継続は力なり

錦織選手、ジャパンオープンで優勝しましたね!
日本の大会で男子としては初優勝なんだそうです。おめでとうございます!!!!!


これは日本テニス界にとってものすごく喜ばしいことなんだろうと思います。
でも個人的に思うのは、ジャパンオープンでなくてもいいから、日本のテニスで育ってきた選手にいつかツアーで優勝して欲しいということです。
メディアによる偏重的な報道がされたり、特定の企業だけが潤うのではなく、それがもっともっと大きな意味で日本のテニス全体に希望と元気を与えることになると思うから・・・。

今週は私がこのブログを立ち上げた時の初心を妙に思い出す1週間でもありました。

------------------------------

という中、錦織選手の優勝が決まった瞬間に始まったマスターズ1000上海の1回戦ベルダスコ戦ですが、 2-6 4-6 で敗れてしまいました。


ブレイクポイントは双方同じく6本でした。チャンスは何度もあったんです。でも、ブレイクできたのは添田くんアドバンテージでベルダスコがダブルフォルトを犯した1回それっきりでした。
最近戦っている相手は、言うまでもなくこれまでの相手とは比較にならないほどそこからキープできる力を持っている。チャンスは何度も訪れない、だからこそサービスキープが大事になってくる。

今日はダブルフォルトが5本ありました。これだけ多いのはこのところではなかったような気がします。
第2セットはセカンドサーブからのポイントがわずか38%でした。添田くんはもともとファーストサーブの確率がスタンダードとして余り高くないので、チャレンジャーならストロークから自分の展開に持っていってポイントに繋げることもできましたが、それで強豪選手たち相手にキープしていくのは難しいと思います。。


でも、ベルダスコよりも勝っている部分もありました! 第1セットのセカンドサーブからのポイント率は上回っていたし、第2セットでファーストサーブが入った時のポイント率も添田くんの方がわずかながら高いんです。


今のステージで対戦している選手たちがいくら自分のテニスを出し切ったからといって勝てる相手ばかりではないし、むしろ勝てない試合の方が多いかもしれません。
だから、敗戦のひとつひとつにいちいち過剰に反応したり心配したりしない、長期的な視野が欲しいなぁ、と。自分が(笑)


今シーズンエントリーが確認できている大会は、

10月15日週 ストックホルム(ツアー250) 本戦ダイレクトイン
10月22日週 バーゼル(ツアー500) 本戦ダイレクトイン
10月29日週 パリ(マスターズ1000) 本戦Alt 12番でエントリー

パリはこの位置だと本戦繰り上がりはさすがに難しいでしょう。マスターズは本戦とは別に予選へのエントリーが必要ですが、まだ締め切りになっておらず、予選に出場するかは不明です。
この後にあるチャレンジャーに出るという選択もあるかもしれませんが、ツアーは多くても残り3大会です。いずれもノーシードとなることは間違いなく、過去最多大会に出場しているシーズンももう大詰めで満身創痍ではあると思います。厳しい戦いが続くことになるかもしれません。


でも、ブログで書いたポジティブな気持ちを忘れずにどうか踏ん張って欲しいと思います。

努力は絶対に裏切らないです!

こんな精神論じゃなくてもっとちゃんとしたことを書きたいのですが、今はそういう言葉しか思い浮かばないんです。


ジャパンオープン2012 1回戦 添田豪×錦織圭

錦織圭 def. 添田豪 4-6 6-4 6-3

私が添田くんのファンになったのが2009年春、以来4大会目にしてついに初めてセットを取ることができましたが、またしても勝利することはできませんでした。

今日は少し思ったことをつらつらと書いてみようと思います。
できるだけ言葉を選ぶよう努力はしますが、そこからどうしてもにじみ出てしまうものがあるかもしれません。予めお詫びしておきます。


今まで経験した生観戦の中で、これほど最低最悪な気分になったことはありません。
そして、こんな試合をもう二度経験することはないでしょう。


それはもちろん試合そのもののことではなく、会場の雰囲気に他なりません。

試合が始まってすぐ感じたことですが、どちらの選手に対してもほとんど応援がないんです。
センターコートに組まれる選手は程度の大小はあれどビッグネームや日本人選手の選手。こんなことはありえないでしょう。
もちろん、双方がいいラリーを繰り広げたりした後には大きな拍手が起こったりしましたが、あくまでも両者を称えるような雰囲気で、どちらかがピンチやチャンスを迎えれば等しく拍手が起こる。でも、なんというか全然応援しているように感じられない。

原因は日本人同士であったことに尽きると思います。


その雰囲気といったら、なんというか不気味を通り越してもう異様。

ホームで歓声を受けることで力となる選手、それをプレッシャーに感じて固くなってしまう選手、逆にアウェイで力を発揮する選手・・・色々いると思います。でも、今日の試合は一体なんと表現すればいいのでしょうか。語弊があるかもしれませんが、ふたりがまるで見世物のように感じて仕方がありませんでした。


試合前、日本では圧倒的に知名度で勝る錦織選手に明らかに応援が向けられることになるのだろうと予想していました。
ホームであるにも関わらず、相手選手への応援が圧倒的に多いのは選手にとっても複雑な気持ちになるんじゃないかと思います。
でも、幸か不幸か、添田くんは去年のナダル戦でそれを経験しています。何度経験しても慣れるものではないかもしれませんが、錦織選手の方が自分よりも人気があることは、日本を拠点にしていればある程度予想もできるだろうし、そういう想定もあったんじゃないかと思います。

でも実際は全く違っていて、ほとんどお通夜状態(笑)

片方の選手の応援をすることはもう片方の選手に対して失礼に当たる・・・それはきっと、日本人なりの配慮なんでしょうね。
でも、これは被害妄想かもしれませんが、それが逆に錦織選手への応援と期待の裏返しのように感じられて、本当にいたたまれなくて仕方がありませんでした。
だったらあからさまに錦織選手を応援してもらった方がまだ気も楽だったかもしれません(笑)


試合後のインタビュー記事を読みました。

錦織圭に敗れた添田豪「全てを出し切った」◇楽天ジャパン・オープン -テニス365
http://news.tennis365.net/news/today/201210/94724.html


同国選手同士が対戦することは、お互いのテニスをよく知っているからこそ、親しい仲であるほどやりにくいものだと思います。
その上、ATPツアーは日本では年にたった1回。日本のテニスファンから最大の注目を集めるこの大会でナンバー1とナンバー2の選手が1回戦で対戦する・・・こんなにイヤな試合は他にはないでしょう。

国のナンバー1である錦織選手にとって添田くんは絶対に負けてはならない相手で、はかり知れない大きなプレッシャーがあったと思います。
ナンバー2である添田くんにとっては、圧倒的な人気と期待を誇る錦織選手の勝利が望まれていることを受け入れて戦わなければならないという全く違ったプレッシャーがあったと思います。

試合が終わり、そこから「開放」されて本当によかったと思います。

添田くんにはもう二度とこんな試合を経験して欲しくないと思いました。
尤も、これ以上の試合などどこにも存在しないと思いますけど。。


錦織選手は膝を痛めながらも第2セットからよく立て直して素晴らしい集中力だったと思います。そして1ブレイクアップしていたファイナルセット、あとは自分がキープすれば勝てる試合で、自分をさらに鼓舞し勝利への執念とも感じられたアグレッシブなショットを何度も繰り出し、最後の最後で会場を沸かせて味方につけました。それがトップ20選手たる所以なのかもしれないし、錦織選手の凄さなんだろうと思います。
添田くんは第1セットのブレイク合戦を抜け出してよくセットを取ったと思うし、引き離されながらも第2セットで勝つ気持ちを捨てず素晴らしい粘りを見せてくれたと思います。

試合自体は本当に面白かったし、日本テニスの最高峰を充分堪能することができました。

今日はベストのテニスではなかったかもしれませんが、今の添田くんの全てを出し切ったものだったと思います。今日の頑張りを誇りに思っていいと思うし、ファンとしてこの試合のことを忘れずにいようと思います。

でも、今日のことは1日も早く忘れてしまいたいです。
来年こそはホームで大きな声援を受ける喜びを感じられる中でプレイさせてあげたいと思います。


いよいよ今日1回戦。

昨晩から心の持ちようをどう置けばいいのか分からず落ち着かない感じだったのですが、とんでもなく早く目が覚めてしまいました。
これを書いているのは6時半過ぎですが、すでに水回りの掃除をしてゴミ捨て、コンビニにちょっと買い物を済ませております(笑)


昨日から本戦がスタートした今年のジャパンオープン。
いよいよ今日、添田くんの1回戦 対錦織圭 の試合が行われます。

試合は11時スタートのセンターコート第2試合。
もちろんWOWOWで生放送あり
です!


これを読んでいる方は添田くんのファンの方、錦織選手のファンの方、ふたりのファンの方、日本人選手を等しく応援している人・・・色んな方がいらっしゃるだろうし、それぞれに今日の試合に際して感じることは様々だと思います。

絶賛添田について一瞬の迷いやブレも経験したことのない(って自慢することでもないですが 笑)私が感じるのは、シンプルに今日の試合に勝ちたい!!!!!ということです。
全く意識していないと言えば嘘になるかもしれませんが、私自身相手が錦織選手であることは余り気にしていない。

それよりも、今年こそ1回戦を突破したいということの方が頭の多くを占めていて、そのために目の前の相手に勝って欲しい、ただそれだけです。
なんというか、コートの向こうは霞んでいて相手選手の顔がよく見えないとでも言えばいいのか・・・(笑)

物理的にはホームですが、今日それを感じることはできないかもしれません。去年のナダル戦でもホームなのにはっきり言ってアウェイのような環境でした(苦笑)


でも、そんなこと気にせず、とにかく自分の今できる最高のテニスを出し切るだけです。

錦織選手への大量の声援でかき消されないよう、声がかれるまで応援してきたいと思います。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million