継続は力なり

錦織選手、ジャパンオープンで優勝しましたね!
日本の大会で男子としては初優勝なんだそうです。おめでとうございます!!!!!


これは日本テニス界にとってものすごく喜ばしいことなんだろうと思います。
でも個人的に思うのは、ジャパンオープンでなくてもいいから、日本のテニスで育ってきた選手にいつかツアーで優勝して欲しいということです。
メディアによる偏重的な報道がされたり、特定の企業だけが潤うのではなく、それがもっともっと大きな意味で日本のテニス全体に希望と元気を与えることになると思うから・・・。

今週は私がこのブログを立ち上げた時の初心を妙に思い出す1週間でもありました。

------------------------------

という中、錦織選手の優勝が決まった瞬間に始まったマスターズ1000上海の1回戦ベルダスコ戦ですが、 2-6 4-6 で敗れてしまいました。


ブレイクポイントは双方同じく6本でした。チャンスは何度もあったんです。でも、ブレイクできたのは添田くんアドバンテージでベルダスコがダブルフォルトを犯した1回それっきりでした。
最近戦っている相手は、言うまでもなくこれまでの相手とは比較にならないほどそこからキープできる力を持っている。チャンスは何度も訪れない、だからこそサービスキープが大事になってくる。

今日はダブルフォルトが5本ありました。これだけ多いのはこのところではなかったような気がします。
第2セットはセカンドサーブからのポイントがわずか38%でした。添田くんはもともとファーストサーブの確率がスタンダードとして余り高くないので、チャレンジャーならストロークから自分の展開に持っていってポイントに繋げることもできましたが、それで強豪選手たち相手にキープしていくのは難しいと思います。。


でも、ベルダスコよりも勝っている部分もありました! 第1セットのセカンドサーブからのポイント率は上回っていたし、第2セットでファーストサーブが入った時のポイント率も添田くんの方がわずかながら高いんです。


今のステージで対戦している選手たちがいくら自分のテニスを出し切ったからといって勝てる相手ばかりではないし、むしろ勝てない試合の方が多いかもしれません。
だから、敗戦のひとつひとつにいちいち過剰に反応したり心配したりしない、長期的な視野が欲しいなぁ、と。自分が(笑)


今シーズンエントリーが確認できている大会は、

10月15日週 ストックホルム(ツアー250) 本戦ダイレクトイン
10月22日週 バーゼル(ツアー500) 本戦ダイレクトイン
10月29日週 パリ(マスターズ1000) 本戦Alt 12番でエントリー

パリはこの位置だと本戦繰り上がりはさすがに難しいでしょう。マスターズは本戦とは別に予選へのエントリーが必要ですが、まだ締め切りになっておらず、予選に出場するかは不明です。
この後にあるチャレンジャーに出るという選択もあるかもしれませんが、ツアーは多くても残り3大会です。いずれもノーシードとなることは間違いなく、過去最多大会に出場しているシーズンももう大詰めで満身創痍ではあると思います。厳しい戦いが続くことになるかもしれません。


でも、ブログで書いたポジティブな気持ちを忘れずにどうか踏ん張って欲しいと思います。

努力は絶対に裏切らないです!

こんな精神論じゃなくてもっとちゃんとしたことを書きたいのですが、今はそういう言葉しか思い浮かばないんです。


上海マスターズ本戦。1回戦ベルダスコ戦は今日17:00過ぎより!

添田くんにとってマスターズ(かつてのマスターズシリーズも含めて)初めての本戦となる上海。
今日から本戦が始まり、早速1回戦が組まれました。


対戦相手はフェルナンド・ベルダスコ(23位/スペイン)です。

本戦のセンターコートオープニングマッチに組まれ、試合は本日10/7(日)現地時間NB16:00(日本時間NB17:00)に入りました。
今のところライブストリーミング情報は出てきていません。


錦織選手がジャパンオープンで決勝に進出、日本のテニスファンにとっては待望の瞬間が目前に迫っていますね。

準々決勝のベルディヒ戦を生観戦しましたが、ホームの割れんばかりの声援を後押しに完全にゾーンに入ってしました(笑)
過剰な期待を背負うことになる日本の大会でこれまでなかなか勝利を収めることができませんでしたが、今大会どこか吹っ切れたようなものを感じます。


という、今日はジャパンオープン注目の決勝戦ですが、絶賛添田としては上海本戦1回戦の日です。

今週もブログ更新なしか~と思っていましたが、木曜日の上海出発前にひょっこり更新をしていました。
添田くんは錦織選手躍進の最大の立役者にして最大の被害者かもしれません。でも、良くも悪くも色んな貴重な経験を与えてくれただろうし、それを前向きに捉えようとしているのが言葉の節々から伝わってきます。


ツアーに身を置き始めて約5ヶ月。
ノーシード選手として、チャンスドローが訪れることもなくそれ相応に厳しい戦いが続いています。でも、それだけレベル自体が上がってきたことに他ならないですが、「いい試合ができるかもしれない」「勝てるかもしれない」と思える相手ランクが以前と比べて明らかに高くなっている気がします。

今週のような(私にとっては二度と経験して欲しくないと思う)試合の全てを糧にしていって、来るべきチャンスが訪れた時、それをもぎ取れるように力を身につけておいて欲しいと思います。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million