攻めるテニスが見たい!(ネガティブ記事ですすみません)

長めの練習とトレーニング期間を経て迎えた本日の芝シーズン初戦。
Vincent Millot(146位/フランス)と対戦し、5-7 4-6 で敗れてしまいました。



第1セットは4-3から先にブレイクしてからのSFSを取られてしまい、次のサービスも落としてしまいました。
第2セットは1-1から先にブレイクされたのを3-4からのリターンゲームでワンチャンスを活かしてブレイクバックを果たしたものの、次のゲームを取ることができず。。

しっかり準備をつめたであろう今回の大会には得意の芝ということもあるし色々期するものがありましたが、このところの典型的な負け方そのままで、それまでの自信のなさは全く薄まる気配もなく、根っからのネガティブ体質の人間にはとても好材料を見つけることができませんでした。

こちらでフルで観られるので、映像でチェックできなかった方はぜひ。



今日は1stサーブが入った時のポイント獲得は第1セット70%/第2セット73%と相手を大きく上回りました。
ただ、2ndサーブになった時はいずれも30%台で、リターンから相手にいいように打たれてしまっていた。。

今日は雨で試合開始も遅れていたのでボールも滑ってやりにくさはあったんじゃないかと思います。ただ、それは相手も全く同じ条件で、それならばその状況を活かしたプレイにしなければならない。相手は一発で決める厳しいボールをどんどん打ってきました。それが芝でのあるべき戦い方であるような気がします。
添田くんは時折際どくいいボールもあり、相手が簡単にミスしてくれるようなポイントもあったけど、それは単発でしかなく、それよりも防戦になってしまうポイントが多かったように思います。そして、バックがウィークポイントになっているように見受けられました。残念ながらそれもこのところの姿と変わらない。。

今日の試合に限らず、このところのプレイを見ていて何より気になるのは、攻めれていないことです。
それでミスしたポイントも多くありましたが、それでも自分から攻めずしてどうやって勝っていくのか・・・
例えばこれがマレーのように守るテニスが神の域に達しているならそれもいいでしょう(笑) ただ、特に芝のように早いコートではそれにも限度があります。

前向きなことを書きたいんですが、本当にすみません。



今日の復帰戦を待つ間、サーフェイスが芝になることで、何か変わるものがあるんじゃないかと甘い期待をしていました。
ただ、世の中そんなにうまくいくものでもないんですよね・・・



これは自分視点の話なのですが、今週はダブルスにエントリーもないので、来週のウィンブルドン予選に向けて、ほとんど何の好材料も見いだせず、今大会を終えることになってしまいました。
先日書いた 【重大発表】ウィンブルドン観戦に行ってきます!当然予選から!!! を読み直しました。

繕われた考えとはこうも脆いもので、そこで書いた「勝利のために心身力を尽くしている姿を見られればいい」を果たすことができるのだろうか・・・再びちょっとダウンしております。。
もちろん、一番苦しいのは選手本人。その先に必ず自信を取り戻せる時が来てほしいと思います。

それが来週であったらいいと思いますが、そうでなかったとしても、その時を信じて応援するのみです。
(これしか書く言葉が見つかりません)



そうこうしているうちに、4日後の今頃はロンドンに向けて機上の人です。
無理やりでももう一度上がってこなければ・・・!!!!!



本人も読んでいるかもしれません。ぜひ皆さん激励の言葉を!


いよいよ芝での戦いへ!

来週月曜から始まるイギリスのイルクリーチャレンジャー、本戦ドローが発表されました。
いよいよ今年の芝での戦いが始まります!

結局そうはしなかったのですが、この大会は観戦の候補に挙げていた大会で、私がイギリスに到着するのはこの大会の決勝戦が始まるちょっと前ぐらいでしょうか・・しかし、ロンドンからは余りにも遠く(500キロぐらい)、もし添田くんが決勝に進出したとしてもさすがに観戦はできませんが(笑)

とはいえ、ここでの戦いが直接自分の見ることになる大会と直結しているのだと考えるだけで、嫌でもテンションが上がってきます。

ウィンブルドンに向けてグラスシーズンは先週から始まっていますが、例年に比べると添田くんの芝参戦はとても遅く、このイルクリーの次はもうウィンブルドン予選。
私も予選観戦に向けて、来週の今頃はすでに機上の人です。

得意のサーフェイスとはいえ、実戦の中でどれだけ感触を取り戻してウィンブルドンでピークに持っていくか・・少し不安要素もありますが、それはこのスケジューリングにした時点で本人も想定しているはず。
心身いい状態で迎えることでウィンブルドンで結果を出すためにそのプロセスを選択したのではないかと私は考えています。


情報まわり

1回戦の相手はVincent Millot(148位/フランス)に決まりました。

去年の芝での成績はウィンブルドン予選にぶっつけ出場だったにも関わらず、見事予選を突破して本戦に進出、1回戦で当時56位のポスピシル相手にフルセットに持ち込んでいます。
今年はローランギャロス予選2回戦で敗れた後試合には出ておらず、芝の大会は今季これが最初。

左利きで173センチとかなり小柄で、どんなテニスをするのかな・・と思って映像を調べてみたら、早いサーフェイスでの戦いとして参考になりそうな今年のマルセイユ(インドアハード)のものがありました。
ペイルとフルセットを演じています。


それほどパワーがある感じではないようですが、ミスが少なくとにかくよく走る!
タイプ的に西岡選手に近いものを感じますね。

ノーシード同士の対戦なので、映像で見るのは難しいかもしれませんが、まずは1勝、次はもう1勝・・・とにかくそれを積み上げていくだけです!

他に本戦から出場している日本人選手あおらず、守屋選手が予選2回戦から登場します。



>>シングルス本戦ドロー

この大会は 公式サイト公式Twitter もあるのでぜひチェックしてみてください!

あとひとつ、来週イギリスは余り天気がよくなさそうです。
練習時間確保含めて、あまり影響が出ないといいのですが・・・


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million