絶賛添田グルメ探訪 第2回: うなぎ料理 吉野屋(愛知県安城市)

文字通り、添田くんがFacebookなどで紹介する食事処に実際に行ってみる企画。

かなり久しぶりの更新となりますが、今回は、絶賛添田というよりも絶賛日本人派グルメです。
うなぎ料理 吉野屋(愛知県安城市)です。

これ、実は去年豊田チャレンジャーに観戦に行った時に行ったお店なんですが、記事作成が終わらぬまま、タイミングを逃しに逃して1年が過ぎてしまいました・・・汗
ので、明日から今年の大会が始まる前にバババっと仕上げますw



昔ながらの食堂といった外観で、店内もとても懐かしい感じがする内装でした


例年豊田チャレンジャー期間中、日本人選手やコーチ達が団体で訪れる行きつけのひつまぶし屋さんです。例年、この時期に色んな人のブログでそういうお店を見かけたことがある方も少なくないのではないでしょうか。
もちろんそれらの写真には添田くんも写っているし、去年のこの時期、添田くんのInstagram(今やっている公式ではなくかつてのアカウントなので今は確認することはできません)でもこのお店にいった写真がアップされていました。

写真を載せる選手たちはいても誰も店名を書いておらず、捜索は結構難航したのですが、去年、せっかく豊田まで行くのだからと使っているお皿や急須、お盆といったお店を特定できるのではないかという食器類をヒントに、食べログで写真を調べまくり見つけることに成功したのです(笑)

気になる味は?

デンマークまぶし(税込3,564円)


お店がちゃんと開いているかを確認するために念のために電話をすると、焼くのに時間がかかるから目安の到着時間を教えてもらえればといった感じのことを言われました。

そして注文したのは、彼らが食べているものと同じ一番高い「デンマークまぶし」というもの。
なぜデンマークなのかというと、お店のホームページによると大正時代、安城市は日本のデンマークと言われていたそうで、それを由来にしているのかもしれません。
税込3,564円で食にあまりこだわりのない身にはちょっと構えてしまう値段なのですが(笑)、せっかくお店を探してきたのだから皆と同じものを食べないと意味がないということで、旅先の勢いこれを注文することに。

なかなかものすごいボリュームで食べるのが大変でしたが、彼らと同じものを食べているのね・・・とありがたがってゆっくりゆっくり味わって食べました。
うなぎは脂が乗っていて言うまでもなく美味しく、写真にもある通り、わさびも添えられていて、味にアレンジを加えながら飽きずに食べ進めることができます。


〆は無花果茶をかけて。食べかけのお椀なのでちょっと汚いですがあしからずw


そしてこのお店の面白いところは、〆のお茶漬け用に用意されているのが無花果茶なんです。
これも安城市の名産のようで、甘いいちじくのお茶とひつまぶしが果たして合うのか・・・?と疑心暗鬼でお茶漬けにしてみると、脂の乗ったうなぎでヘビーになってきた胃を優しい甘さで包んでくれるというか、ひつまぶし単体で食べるのとは全く違ったさわやかさがありました。
これでまたサラサラ食べることができ、まさに〆にぴったりな絶妙な組み合わせだと思いました。

お店情報

お店の場所は、大会の会場である豊田スカイホールの最寄り駅のひとつである豊田本町から電車を乗り継いで片道約30分、JR東海道本線の安城駅から徒歩5分ぐらいのところにあります。
もはや豊田市でもないので少し遠いのですが、もし遠方から豊田に観戦に行かれる方は、せっかくの旅の想い出に足を運んでみるのもいいではないかと思います。

そして、明日から豊田チャレンジャーも本戦。
今年もまた選手やコート達のブログに登場するかな?と期待しています。


>>うなぎ・御料理 吉野屋 ホームページ


絶賛添田の聖地!? ほったらかし温泉(山梨市)

台北チャレンジャー準決勝の記事を飛ばしてしましました。

気分としては先週に続いて憤慨が高まってしまった訳ですが、ミュラーについては正直なところ「さっさとポイント稼いで一刻も早くツアーに戻ってくれ」というのが本音なので、もう何も言いません・・・。

準決勝での添田くんは、このところではほとんど見たこともなかったバックハウンドをかなり多く打っていて、ダウンザラインも1~2本決まっていました。一切の迷いも見られないようなキレのあるショットからは程遠かったかもしれませんが、それでも試合でミスを恐れずどんどん打っていってほしい。ショットの多彩なバリエーションがあって初めて好調のフォアがより機能する訳ですから。

今週は韓国に移動して、金泉チャレンジャーに出場します。
そしてついにミュラーと反対側のドローに・・・(T▽T)

これについては追って記事を立てたいと思います。

------------------------------

さて、本題です。
ゴールデンウィークということで、昨日、日帰りで山梨に行ってきました!

行き先は山梨市にある「ほったらかし温泉」。
年間45万人も訪れる東京近郊で人気日帰り温泉スポットなので、ご存知の方も多いかもしれませんが、私がこの場所を知ったのは添田くんのブログがきっかけでした。

その記事を遡ってみると、2010年の春にトレーニングを兼ねて久々に国内フューチャーズに出場した時、甲府フューチャーズの合間を縫って、体を癒やしに行ったとのこと。
http://www.tennis-navi.jp/blog/go_soeda/017698.php

しかも、今週もう一回は行くかも・・・と書くあたり、よっぽど気に入ったんでしょうね(笑)


そんな訳で、絶賛添田の皆様には山梨に行かれた折、もしくは東京近郊にお住まいであればぜひ来週末にでも(爆笑)チェックしておきたいスポットと言えるでしょう。

ゴールデンウィークということもありますし、今回は趣向を変えて、勝手に「絶賛添田の聖地」であるこちらを写真を中心にご紹介したいと思います。


12

2

2つの施設があり、広さが2倍あり日の出前から営業している「あっちの湯」、元湯と言える「こっちの湯」。いずれも露天風呂です。

山の上にあるので、夜は甲府盆地の美しい夜景と星空を両方見ることができる。昼間は雲っていなければお風呂に入っている視線そのままで富士山が超見えます!
露天風呂にも色々ありますが、三方を壁やつい立で覆われたりしていないので、ここまで自然の中でお風呂に入れる場所はそうそうないのではないかと思います。

それぞれ熱いお湯とぬるいお湯とに分かれているので、温泉っぽさを追求するには熱い方、ゆっくりお湯に浸かって大自然を満喫するにはぬるい方・・と使い分けができます。


3

温泉上がりの牛乳(笑) 分かりますかね、左側には富士。

昨日はすごく天気がよかったので、本当に綺麗に見ることができました。それと同時に、ただでさえ風呂上りの牛乳は美味しいのに、富士を見ながら飲むなんてこれほど格別なことはありません!


11

左はほったらかしさん名物の温玉あげ。なんと130円!右はぶどう&バニラのソフトクリーム。

施設外になりますが、ほうとうやカレー、揚げ物などなど、簡単な食事処や休憩所があって、食べては温泉、食べては温泉・・・と、まる1日過ごすこともできるかもしれません(笑)



唯一の心残りは、昼間に行ってしまったので、一番の見所である夜景を見られなかったこと。
次行く時は、夜を狙っていきたいと思います!

詳しくはほったらかし温泉のホームページをチェックしてみてください!

>>ほったらかし温泉 ホームページ


【新連載】絶賛添田グルメ探訪 第1回:框家(渋谷区恵比寿)

このネタは前々からやろうと思っていて、2つほどお店のストックもあるんですが、シーズン中はどうしても試合優先になるのでタイミングを逃し続けてしまい。。


という中で先日新たに開拓したのを期についに始動とあいなった新連載。
文字通り、添田くんがブログやFacebookなどで紹介する食事処に実際に行ってみる企画です。
不定期になることは間違いありませんが、新規に紹介店舗が増える度に折を見て訪問し、記事をアップしていこうと思います。


記念すべき第1回目は、10月にFacebookで紹介していた、「日本にいる時はここでご飯食べてます!!」という框家(渋谷区恵比寿)です!

P1050944


先週のHEAT JAPANの初日の夜、添田くんの応援仲間の方と忘年会を兼ねて行ってきたのですが、路地の分かりにくいところにあるお店でありながら、狭い店内とはいえ満席の大盛況でした。

オーダーを担当してくれたバイトさんは時々しかシフトに入っていないそうですが、2度見たことがあると言っていました。


そして驚くべきことに、横の団体さんの中になんか見たことがある人がいるなぁ・・・とチラチラ横目で見ていたら、なんとその中にテニス観戦仲間さんが!!!!!
彼女は添田ファンではなく、その団体の中にもひとりもファンはいませんでしたが、なんと添田くんのFacebookでお店を知って来たのだと(爆) 私もそうですが、皆意外と選手の情報はチェックしてるもんですねぇ。。


さて、気になる料理ですが、鳥料理をメインにした和食の居酒屋で、串焼きや串揚げをはじめ、炉端焼きなどなど見た目にも食欲をそそる美味しい料理ぞろいでした。

食べるのと話に夢中で写真をほとんど撮っていないのですが、どの料理も居酒屋メニューとしてはオーソドックスでありながら個性的で、

Bbc74tgCcAEgES8.jpg large

こちらはまず出てきた前菜的料理。左はそのようには見えませんが、ポテトサラダ。ウスターソースがかかっていて、これが意外と合う!

BbctvBcCcAA6ca_.jpg large

続いて絞めのラーメン!これは0.5人前です。(ホントに全然撮ってない・・笑)
ラーメンはこのお店の売りメニューでもあるようで、山系の出汁と海系の出汁があり、味も選べます。
この写真は山系出汁のみそラーメンです。


3人で行ったのですが、人数に合わせて個数を調節してくれたりと、細かなサービスも行き届いていて、少人数での飲みにはいいんじゃないかと思います。もちろん宴会メニューもあります!
値段は意外とリーズナブルで、添田くん行きつけのお店ということも相まって大大満足でした!


忘年会シーズンに・・と書くには少しアップが遅くなってしまいましたが、新年会でもそれ以降でも、オススメのお店です!
かなりの人気店のようなので、週末行かれる場合は事前の予約をオススメします!


>>框家 食べログページ


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million