくつかありました。

せっかくのいいリターンを活かしきることができていなかったのと、サービスゲームでもやはり簡単なミスや決め球のミスなど、本当に勿体ないポイントがありました。


現実的ではない話ですが、もしそれらアンフォーストエラーがゼロだったとして、それで勝てたかというとまた話は違いますが、相手によりプレッシャーをかけられるところにまで行った時に、初めてどちらに転ぶか分からないタイブレークなどでよもやの展開を起こせるチャンスがあったかもしれないのです。

もちろんそういう勿体無いポイントをゼロにできる時など、よほどのゾーンに入った時でもないとあり得ないかもしれませんが、今日であればタイブレークの1ポイント目で簡単なボールをネットにひっかけてしまったような、そういう勿体無いポイントは惜しい負けの試合に必ずあるような気がします。
対戦相手に合った対策を練ってくるという意味では今日は完璧だったと思うので、だからこそ自分自身の常日頃の課題であるような局面での失点が本当にもったいなかったと思うのです。


尤も、それを克服するのが何よりも難しいのかもしれません。

ラオニッチの完璧なまでのサーブで霞んでしまいますが、添田くんのサーブも今日は非常に好調で、スピードだけではなくコースもよく、得意のストロークで自分のパターンに持ち込んでいくスタイルを堪能することができました。実際、添田くん自身サービスゲームのスタッツはかなりよかったと思います。

添田くんは足を動かしてラリーをする中でペースを掴んでいくタイプの選手なので、自分のゲームでいい形でそれができても、リターンになったら相手のサーブで何もできないままポイントを重ねられてしまうと、その自分の形が分断されてしまいます。
単純にものすごくやりにくい試合だったのではないかと思います。


添田くんがこの試合唯一ブレイクされた第1セット第3ゲームの直後、自身のサービスの立ち上がりに少してこずったラオニッチは安心したかのようなとんでもないサーブをどんどん打ち込んでくるようになりました。

個人的に長身ビッグサーバーは全く応援する気にならないのはほとんどサーブだけで決まってしまったテニスを見ている気になれないからで、今日は添田くんの試合だから必死に応援しましたが、一言で言ってしまうと今日はまぁ本当につまらない試合でした。


繰り返しになりますが、添田くんは出来ることをやったと思うし、去年のデ杯のカルロビッチ戦、今年のデルレイビーチのイズナー戦とツアーを代表するビッグサーバーと対戦を生かした戦い方はできていたと思います。

結局の課題は、時々訪れるミスの続くようなゲームできちんとホールドできること、ここぞの1本での集中力・・・いつもと同じなんだと思います。

今日の試合を観戦された方、どのようにこの試合を見ていましたか?


試合後の添田くんのコメントと詳しい試合の内容がTENNIS DAILYに乗っていたのでリンクを貼っておきます。
http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=102814


そんな訳で、今年の添田くんのジャパンオープンは幕を閉じました。
あっという間に土曜日からは上海マスターズです。

上位選手の欠場により予選に繰り上がりで出場できることになりました。
今季ツアーとしては最終戦になると思います。

予選といえども50位台選手もいるような超激戦のラウンドです。厳しい戦いになると思いますが、全米以降、上位選手との試合が続いていますが、このところの好調ぶりがここで発揮できればと思います。


念願のホームでの大会。明日1回戦ラオニッチ戦

かなり待ちくたびれましたが、明日、いよいよジャパンオープンシングルス1回戦です。
相手は大会第3シードのミロシュ・ラオニッチ(11位/カナダ)です。


試合は11:00スタートの第1試合に組まれましたが、この時間の予報は雨。おそらく屋根は閉めて行われることになるでしょう。
ラオニッチはトップ選手最強のビッグサーバーといっても過言ではありません。その環境において、ある意味デルポトロ以上に、ツォンガ以上にタフな相手と言えるかもしれません。

勝つのは非常に厳しいのは分かっていますが、それでもドローが発表された土曜日から4日間、添田くんは充分すぎるほどラオニッチと戦うための練習をしてきたはずです。


この試合を来年のデ杯の前哨戦と楽しみにする人も多いようです。
でも私に言わせると、そういう見方ははっきり言ってナンセンスのような気がします。添田くんは相手国エースへの腕試しではなく、ジャパンオープンでの自分の勝利のために戦う訳ですから。


その時々で書いてきたことですが、実はジャパンオープンには全くいい記憶がありません。一度たりともありません。

一昨年はホームの大会なのに圧倒的にナダル応援が多く、応援してこんなに悔しいことはないと思いながら声を張り上げました。
去年の対戦相手は、この大会で誰よりも対戦したくない選手でした。会場がまるでお通夜のようで、添田くんは暗に自分が勝ってはいけないという重圧とも戦っていたんじゃないかと思います。

そして3年前は、好カードが続くセンターコートの裏カードに回され、観客もまばらなコート1での試合。全身全霊の本当に素晴らしい接戦だったにも関わらず、記者などはこぞってセンターに行き全く報じられることもなく、屈辱的な思いを味わいました。

なんか、毎年毎年何かしら激しい怒りを覚えながら観戦しているような気がします。この3年のジャパンオープンで感じた思いは添田くんのファンである限り、絶対に忘れることはないと思います。


絶対に勝ちたいという添田くんの想いは年々強くなっているんだろうと思う一方、これまで対戦相手の面でも処遇の面でもなかなか恵まれずに来ました。

今年も、勝てないかもしれないのは分かっているんです。
でも、もういい加減に報われてもいいんじゃないかと思う。


この数年で変わったことは、添田くん自身が着実に力を付け、グランドスラム本戦の常連として多くの人に試合を見られるようになったと思います。デ杯の大一番を任される要の選手として認知度も上がったんじゃないかと思います。

明日は平日だし人も少ないかもしれませんが、ホームでジャパンオープンを戦える喜びを味わって欲しいと思います。
ファンに出来るのは、その雰囲気を全力で作ることなのかな、と思います。


>>オーダーオブプレイ

>>大会公式サイト


ジャパンオープン1回戦は、(自分で引いた)ラオニッチ!

昨日、ジャパンオープンの本戦ドローが発表されました!


というか、今年は添田くんがドローを引いたようですが、1回戦はミロシュ・ラオニッチ(11位/カナダ)になりました。

31660AE4646148E3AD011850D0F31C37.ashx

自分で引いたのだからファンとしても文句は言えないですが、毎年毎年なんでこんなにタフなドローになってしまうんでしょうか。。

TENNIS DAILYに、公開ドロー抽選会に臨んだ後の添田くんのコメントが載っていますが、なんというか、もうネタにするしかないような・・・(悲)


ドロー発表後の夕方、添田くんの練習をチェックしましたが、相手は196センチと長身のダニエル・ブランズ。クレーではありますが、7月にフェデラーをストレートで破り、ローランギャロスでナダルからなんとセットを取った今季急成長を果たした選手です。

それを相手に、ラオニッチ対策と思われるブロックリターンの練習や、リターンを深く返す練習を念入りに行っていました。

P1050569


バンコクの時に感じたサーブの好調ぶりは健在で、左右に打ち分けるショットの精度もよく、本番を意識して高いレベルでプレイしていることが傍から見ても分かるものでした。
(練習の時はいつもTシャツなのに、この時に限ってはなぜか現在の試合ウェアでした。やはり試合モードでということなのかもしれません。)

到着が終了直後になり、私は見られなかったのですが、午前はシャルディと練習をしていたようです。


この大会で添田くんがタフドローなのはもう楽天の風物詩のようでもあり(悲)、非常に厳しい戦いになるでしょうが、それでも、毎年その時のベストのテニスを我々に見せてくれています。
デ杯以降調子もいいようだし、食らいついていけばチャンスはある選手だと思っています。

P1050578

今年もサンギネッティコーチが帯同しており、ひと休みの間など、添田くんに色々指導をしていました。
ふたりのコンビネーションに期待したいところです!


そのラオニッチですが、バンコクで決勝に進出しており、まだバンコク滞在中。
どんなに早くても現地出発は今晩でしょうし、当然日本到着はかなり遅くなることが予想されます。前週の上位進出選手の試合はそのコンディションを考慮して遅くなることが多いので、1回戦は火曜日にはならないかもしれません。

ダブルスで伊藤選手と組んでのワイルドカードが出ており、まずはダブルスが先に入り、火曜か水曜にシングルスの1回戦が入る格好になるのでしょうか。


今日は好例のATPサンデーが行われますが、11:45~12:45でモナコとペアでの公開練習が行われます。
http://www.rakutenopen.com/News/Tennis/2013/Tournament/ATP-Sunday.aspx


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million