【祝】逆転勝利でウィニペグチャレンジャー初代チャンピオンに!

先ほどウィニペグチャレンジャー決勝戦が終わりました。

def. ブラズ・カブチッチ(452位/スロベニア) 6-7(4) 6-4 6-2

逆転で勝利して、ウィニペグチャレンジャーの初代チャンピオンとなりました!!!!!
チャレンジャー優勝は去年5月のソウルCH以来となります。

決勝は今年の開幕戦バンコクCH、去年の慶應CHと連敗していたので、ようやく勝ててよかったです。



▼試合は第1ゲーム途中でスコールに見舞われ、1時間弱中断がありました。
この映像の58分ぐらいのところから再開されます。
(最初のアップ~第1ゲーム途中まではこちら


試合ふりかえり

1ヶ月前までの絶不調期の間、内心、このまま勝てないままズルズルとランキングが下がっていくんじゃないか、もう優勝などできないんじゃないかなどと悲観的になったことも何度もありましたが、クレーコート、グラスコートを経て久しぶりのハードコートで結果が伴うようになってきました。

今日のプレイが特別素晴らしいものだったかというと、そんなことは決してないと思うんです。
第1セットはブレイクしては落としを3度も繰り返し、挙句セットを落としてしまい、明らかに集中を欠いていた第2セットも1-1からのサービスゲームで自分から簡単にどんどんミスをして、ラブゲームでブレイクを許してしまいました。
取れていたセットを落とし、第2セットもブレイクダウンという展開は、これまでの添田くんであれば完全に負けパターンだったと思います。ただ、このゲームを境に、なんかやけくそのようになっていた雑プレイから打って変わって丁寧になったように見えました。
カブチッチは本来のプレイにはまだ遠いように見えましたが、スライスを多用して粘りまくるもののラリーになれば基本的にこちらが優位に立てていたので、相手がミスをしてくれるまで粘り強くボールを返し続けるのに徹していました。
見ている方はなかなか心臓に悪いんですが(笑)、後半はミスらしいミスがかなり減り、持ち味の安定感を発揮できたんじゃないかと思います。

サーブは今日もファーストサーブが安定せず第1セット途中から本当に苦しんでいましたが、数字で見てみると、一番確率が悪かったのはファイナルセット。でも、結果的にこのセットは一度もブレイクポイントを与えていないんです。
そして、リターンゲームでは返せるボールに関しては自分からリターンでどんどん攻め、相手は何度も雄たけびをあげていました。



試合の中でよくないところをしっかり軌道修正できての準決勝、決勝ともに逆転勝利。
本当に素晴らしいと思います。

久しぶりの優勝ですが、今日は途中まで本当に厳しい戦いだったのであまり実感も湧かず・・・(笑)
これを復活と言えるのかは分かりませんが、先週から今週にかけての色んな形での勝利の積み重ねは、その道を確かに歩めているのだと感じさせてくれます。


ランキング120位台に復帰!

このところ勝てなかったことでズルズルと150位台まで下がっていたランキングですが、この優勝で一気に20位以上上げ、月曜付けのランキングは128位まで上がります。
来月は去年のアトランタベスト8、ワシントン2回戦と失効ポイントが続くため、全米オープン予選シード
入りするためにはもう少しまとまった勝利が必要になりますが、このタイミングで90ポイントを獲得できたのは本当に大きいです!

前回の記事でSEにより出場することになっていたビンガムトンチャレンジャーは、出場辞退することにしたようです。(どのタイミングでの判断かは分かりませんが、おそらく決勝当日の判断かと)
当初の状況そのままに、ここで一旦帰国となります。



待望の本人の勝利コメントはまだアップされていないので(すぐ移動しないとなのかもですが)、それ含め追って追記いたします!


決勝戦、間もなく試合開始!相手はカブチッチ

直前すぎて試合前に読む人がどれぐらいいるんだ・・というのは置いておいて(笑)、半年ぶりのチャレンジャー決勝ということで、久しぶりに連投です!

ウィニペグチャレンジャーの決勝の相手はブラズ・カブチッチ(452位/スロベニア)となりました。

試合はこの後Not Before 12:00(深夜2時以降)で組まれています。
深夜0時より前に1試合あるのですが、これは同時開催の女子トーナメントの決勝。試合後に表彰式もあると思われるので、試合時間によりますが、2時ピッタリとかには始まらないかも・・・?と予想しています。



カブチッチは故障を理由に今シーズンは全く試合に出ておらず、先月クレーコートで7ヶ月振りの試合復帰。
以降4大会はなかなか勝ち星に恵まれませんでしたが、今週1回戦をファイナルタイブレークの大接戦で勝ったことがきっかけになったのでしょうか、以降3試合をストレートで順調に勝ち上がっています。(昨日の準決勝はリタイア勝利ですが)

添田くんとカブチッチは定期的に対戦があり、最後の対戦は一昨年6月の南昌チャレンジャー決勝戦。
この時は添田くんがファイナルタイブレークで勝利していますが、それがカブチッチに対しての初勝利です。
>>両選手のHEAD2HEAD

しばらく対戦がなかったのと、双方復調期同士・・どんな試合になるんでしょうか。
ともかく、添田くんはファーストサーブの確率を安定(してそれなりの高さをキープ)させることが大事になってくると思います。


急きょ・・・遠征は来週も続く!



そして、今大会の勝ち上がりによってツアー500・ワシントンの予選に出場ができなくなってしまったので、この試合で今遠征は終わりなのかと思っていたら、なんと、来週のビンガムトンチャレンジャーに急きょSE(Special Exempt)選手として出場することになりました!

>>ビンガムトンチャレンジャー シングルス本戦ドロー



まずは今日の試合!!!なので、これについては次あたりの記事で改めて書こうと思いますが、出場選手のランキングとしては上から2番目となり、第2シードとなります。
そして、1回戦の相手が予選勝者となったため、試合は早くとも火曜日まではありません。


【祝】逆転勝利でウィニペグチャレンジャー決勝進出!!!!!

先ほどウィニペグチャレンジャーの準決勝が終わりました。

def. Peter Gojowczyk(154位/ドイツ) 2-6 6-4 6-0

大逆転勝利で今季2度目の決勝進出です!!!!!



今日の試合はファーストサーブにとても苦しんでいました。
今日に限ったことではありませんが、サーブが入るゲームと入らないゲームが明確に分かれる傾向が強く、このことが試合を少し難しくしてしまっているような気がします。
あるゲームでサーブがよく簡単にキープできても、全く入らないゲームが出てきて相手に攻められたり、ブレイクポイントでダブルフォルトを叩いてしまえば意味がない訳ですから。。

今日もそんな立ち上がりになってしまいました。
最初のゲームをブレイクされ0-2とされますが、次のリターンゲームでリターンが冴えわたり、全ポイントでリターンしたボールが一度も返ってくることなくラブゲームブレイク!
2-2と追いつきますが、それ以降のゲームを全てブレイクされてしまいました。
これはひとえにセット中盤以降ファーストサーブがほぼ入らず、プレイ全体のリズムにまで影響してしまったことが原因と思われ、ショットに一発のある相手に好きなように打たれてしまっているように見えました。

第2セットはこれを劇的に改善してきて、第1セットの34%から突如71%に浮上。
第1セット3本も出してしまったダブルフォルトもゼロ。
楽だった訳では全くありませんが、結果的にブレイクポイントを与えることはありませんでした。

ファイナルセットは相手選手が気落ちしてしまったのか、プレイが一気に雑になってきて、ゲーム前半では入っていたボールがことごとくアウトかネット。
ゲームポイントから追いつかれたりと、スコアほど簡単に取れた訳ではありませんが、最終的に踏ん張れた結果こういうスコアになったんだと思います。


半年ぶりの決勝進出!!!!!

ともかく、今年1月のバンコクチャレンジャー以来の決勝進出です!

思えばウィンブルドン予選が始まる前の1ヶ月前までは3ヶ月に渡って完全に勝ちに見放され、あと少しどころか完全に泥沼から抜け出せないような不調振りでしたが、そこからウィンブルドン以降、短い時間で本当によくここまで戻してきてくれたなと思います。

今日のプレイが際立ってよかったかというとそうは思えないし、今週他にも際どい試合はありました。
でも、その中でも最終的に勝って次の試合に繋げていくこと・・・その繰り返しがいかに大切なことか、改めて思い知らされます。



明日の決勝の相手は、現在試合中の西岡選手かケガからの復帰中のブラズ・カブチッチのどちらかになります。

今大会の勝ち上がりによりエントリーしていたツアー500大会・ワシントンの予選には出場できなくなってしまったので、明日が泣いても笑ってもこの遠征最後の試合になります。
どうせなら勝って終わりたいですよ!!!!!


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million