逆転勝利でデ杯のリベンジ!/明日はフェリロペに挑戦!

ツアー250大会バンコク、本日本戦1回戦が行われました。

vs サンチアゴ・ヒラルド(89位/コロンビア) 3-6 6-1 6-2 と見事な逆転勝利!
フルセットで惜しくも敗れたデ杯のリベンジを果たしました!


私は仕事でライブスコアしか見られなかったのですが、ライブスコア観戦をした人達のツイートによると、第1セットはヒラルドがキレキレで切り崩すのは難しそうと思われたようですが、第2セットになると形勢が一気に逆転。
添田くんのサーブが冴え、左右に振り回してからストレートで決めるパターン、得意のフォアのショートクロス、ボレーも好調・・・と完璧のテニスだった模様。逆にヒラルドはミスが増えてワンサイドゲームになっていったようです。

スタッツを確認すると、第2セット第3セットともにファーストサーブが60%以上入り、そこからのポイントも90%以上。チャレンジャーレベルでも添田くんの試合でここまでの数字はほとんど見たことがないし、この数字がいかに今日のプレイがよかったかを物語っており、先日似た条件で戦って勝っていることが逆に相手の苛立ちを誘い、ミスを引き出していったのは想像に硬くありません。

今大会予選を突破した4選手のうち、添田くん以外はヒラルドを含めて全員初戦敗退。ドローを見た時点ではやりたくない相手とも思いましたが、しっかりチャンスを活かしました!!!


2回戦の相手は大会第6シードのフェリシアーノ・ロペス(25位/スペイン)

全くの蛇足から入りますと、現役ATP選手を代表するイケメンのひとりです(笑)

ロペスはサーブが非常にいい左利きで、今シーズン芝のイーストボーン(ツアー250)で優勝、インドアハードのメンフィス(ツアー500)で準優勝。添田くんにとってはウィンブルドン以来、3ヶ月振りのトップ30との対戦となります。


試合は明日25(水)現地12:00(日本時間14:00)スタートの第3試合に入りました。
前の2試合のうちひとつはダブルスなので、試合開始は日本時間16:30過ぎぐらいからといった感じでしょうか。

明日は休みが入るのではと期待していましたが、これで予選から合わせて4日連続の試合となってしまいました。
厳しい戦いになるかもしれませんが、今日ライバルに圧勝できたことを自信になんとか頑張って欲しいと思います!


>>シングルス本戦ドロー

>>オーダーオブプレイ

>>大会公式サイト


【試合動画あり】逆転勝利でバンコク予選突破!!!!!

先ほどツアー250、バンコクの予選決勝が終わりました。

vs Simon Stadler(1201位/ドイツ) 6-7(2) 7-5 6-4


試合途中でライブストリーミングがあることを知り、第2セット中盤から映像を見始めましたが、相手はサーブが非常にいい選手で、チャンスがないゲームは全くブレイクの糸口もつかめないようなタフな試合でした。
第1セットは先にブレイクに成功しましたが、タイブレークで落とした後、第2セット、ファイナルセットともに先にブレイクを許すかなり厳しい戦いになりました。

その中でも、第2セット中盤以降、相手のサーブが少し落ちてきて明らかにキツそうにしているのが映像からも分かりました。添田くんはいまいち精度がよくなかったのか、フォアバックともにストレートを打つことがほとんどなく、クロス主体の長いラリーになり、時折かなりキツそうな表情を見せていましたが、とにかくよく走れていました。
パッシングの精度がよく、ワイドの厳しい角度のボールがよく決まっていました。

ブレイクポイントは試合を通じて20ありましたが、サーブでしのがれることが多く、根気の必要な試合だったと思うのですが、メンタル的にも本当によく粘ったと思います。


早速試合ダイジェスト映像がyoutubeに上がっていたので、貼り付けておきます。最初の3ゲームです。
(音声はありませんが、臨場感は伝わるのではないかと。。)


ということで、これで見事に予選突破!!!!!

ウィンブルドン、全米に続いて今シーズン3度目の予選からのチャレンジになりましたが、全ての大会で予選突破。
これはかなり凄いことじゃないかと思います!!!!!

29歳になって約20日が経過しましたが、数年前と比べて、劣勢の中でも気持ちを切らさず勝利を掴む粘りに磨きがかかってきている気がします。


本戦1回戦の相手は、先日のデ杯で戦ったばかりのサンチアゴ・ヒラルド(89位/コロンビア)になりました。

デ杯とは違って、チームとホームの後ろ盾はありません。
ヒラルドはサーブがとにかくいい選手だし、バンコクはそれを活かせるインドアなので添田くんの方が少し不利かもしれません。
でも、つい先日戦ったばかりだし、(それは相手にとっても同じことが言えますが)どう戦えばいいのかは分かっているはず。

バンコクは添田くんとは相性のいい大会だと思うので、なんとか初戦突破をして欲しいと思います!!!!!


本戦1回戦は明日現地時間12:00(日本時間14:00)スタートの第1試合に組まれています。

本日予選決勝を戦っていた守屋選手はヒラルドに破れ予選突破はなりませんでした。


>>シングルス本戦ドロー

>>オーダーオブプレイ

>>大会公式サイト


アジアシリーズスタート!/明日バンコク予選決勝

クアラルンプールとバンコクでツアー250大会が来週開催、いよいよアジアシリーズが始まります。
添田くんは例年通りバンコクを選択し、現在予選から出場しています。


予選の出場選手が少ないのか、予選第3シードが付いた添田くんは1回戦が免除となり、今日の2回戦が初戦でした。
先ほどその2回戦が終わり、地元タイのPunn BODHIDATTA(2109位)に 6-4 6-4 で勝利しました。


現在20歳の若手で右利きバック両手・・・ということ以外何のプロフィールも分からなかったのですが、相手選手がATP大会ということで地元の応援を背にノリノリだったかもしれない、などありますが、第2セットはセカンドサーブからのポイントがわずか25%(8本中2本)しか取れていないというのが気になるところです。。第2セットは先にブレイクしながら次のゲームをすぐ取り返されてしまいました。

サーブは確率もよく、ファーストサーブからのポイントは第1セット88%/第2セット76%の確率で取れ、両セットとも4-4からのリターンゲームをしっかりブレイク。力の入れ所をしっかり押さえた試合はできたのかもしれません。


対抗シードは関口選手でしたが、明日の予選決勝はそれを1回戦で破ったSimon Stadler(1201位/ドイツ)との対戦になります。

シングルスのランキングは低いですが、現在は試合をほぼダブルスに絞っており、ダブルスランキング60位。
キャリアハイは2009年の140位で、年齢は添田くんとひとつしか違わない30歳です。ある意味、関口選手よりも全然やりにくい選手かもしれません。。

明日の決勝、しっかり勝ちきって本戦の切符を掴んで欲しいと思います!

その他の日本人選手は、守屋選手が予選第5シードで出場。現在予選2回戦を戦っているところです。


>>バンコク予選ドロー


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million