オフと目標!

先週の南昌チャレンジャー後、早々に帰国してオフに突入かしら・・・?と思っていたら、越智コーチと一緒にシンガポールに向かったようです。

越智コーチのFacebookに、1日火曜日、添田くんと今泉智仁トレーナーと3人での打ち上げ写真がアップされていました。

数日間シンガポールを満喫したのでしょうか。
今度は昨日、以前このブログでも紹介した東京・恵比寿の框家に出没。

友達がやっているということもあるでしょうが、よっぽどのお気に入りなんですね(笑)

・・・といった感じでオフを満喫しているようです。
次の大会エントリーは7月14日週の高雄チャレンジャー(台湾)なので、それに向けて週明けから徐々に練習再開といった感じなのでしょうか。

---------------------------

そして、少し古い情報になりますが、南昌チャレンジャー優勝を受けてATP公式サイトに少し添田くんのことが紹介されていました。
http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2014/06/27/Challenger-Weekly-Spotlight-30-June-2014.aspx

勝利後には、”The tournament is nice and the people are nice. It is the Soedafirst time here but I like it. I played five tournaments this year in China and I had a great time.
My goal is Top 100 (in the Emirates ATP Rankings) this year. I want to break my best ranking (47) next year.

とコメントしたようです。
ウィンブルドンをふまえての最新ランキングが明日発表されます。
南昌のポイントがここで加算され、添田くんのランキングは102位となるようです。
(そしてポイントが正式に555に・・・!)

昨年末に続いて100位まであと一歩となりますが、再来週月曜日には去年準優勝だった高雄チャレンジャーのポイント失効があるため、また120位近くまで下げることになります。
プロテニスはこの繰り返しです。

あせらず、ひとつひとつ目標に向けて進んでいくしかありません。

後半戦もGo Go 豪ーーーーー!


【超速報】南昌CH 優勝!そしてATPポイント555達成!!!!!

たった今、南昌チャレンジャーの決勝が終了しました。


def. ブラス・カブチッチ(98位/スロベニア) 6-3 2-6 7-6(3)

釜山チャレンジャーに続く今シーズン2度目の優勝です!


昨日書いていた通り、この勝利には色んな意味合いがあるんです。

・もしかしたら1年2ヶ月振りのランキング2ケタ復帰が叶うかもしれません

・カブチッチとの4度目の対戦にして初勝利

・9ヶ月振りにランキング2ケタ選手からの勝利

・ATPポイント555を達成!Go Go 豪的にこのポイントを自力で掴み取るなんてすごすぎる

Live ATP Rankings より!

Live ATP Rankings より!


本当におめでとうございます!!!!!

試合についてはこれから加筆するので、ひとまず速報ということでアップしておきます!

---------------------------

という訳で加筆。
スコアだけの観戦につき、多くのことは分かりませんが、数字で分かる範囲のことを書き残したいと思います。

【第1セット】

サーブから始まったこのセットはキープ、ブレイクの2-0という素晴らしいスタートを切りましたが、次のゲームをブレイクバックされ、結局タイに。しかし、次のゲームで2ブレイクポイントから相手に2度のアドバンテージを握られるものの、しのいでデュースにしたところでカブチッチが2本続けてダブルフォルトを犯し、再び1ブレイクアップ。
このセットはこのままキープを守り、6-3で先取します。
カブチッチはファーストサーブの確率は非常によかったものの、正直そこ頼みといった感じでポイント獲得率がかなり低く、添田くんはブレイクされたゲームを除くとサービスゲームでほとんどポイントを与えておらず、極めて高い集中力で試合に臨めていたことが予想できます。


【第2セット】

しかし、セットをまたいで形勢が逆転。添田くんのスタッツは全般的に急落し、逆にカブチッチの数字が一気に上がってきました。一時は0-4とベーグルの危機を迎えますが、ひとつブレイクバックして1-4。次のリターンゲームでも2ブレイクポイントがあったのですが、連戦の疲れもあったのでしょうか。あと1本を取りきれないゲームが多く、このセットは逆に1度しかキープができず2-6で落としました。
第1セットを取った後の大失速と言えば、先月のローランギャロス予選1回戦が思い浮かびましたが、このセットも0-4から簡単にセットを捨てない姿勢がスコアから伺えて、体調的な問題ではないとどこか自信を持って見ることができました。


【ファイナルセット】

しょっぱなのリターンゲーム、3ブレイクポイントを1本目で決めたものの、次のゲームをホールドできず1-1に。その後もデュースにまで持ち込んだゲームはありましたが、次第に双方が簡単にキープを続け、タイブレークに向けて双方が体力を温存していることを伺わせるようでした。
タイでゲームが進んでいくと、後攻の選手は3-4のサービスゲームから落としたら負け、という非常にプレッシャーのかかるゲームを続けることになります。という中でも、危なげなくキープを続け、4-5からのサービスゲームではこの試合初めてのエースも出て、どうか余力が残っていますように・・・と祈るような気持ちでタイブレークに突入。

タイブレークポイント推移(サーブはカブチッチから/下線が添田くんサーブ)
○○×○×○×○


このところ、添田くんがタイブレークを落とす時、決まって序盤でポイントを与えて相手に余裕を与えてしまう傾向があるような気がします。という中でミニブレイクから入った自分の2ポイントを取った時、これはいけるかもしれない!と思いました。
その後も、リターンで一度も連続ポイントを与えなかったのが本当に素晴らしいと思います。



という訳でアップダウンの激しい試合を見事に勝ちきりました!

---------------------------

上にこの勝利のすごいところを色々挙げてみたのですが、少し時間が経って改めて考えると、一番価値があるのはやはりランキング2ケタの選手に勝てたことだと思うんです。

今期トップ100選手との対戦は、全豪本戦1回戦でのマレーただひとり(というか最高峰すぎてトップ100という表現は失礼すぎるw)だった訳ですが、一度届きかけたトップ100が再び遠のき、そういう選手と戦うチャンスもなくなってしまい、体調面で思うようなテニスができないことも多かったシーズン前半。得意の芝シーズンで全く結果が残せなかったことも含めて、苛立ちとか不甲斐なさとか色々あったと思うんです。
という中で、チャレンジャー2連勝中と絶好調の選手を大接戦の末倒せたことは本当に大きい!

添田くんは例年、シーズン後半の方が好成績を残している印象があります。
それは持病の喘息のこともあるのかもしれないし、自分の生まれた季節が近いということもあるのかもしれません。添田くんは夏が好きと公言してますしね。

ともかく、この優勝でトップ100復帰にグッと近づきましたが、明日はランキング発表がなく、次の発表(7月7日)で何位になるかはもう神のみぞ知るといったところ。
そして、全米オープンのエントリー締切日である7月14日には、去年の北京チャレンジャー準優勝のポイント(55ポイント)失効があるため、当初の予定通り、しばらくオフを取るということであれば全米も予選からになるでしょう。

でも、この2週間をどう過ごすかは添田くん自身が決めることです。

とにかく、夏を迎える前にシーズン最高とも言える大きな結果を出すことができたのは、シーズン後半に向けて大きな自信になってくれるはず。

添田くんも帰国後、落ち着いたところでブログのアップがあると思うし、もう少し勝利の余韻に浸っていたいと思います。


ダブルヘッダーを乗り切って決勝進出!目指せ555!

昨日雨だったため、予定されていたシングルス準々決勝は今日に順延となり、それに勝っての準決勝も合わせて今日行われました。

結果は、
準々決勝 def. ヤン・ツォンハ(324位/台湾) 6-1 6-3
準決勝 def. Ze ZHANG(186位/中国) 6-1 2-6 6-4

準決勝は第1セットを取るところまでは完璧だったのですが、中盤以降少しもたついてしまいました。
でも相手は中国ナンバーワンの選手で地元大会でガスケに勝ったことのある選手。ホームの大会ということで勢いもあったと思います。


ということで、今シーズン2度目の決勝進出!


相手は第2シードのブラス・カブチッチ(98位/スロベニア)になりました。

第2シードなのに添田くんよりもランキングが上・・・?と思われる方もいるかもしれませんが、今大会のシードは先週付けのランキングで決まっています。先週のチャレンジャーで優勝したカブチッチはそこからランクを上げて添田くんを抜いてしまったのです。

両者はこれまで3度対戦があり、添田くんは全て敗れています。
カブチッチはストロークが粘り強いタイプでサーブがかなりいい。

カブチッチも今日はダブルヘッダーを勝ちあがっていますが、余り長い時間をかけずにストレート勝利で上がってきて降り、色んな意味で厳しい戦いになるかもしれません。


でも、ここまで来たら当然勝ちたい!!!!!
もちろんここまで来たら優勝したいということもありますが、明日どうしても勝ちたい理由が他にもあるのです。

まず、明日勝つことで1年2ヶ月振りのランキング2ケタ復帰ができる「かも」しれません。
(なぜ「かも」なのかというと、明日勝つことができれば暫定ランキングは99位または100位になりますが、来週月曜日はランキング発表がなく、ウィンブルドン序盤で敗れた選手の多くが来週のチャレンジャーに出場すると思われ、大幅に順位の変動が起こる可能性があるからです)

そして個人的にはこれが一番大きいんですが、明日勝つとATPポイント555になります!!!!!
私の知る限り、次勝てばピッタリこのポイントになるという試合が1度だけあったんですが、その時は残念ながら叶いませんでした。

やはり添田豪としては一度はこれ踏んどかないと!・・・という割と大真面目に書いています(笑)


という訳で、明日の決勝戦は現地時間11:00(日本時間正午)スタート
この大会は映像で見られないので、ライブスコアだけになりますが、心して応援したいと思います!


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million