その壁は簡単ではない

ツアー250大会、ヨハネスブルグの2回戦が本日行われました。

vs Karol Beck 6-3 5-7 0-6 で2回戦敗退です。。

ライブストリーミングで見ることができ、今年初めてのリアルタイム観戦になりましたが、絶賛応援する身であっても今日は色んな意味で惜しさを痛感させられた試合となりました。


第1セットは1-1からのサービスゲームで先にブレイクを許しますが、即ブレイクバック。
立ち上がりからしばらくベックの1stサーブはなんと20%ほどで、全く入らないわショットもすぐアウトするわで、添田くんはほとんど何もしなくてもゲームが積み重なっていくような状態でした(笑)
添田くんの1stサーブはこのところ見られなかった確率のよさで、60%真ん中あたりで推移。

そこから変化が現れ始めたのがセット終盤の5-2からのリターンゲーム。
デュースから何度もゲームポイントを握られしのぐ中でダブルフォルトがらみで1回だけセットポイントが訪れましたが、ここを取りきれず、キープを許したのが今思うと流れが変わるきっかけになったのではないかという気がします。

セット終盤、ベックのサーブが徐々によくなり始め、それとともにショットのミスも少なくなっていきました。
相手に反撃ののろしをあげさせてはならない大事な場面で、2連続ダブルフォルトから2ブレイクポイントを与えてしまいます。ここはストレートでキープできましたが、ショットにもちょいちょいミスが出始め、1stも徐々に入らなくなってしまいます。
いやな予感がしつつ第2セットへ。


案の定、セットが変わると相手はしっかり調子を戻してきて、次第に形勢が逆転していきます。

ブレイクポイントこそ与えませんでしたが、第1セットのように相手が簡単にミスをしてくれないので、ラリーは長くなり、最近の添田くんのよさとも言える「ベースラインから下がらずにしっかりボールを捉える」姿は見られず、以前のようにどうも後ろに下がり気味。
ラリーを続けているようでも、どうしてもボールは浅くなり、徐々に攻められる格好に・・・。
そういえば「今のポイントを取る形の理想」であるはずのネットプレイは今日の試合通して一度も見られませんでした。
5-6からのサーブで、一旦30-0としながらもセットポイントを握られ、そのまま第2セットは落としてしまいました。

この2セットを通じて気になったのは、浅くなったボールに対して、ベースラインから大きく中に入ってのフォアの決めショットがことごとくネットだったことです。5本位あったのではないかと思います。

チャンスボールにはミスも多いものですが、序盤のなんだか気の抜けるような展開でちらつき始めた「勝ち」に、必要以上に堅さが出てしまったのかもしれません。


そしてファイナルセット。
立ち上がりが肝心なファイナルセットは2ブレイクポイントを握られるもデュースに戻しましたが、キープを出来ず0-2。そして、次のリターンゲームでは相手のゲームポイントからデュースに追いつくもブレイクできずに0-3。

第2セット後半から5ゲーム連続で取られ、添田くんの集中はそこで切れてしまったようにも見えました。最後はラリーも余り続かず、11ポイント連続で取られてしまいました。


これははっきり言えることですが、今日は勝てる試合でした。
でも、序盤に訪れたチャンスからそこで相手の復調の芽を摘むべきがその調子に合わせてしまい、逆にそのチャンスを与えてしまったのは大きな反省点だと思います。

でも、負けた上で思うのは、今日は決していいプレイだったとは言えないし、相手の不調により勝ちをもらえたとしても、そういう「たなぼた勝利」が新しいステージへの扉を開くべきものではないということです。

プロにとって「勝利」がいかに大切か、それはもちろんよく分かっています。
でも、今日に関して言うと、試合の中での微妙な流れの変化を逃さず、勝利をたぐりよせたベックは見事でした。


ずっと感じていることだけど、壁は想像以上に厳しいです。でも、これまでもこつこつとひとつひとつ階段を上がってきたのです。これからもそれを続けていけばいい。
チャンスはいつでも訪れるし、その時こそそれにふさわしい素晴らしいプレイで扉をこじ開ければいいのではないかと思っています。


少し残念な結果には終わりましたが、今大会はシード選手にも勝て、今年初のツアー本戦でいきなり勝利ととても実りのあるものになったのではないかと思います。
来週は508ポイント。110位付近に浮上です。


来週はイタリアのベルガモチャレンジャーに出場です!
当初エントリーしていなかった50位のセッピ(添田くんと仲がいいんだそうです^^)がワイルドカードで出場することになり、添田くんは第6シードとなりました。

>>ベルガモ公式サイト


元5位のシュットラーに逆転勝利!!!!!

ツアー250大会ヨハネスブルグの1回戦が先ほど終了し、3-6 6-4 6-4 見事に逆転勝利を収めました!!!
シュットラーとはこれが3度目の対戦になりましたが、3度目の正直で嬉しい初勝利!!!


この試合にはライブストリーミングがあったのですが、バカ極まりないことに数日前に友達と映画館に行く約束をしてしまい、試合の時間とまる被りで全く見ることができませんでした。。

Twitterで沢山の人がおめでとうコメントをくださったので、どれぐらいの人が試合を見ていたのかつぶやき検索をしてみたら、未だかつてないぐらいの人数がライストを見ながら試合の実況をしていたことが分かりました。

日本時間で見やすい時間帯にライストがあって、相手が元トップ5の選手であったことが大きく影響していると思います。でも、その中で勝ったのは添田くんの力です!
改めて、ATPツアーで戦うこと、そして勝つことの必要性を実感しました。

これで通算ATPツアー3勝目です!
間違えて認識されている方もいるようなのではっきり書くと、「2勝」ではなく「3勝」です。
今のランキングとキャリアの長さの割にはその数が少ないことは否定できないし、2勝も3勝もまぁ大差はありません。でも、これまでと違って今年はツアーへの出場も多くなりそうだし、これからは勝つ度にいちいちカウントされるのではなく、そこでも勝つことが当たり前になるぐらいになっていって欲しいと思います。

まずは、2回戦でもその勝利を沢山の人に見せ付けて欲しい!!!


ということで、2回戦の相手は、Karol Beck(スロバキア/100位)になりました。

目の前の1戦1戦を大事に戦って欲しいという思いもあるし、最近その数字のことは余り考えないようにしており(先週も達成できていないし。。)、今の時点では多くは書きませんが、この2回戦に勝てば念願の100位突破の可能性があります
ツアー初のベスト8のチャンスも充分ある大事な一戦だし、今まさに乗り越えようとしている100位という相手のランクにも何か縁を感じます。

相手も勝ちに来るだろうから、簡単には勝たせてもらえないと思います。
でも、自分に自信を与えてくれるのは「結果」なんです!!

どうか頑張って!!!!!


2回戦は明日木曜日に入ると思いますが、まだ日程が発表されていません。
各自こちらをご確認ください。
>>公式サイト内オーダーオブプレイ


>>本戦ドロー

>>公式ライブスコア

>>ヨハネスブルグ公式サイト


シンガポールCH準決勝/南アフリカへ

日曜日のシンガポール準決勝は、

vs Lukas ROSOL 4-6 6-7(2) で敗退してしまいました。
本人は優勝を狙っていたようで、それがかなわなかったのは残念ですが、今年初のチャレンジャーでの4強。まずまずの結果だと思います。



準決勝は現地雨天ため別会場のインドアコートで試合が行なわれ、その影響でライブスコアがありませんでした。

日曜日は大好きなジョコビッチの全豪決勝、添田くんの準決勝・そしてそれが勝てば決勝・・・と観戦三昧だわ~(^▽^ と実にテンション高く朝を迎えていたのですが、ライスコがないと分かった時点で出鼻をくじかれネットを彷徨い続け、まず目にしたのは「負けた」という情報のみ。その後本人ブログでスコアを確認しましたが、昨日になってもその試合のスタッツは公開されず、どういう展開になったのかは分からずじまいでした。


代わりにではありませんが、内容についてより分かるものがいくつか見つかりました。

ひとつ目は、日頃情報収集で利用している掲示板 Mens Tennis Forums に書かれていた「観戦レポート」の書き込みです。ちょちょいと和訳してみました。

Rosolのサーブがいいなと感じた。それでもなんとか添田はボールを返し、何度かブレイクに成功した。

添田はポイントの最後をボレーで決めようとしていて、それを時々やっていた。しかし、サーブからポイントを取ることにおいて難のある選手だと思った。なぜなら、もしあなたが6-6までなんとかサービスゲームをキープしたとしても、タイブレークではワンブレイクが致命的になるからだ。

Rosolは添田のサーブに対するジャッジに文句を言い続けたが主審はそれを聞き入れず、かなりイライラしていた。添田はロングラリーでいいグラウンドストロークを見せ、有利に展開したが、Rosolは戦略的に添田のバック側を攻め続けた。それは功を奏したものの、添田は諦めずに食らいつき、第2セットはタイブレークまで行った。

添田のバックハンドとアングルショットは目に見張るものがあったが、それはウィークポイントでもあると思う。彼はフォアでもっとポイントを取っていたのに。

Mens Tennis Forums より このページの#249番の書き込みです)


もうひとつは、何度か紹介してきましたが、今大会添田くんのストリングを担当してくださったみのるさんの観戦レポです。
良かった点と足らなかった点、本当に率直に書いてくださっています。自分のレベルが微妙だと技術的なことも書けないのですが、この分析にはとてもうなずける点がありました。ぜひ読んでみてください。


そして、選手のサポートはそれだけでも大変だろうに、シンガポール滞在中、動画・写真アップやブログでの報告など、日本のファンに向けての発信も行なってくださったサンワテニスアカデミーの方々にはファンとしても感謝してもしきれないし、それだけ期待してくださっているからこそだと思います。

そういう多くの人の期待に応えるためにも結果を出さねば!!!!!


・・・ということで、遠征はまだまだ続きます。
今週はツアー250大会・ヨハネスブルグに本戦から出場です。

1回戦の相手は、第7シードの元5位・シュットラー(83位)になりました。

2005年と2007年のジャパンオープン1回戦で対戦しており、地元の利もあったでしょうがそれぞれ4-6 6-4 2-6/3-6 6-1 2-6 とセットを取っています!
1回戦は月曜・火曜ともに入っていないので、水曜日になると思われますが、疲労もあるだろうけど、もうすぐ35のベテランだしスタミナ勝負に持ち込めば充分勝機はあるのではないかと思います。

シンガポールからわざわざ1日かけての移動です。三度目の正直ということで(笑)、実りのある1週間にして欲しいと思います!


>>本戦ドロー

>>公式ライブスコア

>>ヨハネスブルグ公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million