シングルスとダブルスのスコア

更新遅くなりましたが、昆明チャレンジャーの単複1回戦が昨日行われました。

シングルス1回戦 vs サミュエル・グロス(208位/オーストラリア) 6-7(4) 6-7(1)
ダブルス1回戦(W/内山選手) vs DE VOEST, Rik / GUCCIONE, Chris 7-6(5) 7-6(6)


シングルスは2セットともタイブレークで敗れてしまいました。

今日はライブスコアもほとんど見られなかったので、書けることも余りないのですが、今スタッツを見ながら気付いた点を書いていくと、予想通りというか、試合をエース通じて17本も叩き込まれてしまいました。単純計算すると1ゲームに1回以上という計算ことになります。
相手にファーストサーブを入れられてしまうと、ほとんど手が付けられない状態だったことが予想できますが、その確率は第1セット60%/第2セット51%とそれほど高くなく、第2セットでセカンドサーブになった時は55%のポイントを取ることができています。
ただ、この試合に関していうと、こちらのセカンドサーブからのポイント率はもっと悪かったようです。

第2セットは2度ブレイクに成功していますが、いずれも先にブレイクを許した後すぐのブレイクバックでした。厳しい状況の中で勝ちを諦めずに食らいついていったのはさすがだなと思いつつ、ブレイクできたからこそブレイクされてしまったことが本当に悔やまれます。

いつも以上に自分のサービスゲームに対するプレッシャーがかかっていたであろう状況で、キープができない/ポイントが競ってしまうことは致命的です。タイブレークのポイントにその差が出てしまいました。


でも、添田くん本人にとって反省すべき点/課題点もきっと多かったのではないでしょうか。
少し時間を置いて行われたダブルスのスコアからそれが見てとれます。

今週と来週帯同している越智コーチがSanwa Tennis Academy Singaporeのブログに言葉は多くありませんが、試合のことにほんの少し言及しています。


これで、ウィンブルドンへの本戦ダイレクトインはまず不可能となりました。
勝てなかったことは仕方がないので、勝ち残っているダブルスでひとつでも勝てるように、そして来週の釜山チャレンジャーに向けて前向きに頑張って欲しいと思います。


昆明CH 1回戦は明日午後/最速サーブのグロスと

一時帰国からの復帰戦となる昆明チャレンジャー、第5シードで出場します。
明日、1回戦が入りました。


相手はサミュエル・グロス(208位/オーストラリア)です。
グロスと言えば昨年の釜山チャレンジャーでサーブの世界最速記録263kmをたたき出した選手で、とにかくそのサーブが脅威ですが、添田くんとグロスは去年の平果チャレンジャーで対戦があり、その時は添田くんが7-6(3), 6-3で勝利しています。その試合のスタッツを確認すると、ワンチャンスを活かして唯一のブレイクポイントをものにしており、逆に添田くんは9度のブレイクポイントを全て凌いでいます。

こういう選手と対戦する時に大切なのは、とにかくワンチャンスを活かすこと、そして自分はブレイクされないということに尽きるでしょう。


今回の大会は標高1850メートルという高所での開催で、とにかくボールが飛びまくっているようです。

予選初日のライブスコアを見て、随分ダブルフォルトが多いな・・・と思って予選全28試合のダブルフォルト数を数えてみたら、なんと220本でした。今日行われた本戦1回戦の3試合だけでも31本。どれだけボールがコートに入らないかというのを実に顕著に物語っています(笑)
ちなみに、予選で出たエースは268本で、試合によってはひとり10本ぐらい打ったりもするのでこれで多いとも少ないとも言えません。


ちなみにグロスの今年の全豪予選1回戦の映像がありました。

サーブはもちろんいいのですが、その他のプレイに非常にムラがあり、気性はかなり粗いようです。

ボールがよく飛ぶことがどっちに転ぶのかはなんとも分かりませんが、自分のサービスゲームでは我慢が必要なのはこういう選手と対戦する上でいつもと同じ。
辛抱の試合になると思いますが、頑張って欲しいと思います。


試合は明日の現地時間午前10時(日本時間午前11時)スタートの3試合目に入りました。
日本時間14時ぐらいから始まるのではないかと思われます。

>>5/7(火)のオーダーオブプレイ

>>シングルス本戦ドロー


再始動!

先ほど本人ブログの更新があり、明日、来週出場する中国・昆明チャレンジャーに向けて出発するそうです。

Sanwa Tennis AcademyのFacebookによると来週と再来週(釜山チャレンジャー)の2大会と越智コーチが帯同をするとのこと。越智コーチと試合に臨む時の添田くんは、遠征のどこかでしっかり結果を出してきました。
プレッシャーをかけるつもりはありませんが(笑)、このコンビに期待をしたいと思います!


ブログ記事によると体調はもうすっかりいいようで、練習・トレーニングもしっかりこなせているようですね。
実戦と遠征でのシビアさは全く違うと思うので、実際また遠征が始まったところでの不安がファンとして全くないと言ったら嘘になりますが、「気持ちもリフレッシュできて考えたからには行動する」という言葉を信じて前向きに応援していきたいと思います!


来週は復帰戦となりますが、前回の記事にもチラっと書いたのだけど、実はとても重要なトーナメントです。

というのも、来週の結果が反映される5月13日付けのランキングをもってウィンブルドン本戦のエントリー受付がされるからです。
現在の添田くんのランキングは114位。今のままではウィンブルドンは予選からになります。

もちろん、今の実力であれば予選も突破できると信じていますが、グランドスラムの予選は本当に何が起こるか分からないし、できればなんとか本戦に滑り込みたい。

本戦欠場者、プロテクトランキングを使ってエントリーしてくる選手がどれだけ出るか分からないので、それらを考慮すると105位以内を死守したいところですが、そのためには今のランキングで換算すると25ポイントは必要です(もちろん前後選手のポイントも変動していくので目安としてですが)。
25ポイント以上を125,000$大会の昆明チャレンジャーに換算するとベスト4(40ポイント)。


大会エントリー当時、上から3番目のランキングでしたが、今週月曜付けのランキングで下がってしまったので、出場選手の変更がない限り、おそらく大会第5シードになるのではないかと思われます。

いつだって1戦1戦が大事なのは言うまでもないことで、目先のポイントのことに囚われることにより自分のあるべきプレイを見失うような経験の浅い選手でもないし、とにかく自分のテニスに自信を持って戦って欲しい。
思うのはそれだけなのですが、状況としては今そういう局面にあるということだけ書いておきたいと思います。


週末本戦ドローが出たところでまた詳しく書くことにします。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million