サンギネッティコーチ、添田豪を語る!

昨日からサイトの右上に動画を表示していますが(PCのみ)、なんとYouTubeのATPWorldTour アカウントが初めて添田くんについての動画をアップしてくれました!!!!!



厳密にはパートタイムコーチであるダビデ・サンギネッティ氏が添田くんについて語っているのですが、添田くんの英語は(日本人には実に聞き取りやすいものの)お世辞にも流暢とは言えない(笑)ので、その方が逆にいいんかしら・・・とか思ったり。

そのなんとなーくの訳をTwitterにつぶやいていたら、添田くん応援仲間のあたごやまさんが、余りにも実際とかけ離れていると思ったのか?全文を訳してくださいました。

選手を最も知る存在であるコーチが語る、ヒューストンの会場で撮影された貴重な最新インタビュー、以下がその全文です!

---------------

Q.サンギネッティさん、どういう経緯で添田選手のコーチになったんでしょうか?

A.引退してから1年後くらいでしょうか、ピストレジがコーチをやってみない?と尋ねてきました。そして最初にコーチしたのが、ヴィンス・スペーディアでした。彼は35歳の選手でしたが、とてもいい成果が出たと思います。65位にまでなりましたし。その後、添田がやってきて一緒に練習できないか、コーチになってくれないか、と。「いいですよ」と二つ返事で引き受けて、そこから関係が始まったんです。
(sabumasa注:ピストレジとはサンギネッティの元コーチで、鈴木貴男選手の元?コーチでもあります。添田くんとサンギネッティ氏の橋渡しになったのはピストレジ氏と言われています)

Q.あなたがコーチになってから、ゲームにおいて添田選手が一番成長したのはどんな点でしょうか?

A.うーん、サーブとフォアでしょうね。サーブとフォアは一緒に相当トレーニングを積みました。いまだにサーブは色々と学ぶ必要があるものの、今はいい状態です。今年はとてもいいテニスができると思います。

Q.添田選手はクレーでもっとトレーニングや試合を行う必要があるんでしょうか?

A.実は、添田はクレーでの経験が余りありません。今大会が彼のキャリアで4大会か5大会目だと思います。なので、彼はクレーでどのようにプレーすればいいのか、まだ分かっていません。すべてが彼にとって新しいことで、まだ学んでいる途中なんです。
(sabumasa注:正確には10大会20試合・・・詳しくは後述)

Q.今シーズン添田選手のランキングがどこまで上がると考えてますか?

A.(困った顔で)うーん、彼にランキングの目標を与えたくないんです、過度なプレッシャーは与えたくないから。でもまぁ、今年の終わりには50位ぐらいになると考えてます。

Q.分かりました。それではあなたのテニス選手としてのキャリアの話に戻りたいのですが、何が一番のハイライトでしたか?ミラノでフェデラーを破ったことですか?

A.(若干嬉しそうに)まぁ、いろんないい試合がありました。世界ナンバーワンも倒したし、優勝もしました。残念だったことはもっといっぱい優勝したかったことですね。

Q.いまも現役時代が恋しい感じでしょうか?

A.はい、そりゃもう。闘争心は今でもありますから。でも、その闘争心を添田に与えていきたいと思っています。

---------------

とまぁ、なんとも深いインタビューです。
あたごやまさん、ホントにありがとうございます!!!


以前から添田くんに注目している人はご存知かと思いますが、添田くんはこれまでほんっとクレーの大会に出ませんでした。

サンギネッティ氏は4~5大会と言ってますが、今調べたら正しくは10大会、20試合。
でもこれは、2005年までの大会が大部分で、2008年1大会出て以来、去年のローランギャロス本戦ダイレクトインが決まるまでクレーのトーナメントには一切出ておらず、プロ選手としてほとんどノーキャリアと言っても過言ではない(笑)

ローランギャロス出場時のインタビューでは、クレーに苦手意識があることを語っていましたが、得意であるハードと芝と比べて、球足が遅いことやスライディング技術など、異質な部分もあるし、ローランギャロスの予選にも1度も出ていないことから推測するに、やはり敬遠していた部分があったんでしょうね。


が、今年はすでに本戦ダイレクトインが確実であるローランギャロスの他に、今週のヒューストン、来週のサラソタチャレンジャー、そして来月のWTCへの出場が発表されています。

去年の今頃は一旦添田くんのコーチングから離れていたので、ふたりにとって今シーズンが初めてのクレーへの挑戦となる訳ですが、ベテランの域になってそれまで苦手だったサーフェイスにいちから取り組むのはとても勇気のいることだと思います。
それだけコーチに対して信頼を置いているということなんだろうし、サンギネッティ氏は現役時代クレーの名手と言われていたようなので、学ぶことも多いのではないでしょうか。

ヒューストンではシングルス・ダブルスともに1回戦で負けてしまいましたが、サンギネッティ氏とクレーに取り組み始めてまだ数日。ファンもそう結果を焦る必要はない。


私が勝手に予感しているだけなのですが、グランドスラム本戦での初勝利はローランギャロスになるような気がしています。そうなるかもしれないし、そうならないかもしれませんが、その時を楽しみに、焦らず新しい挑戦を見守りたいなぁと思います。


切り替えてダブルスへ!(2012ヒューストン)

更新が遅くなってしまいました。

今シーズンクレー初戦となるヒューストン(ツアー250)の本戦1回戦、伊藤竜馬選手と対戦し、4-6 5-7 で敗れてしまいました。

こともあろうか昨晩、目覚ましをセットし忘れ寝落ちしてしまい、起きたら朝の7時前・・・試合はまだ終わっていませんでしたが、第2セット後半で1ブレイクアップの4-3からから追いつかれてしまったところでした。

数ゲームしか見られませんでしたが、今日の伊藤選手は強かったです。
先週ハードの試合で準決勝まで行っていたので、クレーに余りアジャストできないのではと予想していましたが、ストレートの強打やショートボールを上手く使い、クレーらしいいいプレイができていましたね。

添田くんは持ち味の攻めるテニスが余りできていなかったかなぁ。。

猛烈に悔しいですが、個人的にはクレーの試合は、全てローランギャロスに繋がっていくものだと思っています。
最終的にそこでの勝利が得られればいい! 来週以降も前向きに応援していきたいと思います。


今週はその伊藤選手と組んで、ダブルスにも出場します。
今晩が1回戦。この大会にはダブルスの上位選手が余り出ていないということだと思いますが、シングルスのランキングが高くないと本戦から出場することはできません。
ツアーでの初めてダイレクトインできたダブルスの大会、クレーに慣れるチャンスでもあるし、ふたりで頑張って勝利を目指して欲しいと思います!


ハース棄権によりヒューストン予選突破決定

試合を見るために起きたのですが、オーダーオブプレイから名前が消えていて、はて・・・?と調べてみたら、予選決勝の対戦相手だったトミー・ハースが右ひざのケガにより棄権をしたようで、添田くんの予選突破が決まったようです。

ソース https://twitter.com/#!/mensclaycourt/status/189405177097355264

試合はセンターコートで組まれていたのでライブストリーミングがあり、試合を見るのを楽しみにしていたのですが、残念・・・。
ハースに勝つのはとんでもなく大変だったと思いますが、これでぐっすり眠れる・・・という体力面では実に助かる。。



日本時間のお昼ぐらいには本戦ドローの中に組み込まれ、1回戦の対戦相手が判明すると思われます。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million