がっかりをポジティブで補おうとして上手くいかず -ベルガモCH 2回戦敗退

このタイトルは、添田くんの試合についてではなく、あくまでも自分の心境の話です(^^;

先ほどベルガモチャレンジャー2回戦が終わり、

vs Uladzimir Ignatik(223位/ベラルーシ) 1-6 5-7


ビッグサーバーであった相手がいとも簡単にポイントを取って行くのに対し、添田くんはサーブの確率がよくなく、セカンドサーブからのラリーでアンフォーストエラーがとにかく多かったです。

“PLAYERS SPOTLIGHTの呪い”のせいでは決してなく、先日のカルロビッチ戦ではないですが、ブレイクができない中でサービスキープに苦労する状況ではとても勝ち目などありません・・・(T T)


これは個人的な印象なのですが、添田くんはヨーロッパのインドアハードでホントに勝てないです。。

同じくインドアハードであるバンコク(ツアー250)で去年はベスト8に入っているし、先日のデ杯でもサーブのいいドディグに勝ちました。インドアハード自体が苦手ということはないと思います。
しかし、ヨーロッパではどうしても勝てない・・・。

選手や試合を細かく見ている訳ではないのであくまでも経験値としての印象ですが、特にチャレンジャーに関して言うと、全体的に見ると荒削りでもサーブは異常にいいという選手は本当に多いです。
第2セット、添田くんの1stサーブからのポイントは100%取れていた(これってすごいことだと思います!)し、逆に考えると、しっかりサーブが入れば相手が先にミスをしてくれるんです。
つまり、変な話ですが、総合力が高くなくてもビッグサーブを武器に勝ち上がることができるのがインドアハードで、やはりそういう選手はそれを活かせるサーフェイスを選ぶと思います。

もちろん今日は添田くん自身よくなかったし、デ杯直後のタイミングで今週出られる大会は他にないので仕方がない部分はありますが、去年シーズン終盤にインドアハードを回ったヨーロッパ遠征の結果も悲惨だったし、こういう大会に対して変な苦手意識が芽生えてしまわないか心配です。。


来週はツアー250大会のマルセイユに出場です。

現状、本戦Altの2番目にいますが、本戦ドローの中にある2つのSE(Special Exempt/前週大会出場者に対する救済処置)もこの調子で行くと解かれそうなので、そうなるとギリギリダイレクトインできるかな?と期待しているのですが、もしかするとそれは難しいかもしれません。

というのも、マルセイユの本戦ドローの内訳なのですが、28ドローのうち19枠がダイレクトイン、2枠がSE、残り7枠が予選勝者。つまり、デフォルトではワイルドカードが入っていないのです。

地元フランスには、先日ケガから復帰したばかりのポール・アンリ・マチュー(添田くんが好きな選手です^^)に加えてロジェバセラン、ロバートなどが本戦Altの上位に待機中で、SEを解いた分で彼らにワイルドカードを与える可能性が極めて高いのではないかと思います。
(去年は3人がワイルドカードで出場しています)


本戦から出場できればサンギネッティ宅にホームステイしながら数日間特訓してフランスに乗り込めばいいのですが、そうならなかった場合は、明日にはもう移動しなくてはなりません。

おそらく上に書いた展開になると思われるので、その状況を「ポジティブで補おうとして上手くいかず」と表現せずにはいられず・・・。

ともかく、奥様お手製の美味しいパスタでも食べて、また元気に次の大会に向けて頑張って欲しいと思います!


順当に2回戦進出(2012ベルガモCH)

ベルガモチャレンジャー1回戦

vs Marius Copil(264位/ルーマニア) 6-4 6-4

“PLAYERS SPOTLIGHTの呪い”(前記事参照)にも負けず、まずは2回戦進出です!


仕事の傍らライストをチラチラ見ていただけなので、調子などはよく分かりませんが、2セットいずれも最初のリターンゲームをブレイクできたようです(^^

試合終盤はブレイクポイントを与えることが多く、度々ピンチを迎えていましたが、ようやく時差も取れてくる頃だろうし、初戦ゆえの固さもあったかもしれないですね。
明日からは勝ち上がる限り連日試合になりますが、徐々に調子を上げていけばいいのではないかと思います。

コーチのサンギネッティ氏は地元イタリアでデ杯代表でもあった選手。公式サイトにも、彼が現在見ている選手という切り口で記事も書かれていました。
明日以降、試合内容に触れる記事も出てきそうです。


明日の2回戦は Uladzimir Ignatik(223位/ベラルーシ)と対戦です。


“PLAYERS SPOTLIGHTの呪い”に勝て!!!(2012ベルガモCH)

今週から5週間、添田くんには一切失効ポイントがなく、勝てば勝つほどランクを上げられる時期です。
この間に少しでもポイントを稼いでランキングを上げて、現時点でおそらくもう大丈夫と思われるローランギャロスの本戦ダイレクトインに加えて、ウィンブルドンも決めてしまいたい!!!


という中、デ杯が終了した翌日の月曜日、早々にイタリアに向けて出発しました。
今週はサンギネッティコーチの地元、ベルガモチャレンジャーに出場します。

そして、ATPのチャレンジャーページに常設されている今週の注目選手“PLAYERS SPOTLIGHT”に初めて掲載されました!


デ杯での活躍でATPのTOPページに写真も載ったし、今季はチェンナイでもベスト4とチャレンジャーレベルでは群を抜いた活躍と言えるので、ATPさんも分かってるなぁ~(^~^)・・・と喜んでいたのもつかの間、なんでもこのコーナーには悪しきジンクスがあるらしいのです・・・。

それは「この欄で紹介された選手は早期敗退する」というそれはそれは恐ろしいジンクス・・・((( ゚д゚;)))

今日Twitterで初めてそのことを知ったのですが、日頃エントリー情報をチェックするために利用している海外のテニスファンが集まるMENS TENNIS FORUMSにも1年ほどからそのスレッドが立ち、マトセビッチ(2011バーニーCH)、ゴルベフ(2011ハイルブロンCH)、デバッカー(2011マネルビオCH)など、数々の1回戦敗退の事例が報告されています∑(゚д゚lll)

そして、先週この項目で取り上げられたクエリーもダラスチャレンジャー1回戦で敗れています・・・(;´Д`)

もちろん去年のベルガモチャレンジャーのように、ここで取り上げられながら優勝したセッピのように例外もある訳ですが、一体添田くんはどちらになるのか・・・( ゜_゜;)ゴクリ

恐怖の余りつい顔文字が多めになってしまいましたが、目指すはもちろん優勝です!!!


気になる1回戦の相手は、予選勝者のMarius Copil(264位/ルーマニア)になりました。
コピルはルーマニア期待の若手。キャリアハイは204位でそこからランクは下げていますが、前回出場の大会カザンチャレンジャーでは100位台の選手3人を破って準優勝しています。予選勝者はコートにも慣れているし、試合をすでにこなしてペースを掴んでいるところなので、色々な意味で要注意な相手になってしまいました。
でもまぁ、今週は大会自体のレベルが高く、本戦から出場する選手のほとんどが100位台の選手であることを考えると、それはラッキーと言えるのかもしれません。。

デ杯で到着が遅れることが考慮されたのでしょうか、1回戦は水曜日になりました。
現地時間水曜日午前10:30(日本時間午後6:30)から試合開始です。


>>水曜日オーダーオブプレイ

>>本戦ドロー

>>大会公式サイト

ベルガモにはライブストリーミングがあるので、おそらく試合は見られるのではないかと思います。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million