ほろ苦い準優勝

慶應チャレンジャーの決勝戦エブデン(95位/オーストラリア)との対戦は 6-2 6-7(3) 3-6 で惜しくも敗れて、準優勝という結果になりました。


途中までは波に乗らないエブデンと全開好調の添田くんのテニスが見事にかみ合う格好で圧倒し、第2セットは2ブレイクアップの4-1からのサーブというところまで行き、勝利まであと一歩でした。ファイナルセットも3-1とリードしていたのですが、後半はサービスに苦しみ、集中が切れたような終盤を象徴するかのように、最後はダブルフォルトという幕切れでした。。

P1050830



これまで沢山の試合を生で見てきましたが、メンタル的にはここまで崩れてしまった試合は初めてかもしれません。
会場にいた人やライブストリーミングを見ていた人は、試合後の怒りを爆発させた姿も見ているかもしれないですね。


ただ、これまで見たことのない一面に驚いたのと同時に、そういう姿はたまたま自分たちが目にしたことのないものだったのかもしれません。

例えばジャパンオープンやデ杯で勝ち負けを超えてその時々の全身全霊のプレイを我々ファンは見てきました。
私にとっても添田くんのベストマッチは、去年のデ杯クロアチア戦ドディグ戦、そして2010年のジャパンオープンモンフィス戦です。全身全霊をコートにぶつけるその姿に感動したとか圧倒されたとか、色んな感想を持った人も多いんじゃないかと思います。


これまで、海外でライブスコアでしか分からない敗戦には、終盤失速してしまった気になる負けも幾度となくありました。
私達ファンが知らないだけで、今日のような試合も何度もあるのかもしれません。

勝利への渇望は一面では語れるものではないんだと思います。上のような試合を仮に「光」だとすると、今日の試合は「影」だったのかもしれません。

P1050866




先ほど、本人ブログが更新されていました。
勝利目前まで来て、自ら手放してしまった負けは、本当に本当に悔しいものだと思います。

でも、きっと来週はまた頑張ってくれると思います。
今日は結果には結びつきませんでしたが、添田くんはいつも通りのよく走るテニスで体調の不安を全く感じさせないものでした。体調はもう大丈夫なんだと思いました。


泣いても笑っても今シーズンはあと1週間。
今日の悔しさを来週コートにぶつけてきて欲しいと思います!

------------------------------


豊田チャレンジャーは第2シードとして出場。1回戦はMate Pavic(366位/クロアチア)との対戦になります。
ダブルスは井藤選手と組んで出場です。

明日は単複とも試合が入らなかったので、まずは少し疲れを取って明後日以降また頑張って欲しいと思います!

>>シングルス本戦ドロー


>>大会公式サイト


色んなものがかかる慶應チャレンジャー決勝戦、正午から! 《ライストあり!》

昨日更新しようと思ったのですが、昨日は現地観戦にスクールにと大移動でとんでもなく疲れてしまい、気がついたら朝でした・・・。


という訳で、今週復帰戦となる添田くんは磐石なテニスでここまで全てストレート勝利で決勝戦に勝ちあがっております!

決勝の相手は第1シードのマシュー・エブデン(95位/オーストラリア)となりました。

エブデンは今シーズンチャレンジャーを中心に安定してポイントを稼いでおり、昨日3試合見ましたが、ふたりとも他の選手と比べて明らかに実力が抜きん出ているという印象でした。
昨日までとは全く違うレベルでの戦いになるのは間違いないと思います。

決勝戦は本日正午から慶應大学日吉キャンパスの蝮谷コートで行われます。今さらそれを書いても・・・というのもありつつ、その試合を大学コートという間近な環境で、しかも無料で見られるのです。
近郊の人はこれは行くしかないでしょう!!!


今大会はセンターコートを中心に大会側が公式にライブストリーミングを実施しています。
遠方で行けない方はぜひ映像で応援しましょう!(ライブストリーミングはこちら 今週開催の他のチャレンジャーと並んでタブが出ているので、Yokohamaを選んでください)

>>大会公式サイト

------------------------------

ここまで来たら勝つしかないので、今日の試合がどれだけ重要なのかということを書いておこうと思います。

決勝まで来たからにはもちろん勝って欲しい!!!というのは言うまでもなくあることなのですが、ご存知の方も多いと思いますが、今日の試合にはふたつのことがかかっているのです。


今日勝てれば添田くんは4月以来、7ヶ月振りのランキング2ケタに復帰します。そして同時に、来年の全豪本戦ダイレクトインも確定します。(94位付近に浮上します)
現在の最新ランキングで添田くんは114位。昨日までの勝利で48ポイント獲得しており、それを踏まえて明日付けのランキングは最低でも106位になることは決まっています。
ちなみにこの106位というのは非常に微妙なランキングで、例年の全豪本戦カットラインのまさにボーダーライン上になるのです。

明日から始まる豊田チャレンジャーにも出場することになっていますが、現在の添田くんは病み上がりでベストの状態とは言えない中、要所でギアを上げる巧さでここまで勝ち上がってきました。変な言い方かもしれませんが、今は多くのことを望まず、無理だけはしないで欲しい・・・という謙虚な応援姿勢でありたいのです。
だから、勝てる時に勝って欲しいとも思うし、個人的には今週充分な結果を出せたのであれば来週は無理せずスキップしてもいいのではないかと思っています。


とにかく、勝てる時に勝つ!ということで、今日勝つしかないのです!


4年振りの出場!慶應チャレンジャー/明日13時からサイン会も!

明日から慶應チャレンジャーが開催されます。


各地で毎週開催されているチャレンジャーですが、今シーズン残るは今週と来週を残すのみ。
横浜→豊田と移動も楽な2週が続くこともあり、今年は例年になくハイレベルな選手が揃いました。

数年間大会が開催されていなかったこともありますが、添田くんは2009年以来4年振りの地元大会への出場となります。
この大会は、第3シードで出場です。


ウイルス性腸炎により全日本を欠場し、心配されていた添田くんですが、今日は練習で会場に登場。
午前、午後と練習を行ったようです。
Twitterにアップされていた各種写真によると、サンギネッティコーチも帯同しているようです。

月曜日に1回戦は入らなかったので、試合は火曜日以降になると思います。
まだまだ万全と言える状態ではないかもしれませんが、体調さえ回復すればいい一時的な症状なので、調子は1日1日よくなっていくと思います。出るからには今できるベストを尽くして欲しいと思います!


慶應大学の庭球部学生たちが中心となって運営されている今大会。
会場での大会運営自体以外にも、公式Twitterやライブストリーミング、充実のブログ記事など、国内の他チャレンジャーと比べて周辺情報が豊富で、遠方の人も含めてファンにはありがたいことです。

私も近場ということもあり、この大会は2009年、去年と観戦に行っています。
今年も週末は行くつもりです!

大会Twitterによると、明日11月11日の13時から添田くんのサイン会も開催されるそうです。


>>大会公式サイト

>>シングルス本戦ドロー

>>大会公式ブログ
2009年出場時、学生による添田くんインタビューがブログに掲載されていました。
 現在の取り組みにも通じる、興味深い内容になっているので、ぜひチェックしてみてください!


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million