日本人選手 来週のエントリー状況(8月2日週)

毎週、翌週の日本人選手のエントリー状況について、ATPツアーとチャレンジャーに限定して事前に掲載しています。

ごひいきの選手が勝ち進んでいる中翌週のことを書くのも妙な感じで、こんな夜中ではありますが、今週の間ではもう今しかこれを書けるタイミングがないのです。

※7月28日現在/ランキングはエントリー締め切り時点

■ワシントン/アメリカ (ツアー500 Hard)

本戦Alt 7. Nishikori Kei 106(プロテクトランキング)
本戦Alt 18. Soeda Go 124
本戦Alt 38. Nishikori Kei 189
本戦Alt 60. Suzuki Takao 299

予選 Soeda Go 112(第6シード)
予選 Nishikori Kei 193

ツアー500の大会なので、本戦Altとは別に予選エントリーリストもあり、公式サイトの予選ページにはすでに添田くんと錦織圭選手の名前が入っています。

ワシントンの予選は24ドローで6名本戦に上がれるので試合は2試合。添田くんには予選シードが付くでしょうが、予選ドローで肩を並べるのは100位台前半のチャレンジャーレベルでは強豪の選手ぞろい。シードとかは全く意味はないでしょう。
そして、問題は予選が土曜日からなので、これに出るためにはそれまでにグランビーで負けておかなくてはならないのです。
ランキングを戻してきて久々にツアー500に出られるのだし、どっちがいいかといったらそれはワシントンでしょうが、そのためにわざと負けるというのもおかしな話で、そのあたり選手はどう対処しているのかちょっと気になるところです。

■北京/中国 (チャレンジャー Hard $75,000 + H)

Ito Yuichi 344
Kondo Hiroki 384
Moriya Hiroki 413
本戦Alt 10. Iwami Tasuku 548
本戦Alt 14. Takeuchi Kento 644

※本戦リストの中に鈴木貴男選手の名前もありましたが、今週グランビーCHで勝ち残っているからでしょうか、エントリーを取り消したようです。岩見亮選手は現在ヘルニア闘病中のようなので、今後エントリーを取り消すと思われます。

北京チャレンジャーは今年新設の大会です。ジャパンオープンと同じ週にATP500ツアーを北京でやり、翌週上海でマスターズ1000もあるというのに、今度は$75,000 ですか・・・。ホントに中国侮れん(笑)
でも、日本人選手にとっては近場に高賞金の大会ができることはチャンスも増えていいことと言えると思います。

■カンポス・ド・ジョルダン/ブラジル (チャレンジャー Hard $50,000 + H)

Ito Tatsuma 248
本戦Alt 27. Matsui Toshihide 549

伊藤竜馬選手は少しレベルの高いバンクーバーという選択肢もあったのではないかと思うのですが、全米に向けて猛暑地トレーニング?(笑)

■バンクーバー/カナダ (チャレンジャー Hard $100,000)

本戦Alt 35. Iwami Tasuku 548


上の他に、エントリーリストに名前が入っていない選手について。

・杉田祐一選手 次の大会はブラジルのチャレンジャーだそう。上のカンポス・ド・ジョルダンを指すのかは不明(再来週の大会には名前あり)
・侍・三橋淳選手 本人ブログによるとスペインのセゴビアチャレンジャーに出場すると書かれていました。
 その場合は予選からの出場になります。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million