Go豪の日勝利!/添田豪をさがせ!

本日、釜山チャレンジャー1回戦が行われました。

相手は先週2回戦で対戦したばかりのMatthew Barton(330位/オーストラリア)でした。
相手選手はサーブがとてもよく、先週はインドアコートだったこともあり接戦になりましたが、今日は相手がセカンドサーブになった時、ラリーはほとんどこちらが掌握することができ、21ポイント中14本と67%と非常に高い獲得率。
この試合で最初にブレイクに成功した次のゲームで2ブレイクポイントを与えるピンチを迎えましたが、しっかりしのいでキープし、それ以降は全く危なげなく6-2 6-4の1時間4分で勝利。
ギアを上げるべきところとそうでないところのメリハリをしっかり付けて、いい形で勝つことができたと思います。

Go 豪(55)の日にしっかり勝利して2回戦進出です!


明日2回戦が入り、対戦相手はJohn-Patrick Smith(168位/オーストラリア)になりました。

両者は初対戦となりますが、188センチと長身で左利き。
相手選手は先週の台北チャレンジャー2回戦で敗れていますが、相手は優勝したグロス。2セットともタイブレークになったようです。
今季の戦歴を見てみたらタイブレークになっている試合がかなり多く、全セットの26%を占めていました。しかしセット獲得率はそれほど高いとは言えず、約44%。(ちなみに添田くんは67%・・・まぁ実数が多くないので比較にはならないかもしれませんが。。)

どんな相手であっても同じではありますが、ワンチャンスを逃さない姿勢がいつも以上に必要になるかもしれません。


試合はセンターコートの午後5時以降(日本と韓国は時差なし)に組まれています。
前の試合のスケジュールを見ると、おそらくほぼこの時間には始まると思われます。
コート1だった今日の試合にライブストリーミングがあったので、突発的なことがない限り明日もおそらくあるでしょう。

他の日本勢は、第6シードで出場中の伊藤選手が2回戦に進出しています。


さて、もう0時を回ってしまいましたが、今日は添田くんから勝利後にちょっと面白いツイートがありました。


というか、これは完全にウォーリーをさがせ!のレベル・・・(若い方は知らないでしょうがw)

最初、これをスマホで見たので全く分からず、後に回答ツイートがあった後に改めてパソコンで見直して探してみたのですが、私には見つけられず、ホントにいます・・・?というか(笑)

答えは添田くんのTwitterでチェックしてみてください!


アジア遠征2週目は、ディフェンディングチャンピオンとして臨む釜山チャレンジャー

アジア遠征2週目の釜山チャレンジャーに、昨日台北から移動をしたようです。


私は今、日本の釜山から極めて近い場所にいるのですが、今日は朝からずっと雨で長袖1枚ではとても肌寒いです。
といっても、今はパスポートも手元にないですし、観戦の予定はありませんが(笑)
同じアジアでも場所によって大きく気候が変わります。体調管理にくれぐれも気を付けて、2週目また頑張ってほしいと思います!


1週目の台北チャレンジャーはベスト8に終わっています。
今週はまれに見る好ドローでベスト4には残ってほしかったところですが、オーダーオブプレイがなぜか変則的で、準々決勝の前日は2回戦が接戦のフルセットの後にすぐダブルスもあり、終わったのは夜9時ぐらいでした。
相手があることなので簡単には言えませんが、その翌日お昼過ぎにさらにフルセットというのは少し無理もあったかもしれません。

ディフェンディングチャンピオンとして臨む来週の釜山チャレンジャーは、賞金総額$100,000+Hとチャレンジャーとしては最高レベルで、18歳にしてトップ100入りを果たしアジア発の大型新人として期待される地元のチョン選手、イスラエルのセラ選手が加わり、さらに熾烈な戦いとなりそうです。
という中で昨日シングルス本戦ドローが発表され、対抗シードがライアン・ハリソン(122位/アメリカ)とかなり強敵ではありますが、これでも第8シード。
先週ほどではありませんが、そこまでの道のりにそれほど脅威となる選手はおらず、これも奇跡的ともいえる好ドローと言えると思います。


今週と全く同じスタンスですが、ドローがいい時がそうそう続く訳ではありません。
ポイントを取れる時に取っておきたい!

1回戦の相手は予選勝者となるため、1回戦は火曜日になると思われます。
ダブルスへのエントリーはありませんでした。

その他の日本人選手は、伊藤選手が第6シード、守屋選手と仁木選手が本戦ダイレクトインしています。
また、予選では吉備選手が予選2回戦に進出中です。


>>シングルス本戦ドロー


>>大会公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million