少しは光も見えてきた・・・のだろうか

先ほどノッティンガムチャレンジャー2の準々決勝が終わりました。

vs Rik DE VOEST(163位/南アフリカ) 6-3 1-6 3-6


今週2試合は逆転勝利でここまで勝ちあがってきましたが、今日は逆に逆転で敗れてしまいました。

今日はライブスコアしかなかったので、状況などは全く分からないのですが、ポイントが拮抗した第1セットは取ることができましたが、第2セットはスコアの上で相手が一気にギアをあげてきたような印象で、ご覧のような形に。
ファイナルセットは中盤まで双方全く危なげない中でキープゲームが続いていたんですが、2-3からのリターンゲームでこの試合安定していたファーストサーブが突然入らなくなり、ブレイクを許してしまい、そのゲームが致命的となってしまいました。。
その後の2度のリターンゲームはいずれもブレイクポイントがあったのですが、取り返すことはできませんでした。


試合を全く見れていないので、スコアの上での印象なのですが、第2セットはともかくとして、本来の添田くんに大分近いような試合運びはできていたのではないかと思います。

結果はともかく、このスコアをどう解釈するかは人それぞれ違うと思いますが、私の個人的な感想を言うと結構ガックリきているかもしれません。。
今日の相手はチャレンジャーレベルでは安定して結果を残しているベテランで、これまでの2試合の相手とはレベルも全く違うものだったと思います。今日勝てれば復活に近づいていると言えるだろうと思っていましたが、一歩及ばずでした。。


でも、今週ふたつ勝つことができたことで、3ヶ月半振りにポイントを獲得することができました。
シビアなことを言うと、ひとつの季節でたった15ポイント。来月には90ポイントの大量失効が待ち構えており、悠長に復活を待ちわびている時間はありません。

それでも、とにかく前を向いていくしかない。
ひとつのゲームが試合を決めてしまった・・・という、以前の敗戦記事に書きがちだった展開に持ち込めたということだけでも、長い長いトンネルの先に光があることが見えてきたのかもしれないし、それさえ見えなくなってしまっていたこれまでと比べて大きな進歩だと、前向きに捉えたいと思います。


今日は雨の影響で試合進行が大幅に遅れていますが、昨日途中順延になったダブルスの2回戦がまだ残っています。
スコアは、第1セットタイブレーク途中、スコア *3-4。


次のトーナメントはウィンブルドン、今回は久しぶりの予選からになります。
そこに繋がる何かを、まだダブルスも残っているこの大会で掴んで欲しいと思います。


昨日に続いて逆転勝利!準々決勝進出!

本日行われたノッティンガムチャレンジャー2 2回戦

vs David RICE(501位)3-6 6-1 6-2

昨日に続いての逆転勝利です!!!!!


出だしはやはり今日も全くフィットしていない感じで第1セット一時0-4までになってしまいました。

その中で今日悪くないなと感じたのがフォアと前後に対する反応でしょうか。
左右に振られた時にボールにしっかり入れないのか打ったボールが大きくサイドアウトしてしまっていたのですが、ドロップショットなどでネット前に打たれたボール/ロブなどで後ろに走らされるボールに対してはしっかり反応ができていたと思います。という訳で、いつもならアドサイドに来るボールはバックの打ち合いに持ち込むところを、今日は相当数フォアに回りこんで打っていました。一時はフォアしか打ってないんじゃないかというぐらい・・・(笑)

第2セット以降、ショットの質が戻ってくるということはなかったものの、粘り強く打ち合えていたし、相手のミスが増えてきたことにも助けられたのもあるかもしれません。
第2セットはファーストサーブが入った時のポイントの86%/セカンドサーブからは63%、ファイナルセットはファーストサーブの81%/セカンドサーブの56%ポイントが取れ、両セットで与えたブレイクポイント5回全てしのぎ、後ろ2セットは今日のコンディションなりの戦い方を見つけて、試合として上手くまとめることができました。


バックは結局終始入れにいっているような感じでしたが、アド側深くに打ち込まれ、苦し紛れに打ったどクロスのパッシングが綺麗に決まるいいポイントもありました。
その時添田くんからは、ツアーでは滅多に見せないような大きなガッツポーズも出ました!
ここぞの時にそうやってポイントが取れれば、その積み重ねが徐々に自信を呼び戻してくれるんじゃないかと思うんです。


ファンというものは勝手なもので、昨日の勝利をきっかけにスランプから脱することができるんじゃないか・・・なんて安易な解決を望むものですが、もちろんそんなに簡単ではないと思います。
でも、調子が悪いなりにもしっかり勝つことができれば、今日の課題を練習に持ち帰って次の試合に活かすことができる。調子悪いなりの勝ち方を持つことはとても大事なことでもあります。とにかく今は勝利が何よりの薬だと思います。


これで準々決勝に進出!

相手が杉田選手になる可能性もあったのですが、残念ながら今日2回戦で敗れてしまい、相手はRik DE VOEST(163位/南アフリカ)になりました。

今季一時は350位にまでランキングを下げていましたが、春先にチャレンジャーとフューチャーズで勝ちまくり一気にここまで戻してきています。


いずれにしても、昨日の今日のレベルのテニスでは添田くんにはとても勝ち目はないような気がします。
とにかく一球でも多くボールを相手コートに返すこと!それができれば、そこから何か足がかりをつかめると思うし、添田くんにはそれだけの引き出しがあると思います。

ただ今ダブルス2回戦の最中で、第1セットタイブレーク途中、スコア *3-4 のところで雨天中断となっています。
雨は少し長引きそうで、今現地時間17時を過ぎたところ。今日の再開はできるでしょうか・・・?


【超速報】 大きな大きな逆転勝利!!!!!

ノッティンガムチャレンジャー2 1回戦 vs Adrien BOSSEL(375位/スイス)、ただ今 1-6 6-2 5-2 相手サービスゲームのデュースところで雨天中断となってしまいました。


立ち上がりから添田くんは簡単なラリーですぐミスしたり、足も全く動かず、体のバランスも崩れていてもうボロボロ、第2セットも0-2と先にブレイクを許し、特にバックを打つことを怖がっているようにも見えるし、なんというかもう正直見るのも辛いほどでした。。

ところが、そこから添田くんは意識して丁寧にボールを相手コースに入れるように切り替えたように見えました。
とにかくつないで足を動かして・・・という中で、辛抱強いラリーができれば言っちゃ悪いですが、このレベルの選手に負ける添田くんではありません。簡単なミスもしなくなり、ストロークから

------------------------------
というところまで書いたところで、中断からものの20分で試合再開。
------------------------------

徐々に自分のペースで展開できていったように見えました。


このところの添田くんの不調ポイントとして、バックに特に異変が起きているように感じていたのですが(スクール初級につき技術的なところの説明はできないのですが、感覚的に“しっかり打てていない”感じ)、中盤以降見違えるように安定感が出てきて、レフティにはフォアとなるクロスに果敢に打ち続けていました。

そんなこんなで、0-2から6ゲーム連取で第2セット6-2!!!


添田くんがセットを取ったのは体調不良のために緊急帰国を決めたローマ予選1回戦、4月14日以来2ヶ月ぶりのことです。
相手の巻き返しはもちろんあり得ることだけど、添田くんの試合序盤とは見違える安定したプレー振りに、この時点で絶対に勝てる予感がしました。


ファイナルセットは何度もブレイクポイントを握りながらなかなかブレイクができず、イヤな展開でしたが、それでも自分のゲームをキープし続け、チャンスを待つことができました。

添田くんが復活勝利をあげるのがそんなに不満なのかよ>< という実にイヤなタイミングでの雨天中断になりましたが、再開後はなんとまぁ淡々に試合は進み、こちらが感極まる余地もない感じで・・・(笑)

最終スコアは、 1-6 6-2 6-3 です。

とにかく勝てて本当に本当によかったです!!!!!


勝利の瞬間。久しぶりの勝利に少しはテンションも上げてくるのかと思ったら、やっぱりいつもの添田くんでした(笑)

勝利の瞬間。久しぶりの勝利に少しはテンションも上げてくるのかと思ったら、やっぱりいつもの添田くんでした(笑)


相手は言ってもフューチャーズレベルの選手。これが復活勝利というにはまだ早いかもしれません。

でも、最近の添田くんのテニスを見ていると、相手云々以前に明らかに自信をなくしているような、自分自身がメンタル的にとても勝ちを呼び込める状態にないようにも見えました。時々垣間見れるすごくいいショットもあったし、テニスのレベル自体が落ちたということは絶対にないはずだと見ている方も分かっていたのに。。

少なくとも中盤以降に関しては、抜群の安定感のストロークとちょいちょい表れるネットプレイ、アグレッシブなテニスとで、添田くん本来の姿にかなり近づいていたような気がします。
そして、テニスって本当に不思議だなぁと思うんですが、昨日は試合序盤は全く足が動いておらず(というかボールを追えない?)、体調が悪いのかと不安を感じさせるほどだったのに、中盤以降はボールをしっかり追えてボールの当たりもよく、序盤はオンパレードだった簡単なミスを全くしなくなりました。
わずか1時間弱でこんなにテニスが変わるものか・・・というほど、全く別人のようなプレイに変わっていました。

相手云々ではなく、自分の力で不調から抜け出したことは本当に大きいと思うし、それができたこと、この勝利は何よりの自信を取り戻すきっかけになってくれればいいなと思います。


水曜日は早速シングルス2回戦とダブルスも入りました。

2回戦の相手は地元ワイルドカード選手のDavid RICE(501位)になります。

試合は現地時間午前11:00(日本時間19:00)の第1試合です。

明日以降もガンバレーーーーーヤッ━ヾ(*´∀)(∀`*)ノ゙━ッタ!!


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million