【追記しました】体調不良で全日本欠場

以下の記事の続報、添田くん本人よりブログで報告がありました。

全日本欠場のお知らせ

ウイルス性腸炎だそうです。

症状が一気に押し寄せてきたことを考えると、風邪をこじらせたのかはたまた食中毒か・・・
そういう時はブログなんて放っておいて回復に努めることが一番大事だと私などは思ってしまうのですが、やはり看板選手という自覚と責任があるからこそのことなんでしょうが、添田くんらしいと言えばらしいです。。

とにかく焦らず体調回復を最優先にゆっくり休んで、万全になったところでまた戻ってきて欲しいと思います!

------------------------------

全日本の1回戦は明日以降と予想していましたが、明日のオーダーオブプレイが発表となり、単複ともに、添田くんのところはそれぞれラッキールーザー/オルタネイツに変更となっていました。

つまり、単複ともに全日本欠場です。


添田くんも昨日の定期更新のブログはアップされておらず、全日本に関するブログをアップしているコーチ陣も添田くんについて一切言及はなく、詳しいことは全く分からないのですが、ネットで検索していて、YOMIURI ONLINEに「体調不良により棄権」とだけ書かれていました

先週の釜山チャレンジャーから今週の全日本、来週の慶應チャレンジャーとその次の豊田チャレンジャー・・・と連戦が予想される4週連続での試合出場はそれなりにタフになることは、エントリーする時点で最初から分かっていることです。そして前回の記事に書いた通り、全日本に出場することでのモチベーションキープということもある。
添田くんは全日本という大会を以前より重視しており、長いことファンをやってきた体感として、最初から欠場することを見越して名前だけエントリーする・・・ということはしない選手だと思います。
(ATPポイントだけが欲しいのであれば全日本には始めからエントリーしないでしょう)


詳しい原因は全く分かりませんが、何かしらの理由でやはり出場が難しい程ということは間違いないでしょう。

一方で、先日の釜山チャレンジャーでの一方的な負け方は少し気になるところでもありますが、添田くんはフィジカル的に厳しいと思った時はリタイアをする選手です。
ということは、故障などが原因ではないと思われ、このところ一気に秋らしくなり気温も下がってきたので体調をこじらせてしまったのかもしれませんね。


とにかく心配ではありますが、これ以上の情報がない中では何も書けないので、無事回復して、来週の慶應チャレンジャーには元気な姿を見せてくれることをただただ祈りたいと思います。


4年振りの全日本出場!

日曜日から本戦がスタートする全日本テニス選手権に4年振りに出場します。
もちろん圧倒的優勝候補の第1シードです!!!!!

先月21日に発売されたテニスマガジン最新号の連載記事に出場の動機が書かれていました。


(略)だからこそ、メンタル&フィジカルの疲労といかに折り合いをつけていくかが一番の課題と言えるかもしれません。それもあり、今年は4年ぶりに全日本選手権へ出場することにしました。
残りのシーズンは、99位でもいいから最後にトップ100にいるというのが最大の目標になります。悪い言い方をすればポイントを取ることだけが目的になってしまいます。その中で、全日本という目標となる、緊張感のある大きな大会に出ることで、モティベーションが上がり、そこまでの練習や過ごし方が変わっていくのではないか、という期待があります。
(以下略)


・・・と書いたのですが、昨日のソウルチャレンジャー準々決勝では杉田選手にいいところなく負けてしまいました。
前日の2回戦がとても調子がいいことを伺えるスコアだったのですが、第2セットベーグルを食らうすんでのサービングフォーザマッチをブレイクバックして、次のゲームでキープができたので、昨日は何かがかみ合わなかったのだろうとポジティブに考えることにします。
言い方を変えると、上に書いた動機そのままの結果だったのかなという気がします。


個人的には、ATPツアーで結果を出すこと(今で言うとトップ100復帰)を重視して欲しい気もするし、全日本は勝ち上がれば連戦となり負担も出てくると思うので、複雑な気持ちもあるのですが、出るからには応援しますよもちろん!!!!!


1回戦は佐藤文平選手との対戦です。
今週チャレンジャー本戦初勝利を上げたようで、その勢いに乗ってがむしゃらにかかってくるのは間違えないでしょうが、それを上手くいなしてしっかり勝ってほしいと思います。

ダブルスは内山選手と組んで第2シードとなっています。
カードにもよりますが明後日月曜日と、来週土日に行くつもりです。

>>大会公式サイト


今シーズン残り4大会 ソウルチャレンジャー①

先日、本人ブログで4年振りとなる全日本への出場を含め、ソウルチャレンジャー、慶應チャレンジャー、豊田チャレンジャーと、今シーズンは残り4大会にすると書かれていました。

全日本のことは後日改めて書くとして、この4連戦は勝利と目標達成のための戦いになります。
連戦にはなりますが、上海マスターズ後、3週間の間オフと練習、トレーニングと充分の時間はあったのではないかと思います。


まずは1週目のソウルが明日からスタート。
ひとつでも多く勝利を期待したいと思います!

シングルスは第4シード。対抗シードはディフェンディングチャンピオンで第1シードのルー(60位/台湾)になりました。添田くんはソウルチャレンジャーと余り相性がよくなく、これまでの最高成績は2006年のベスト8。余り相性のよくない大会のようなので、まずはそこまでしっかり勝ち上がることを目指したい。


1回戦の相手は地元ワイルドカードのHyeon Chung(500位)になりました。

現在17歳で、今年のウィンブルドンジュニアでシングルス準優勝を果たしていますが、今季はジュニアよりもシニアのトーナメントの出場が多く、韓国フューチャーズで優勝と準優勝が1回ずつ。韓国の次世代エース候補選手といったところでしょうか。

こういう選手は勢いに乗らせるとタチが悪いので、第1セットをしっかり取っていい形で勝ちたいところです。


シングルスは明日月曜に入らず、松井選手と組んでのダブルス1回戦が明日組まれています。

その他の日本人選手は、第6シードに杉田選手、第8シードに守屋選手、ダニエル太郎選手、関口選手、近藤選手が本戦ダイレクトインしています。
予選では松井選手と井藤選手が予選決勝に進出しています。


>>シングルスドロー

>>10月28日オーダーオブプレイ







前回の記事にも書いたのですが、全くの私事で、このところ余りテニスモードでいることができずにいます。
このブログは変わらず続けていきたいと思っていますが、今の自分の状態と折り合いをつけながら、週1ペースでなんとか続けることを今の目標としています。ラウンドごとの結果などはアップしないかもしれませんが、上位進出すれば一時的にマメになったりもするかもしれないし、ゆるやかに、温かい気持ちで更新を待っていただけると嬉しいです。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million