色々と悔しい準々決勝敗退

今日はちょっとネガティブ目の記事です・・・あらかじめご承知おきのうえお読みいただけると幸いです。



金曜日にやっと2回戦が終わった後、今日ようやくシングルげースの準々決勝が行われました。

大会第2シードのDudi SELA(88位/イスラエル)と対戦して 6-4 1-6 3-6 の逆転で敗れてしまいました。

本来日曜日はシングルス決勝戦の日ですが、昨日は結局天候の影響で試合がなく、午後天気が落ち着いたところでようやく準々決勝。仮に今日勝っていれば準決勝をその後行って、決勝戦は明日という超変則スケジュールでした。(まぁ実際はそうはならなかった訳ですが・・・)

明日から次にエントリーしている深圳チャレンジャーが始まる中で、決勝戦でもないのにいつまでもこの大会に付き合されているのです。もちろん天候ばかりはどうしようもないし、ひたすら待機の日々でパフォーマンスにいい影響を与えるものではないだろう中、だからこそその影響を受けて補える結果が欲しかったですが、そうはなりませんでした。

今シーズン全21試合中、今日を含めて12試合がフルセットの試合になっているのですが、そのうちなんと10試合が第1セットを取ってからのフルセットなんです。その勝敗は5勝5敗なんですが、今日含めて直近では3連敗している。
CHの試合では細かいスタッツを確認することができないのですが、10試合のうち、第1セットを取った後の第2セットで2ブレイク以上された試合はなんと5試合。。

もちろん相手の調子も考慮せねばならないし、試合通して最初から最後まで高い集中力を持って質の高いプレイをやり続けることがいかに難しいかは分かっています。
それにしても、せっかくセットを取って先行しても、第2セット最初のゲームでブレイクを許すゲームがとても多く、実力的に明らかにこちらが勝っている相手であればそれでもひっくり返せるかもしれない。
でも、今日のセラのような経験に勝る選手に、そんなアップダウンのような隙を見せられる余裕などないはずです。

今日の試合はこのところ「そうなんだろうなぁ」と感じていたことをはっきり提示されたようなものだったような気がします。
簡単に言ってしまえば「試合中の中だるみ」です。それは「テニスを単調にしてしまう」という形で表面化しているように思えます。
ファイナルセットを1ブレークダウンで追いかけていた2-4からのリターンゲーム。私から見てこのゲームは今日一番の集中と積極性で本当に素晴らしいブレイクゲームでしたが、第2セットからまるでキープもできない選手がたった1つのゲームで流れを引き戻せるほど簡単ではありません。

なんかひどい言いようですが、今日の試合中盤の添田くんの姿を見てもうそうとしか思えなかったのです・・・

この試合、両者ともに立ち上がりでいまいち精彩を欠くようなプレイだったので、その中でリードを追いつかれた後にブレイクし直して第1セットを取れたことは素晴らしいと思います。
だからこそ、その流れを自ら手放すようなことをしてはならない・・・

「中だるみ」の原因って何なんでしょうか・・・?

このところぼんやりとそう思うことが多いのですが、上位選手に対してはそうでない時以上に気が引き締まるものだろうと思っていたけど、そんなものじゃないのだろうか?とか、本人はどう思っているのだろうか? とかそれともきちんと自分で自覚できているのだろうか? とか・・・

すみません、今日はなんだかネガティブな記事になってしまいました。。

今週は変則的なスケジュールだっただけでなく、会場でいつ始まるかも予想もつかぬまま待たされることも本当に多かっただろうし、精神的にいまいち乗り切れない部分もあったかもしれません。
でも、それは言うまでもなく自分だけじゃないんです。
そういう中でもこの試合で調子を徐々に引き上げて逆転勝利を収めたセラは、その後の準決勝で第1セットをタイブレークで取り、第2セットもリードしていたのですが、そのセットを落とし、ファイナルセットの最初のゲームをキープできなかったところでリタイアしていました。
理由は分からないですが、誰もが同じタフな条件でもひとつでも勝ち進もうとベストを尽くそうとしています。
そういう意気込みが全て結果に表れるものでないことはもちろん承知していますが、少なくとも今日の添田くんにはそういう姿勢をほとんど見られなかったことを、ものすごく悔しく思っています。。


広州CH、完勝でベスト8進出!

連日の雨でスケジュールが遅れている広州チャレンジャー、今日も午後までずっと雨だったようで、その影響で予定されていたシングルスは2回戦しかこなすことができませんでした。

今日はKimmer COPPEJANS (122位/BEL)と対戦し、6-3 6-1 と完勝してベスト8進出!
今年1月のバンコクチャレンジャーではフルセットに持ち込まれた相手でしたが、今日は一気に引き離しての勝利。
今回帯同してくれている増田コーチのブログによると完璧な内容だったようですね。(それだけに見たかった・・・)

ということで、今日が1試合だけになった代わりに明日の準々決勝で勝てば今度は明日がダブルヘッダー。
相手は第2シードのDudi SELA(88位/イスラエル)。

セラは、今季全豪オープンでベルダスコを4セットで下すビッグウィンを繰り広げています(ベルダスコにとってはナダルをフルセットで下し、消耗しきった次のラウンドという試合だったと思いますが)。セラ選手とは2012年のデ杯以来の対戦となります。
第1シードのダニエル選手はすでに敗れているので、今大会ここが最大の山場となります!

試合は現地時間12時(日本時間13時)スタートの1試合目。
勝利すれば引き続き現地NotBefore15時(日本時間16時以降)に準決勝が行われます。

今週は天候不順だったりでコンディション調整にも苦労するところはあると思いますが、それは相手にとっても全く同じこと。今日体力温存で勝利できた分を明日にぶつけてきてほしい!
添田くんの試合が組まれた5番コートはライブストリーミングがあるコートなので、明日こちらから映像でも観ることができます

>>土曜日オーダーオブプレイ


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million