前に進もう!

伊藤選手と杉田選手がウィンブルドンの予選を突破しましたね!

特に杉田選手は18度目のグランドスラム予選挑戦でついに初めて本戦への切符を掴みました。

苦労人の印象の強い添田くんが一番最初にグランドスラム本戦に立ったのは、予選へのトライが始まるよりも前、本戦ワイルドカードを獲得した2007年の全豪。その年のウィンブルドンから予選への挑戦が始まりましたが、本戦への切符を掴んだのは、そこから10大会目の2010年ウィンブルドンでした。
そう考えると、杉田選手はここまでくじけず本当によく頑張ったと思います!

杉田選手は添田くんの次に応援している選手なので、ものすごく嬉しいです。


ただ、この数年、仕事が余りにも忙しくてテニス観戦のスタイルがすっかり変わってしまった私の感受性は少し変わってしまったのかもしれません。
添田くんが負けてしまった悔しさの方が勝っていて、それがどうしてもぬぐえないのです。

こういうことを余り書くべきではないのかもしれませんが、予選敗戦後の添田くんのブログを読んで、さらに不安に掻き立てられることになりました。
自分自身にがっかりしていると書きつつ、どこか現状に甘んじているように取れたからです。


この感情がなかなかぬぐえない中で、今日発売になったテニスマガジンの連載コラムを読みました。
今月5日頃に書かれたと思われる内容は今となっては少し古いものでしたが、優勝した釜山チャレンジャーの1週間、その直後に強行スケジュールで臨んだローランギャロス予選、リタイアのこと、そしてミュラーに三度負けてしまったノッティンガムチャレンジャー(1週目)のことが未だかつてなく克明に書かれていました。

それと続けて今回の予選のことを考えると、それほど悲観的に考える必要はないのかもしれないという気がしました。
その記事を読んで、添田くんの現在の目標がなんとなく見えたような気がしたのです。と同時に、今一番必要なのは勝利なんだろうとも。

とにかく前に前に進まなければなりません。


というところで、来週は中国の南昌チャレンジャーに出場します。
この時期に開催される大会とあって、100位台の選手はわずか4人。レベルは正直ものすごく低い。

添田くんは第1シードで出場します。
しっかり結果を出して、再び自信を取り戻すための大会にして欲しいと思います。


未来のための2つの敗戦

本日から始まったウィンブルドン予選。

シングルス1回戦 4-6 6-7(10)
ダブルス1回戦 6-7(4) 6-4(3)

添田くんのウィンブルドン本戦連続出場は、4年で途絶えることになりました。

応援しているだけなのに猛烈に悔しくて仕方がないです。
目前に迫った「もう一度」の姿は、近いようで本当に遠い。
1日だけで3つのタイブレークを落とした本人は、どれだけのものでしょうか。

でも、上手く言葉にはできませんが、添田豪は目先の結果に一喜一憂して腐ったりするような弱い選手ではないと信じています。

添田くんが今回初めてダブルスの予選にトライしたのを知って、私はそれを前向きさの表れだと捉えました。
シングルス、フィッシャー戦終盤での驚異的な粘りは、スコアだけでも貪欲な勝利への意思を感じることができました。

今は運も含めて何かが足りないのかもしれません。でも、泥臭く、目指すところに愚直に突き進む限り、その道を追っていこうと思います。

明日は朝が早いので、今日はこのへんにしたいと思います。


本日、ウィンブルドン予選1回戦!

第2シードとして臨むウィンブルドン予選、本日から始まります。
1回戦が組まれ、相手はマーティン・フィッシャー(174位/オーストリア)と対戦します。

試合は現地時間午前11:00(日本時間19時)からの2試合目。
20時過ぎぐらいからスタートします。

長年添田くんを追いかけている方はよくご存知だと思うこの選手・・・今年3月、ついに初勝利をおさめもう天敵ではなくなっていると信じていますが、こんなに早いラウンドで対戦することになるとは・・・。

記事を飛ばしてしまいましたが、先週のノッティンガムチャレンジャー2はダブルスで準優勝をおさめ、芝コートでの感触はしっかりつかめていると思います。
かたやシングルスではいいところなく1回戦で敗れてしまいました。

相性の非常にいいウィンブルドン、前向きに、ひたむきに試合に臨めればきっと、結果はついてきます!

今日は余りライブスコアを見られないかもしれませんが、念を送りたいと思います。
Go Go ソエダ!!!!!

>>本日のオーダーオブプレイ

——————————

そして、先週のノッティンガムで出ればいいのに・・と思っていた、ダブルスの予選にも挑戦します!
(ウィンブルドンのみ、ダブルスも予選があるのです)

ダブルス137位のDominik Meffert選手と組んで初めてのダブルス予選。
こちらはシングルス4試合の後。日本時間深夜の試合となると思われます。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2021年4月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million