楽しみすぎる全米決勝戦!

昨日新しくパソコンを買い替え、我が家のネット環境も無事復活。またせっせとブログを書いていきたいと思います。


ナダルとジョコビッチによる全米オープン男子決勝戦は、雨天により月曜日に順延になりました。

ナダル×ユーズニー戦の途中で力尽きてしまい、目覚めた日曜の早朝、フェデラーとの準決勝は物凄いことになっていました。
この試合がファイナルセットになったことをご存知の方は多いでしょうが、とにかくすごいのは、ジョコビッチがファイナルセットで2マッチポイントを凌いで勝利したこと。

ジョコビッチは添田くんに次いで好きな選手なのですが、よく考えてみたらファン暦1年9ヶ月の間でジョコビッチがグランドスラムの決勝に進出したのは今回が初めてです。これほど決勝が楽しみで仕方ないのは今回が初めてで、きっとそれはものすごく好きな選手がそこまで勝ちあがっていることが大きく関係しているのではないかと思います。

で、ちょっと脱線するのですが、マンツーマンで英会話を習ってまして、試合直後の日曜にレッスンがあったので、早速ジョコビッチのことをテーマにしました。で、彼がフェデラーに勝てた理由を聞かれ、英語で説明をした訳です。
と言っても全然ペラペラではなく複雑なことは言えないので、話したのは以下の3つ。

・自分からミスをしないこと
・自分を信じること
・ピンチの時こそアグレッシブにプレイをすること

でもこれって、今回の試合やジョコビッチに限らず接戦をものにするために必要なことです。

ファイナルセットでフェデラーがマッチポイントを握ったのはジョコビッチから見て4-5のところ。
もしそのままフェデラーが勝っていたとしてもスコア的に充分いい試合だったと評価されるだろうし、今までのジョコビッチはおそらくそこ止まりだったのではないかと思います。

が、今回は違っていた。
この試合をフェデラーとジョコビッチのどちら側から見るかによって評価は全く違うと思います。でも、ファンゆえのひいき目もあるのだろうけど、この勝利はジョコビッチが自分で奪い取ったものです。

何度見ても感極まってしまうジョコ勝利の瞬間・・・。


絵的に感動的なのはこの動画ですが、そのプレイの凄さを見るには断然こっちでしょうか。
>> roger federer vs novak djokovic US Open 2010 – Highlights 1


4-5の15-40と2マッチポイントを握られ、そこからジョコビッチがキープするまで6ポイント(は、上のURLで見られます)。最後フェデラーがショットをネットにかけた以外の5ポイントは全て2人のウィナーによるものでした。そして6-5からフェデラーが30-40と再びブレイクポイントを握ってからジョコビッチがストレートでキープして勝利するまでの3ポイント(上の動画で見られます)は、全てフェデラーのミスによるものでした。
つまり、これらのポイントにおいて右に左に厳しいところにボールを打ち続けながらジョコビッチは自分からミスを1度も犯していない。

それって物凄いことではないかと思うのです。


この勝利に激しく感動しながら、同時にプレイヤーとしてものすごく大事なことを学んだような気がしました。

もちろんハイレベルなことはスクール初級の自分にはできやしないですが、初級なりにもマネできるとすれば「ボールはかならず相手コートに返す」ということ。
このレベルだとフレームとか当たり前のようにあるのですが、フレームだろうがミスヒットだろうが、相手コートに絶対に入れさえすれば次で相手がミスをしてくれるかもしれない。

言い方を変えればボールを返し続ける「シコラー」ってことになりますけど(笑)、自分も取って取って取りまくるプレイヤーになりたいものです。

-----

そして、これはものすごく個人的な考えですが、この数年フェデラーとナダルのふたりだけでグランドスラムタイトルのほとんどを独占していますが、ごく一部の選手による独占状態というのは、その競技にとってあまり健全なことではないのではないかという気がします。
もちろんふたりがとんでもなく偉大な選手であるのは疑うの余地もないことで、そういう絶対的な存在が他の選手のレベルを引き上げていくということはあると思いますが・・・。

が、ジョコビッチにとって今回の勝利で自信を深めてさらに一皮むけるきっかけになるに違いないし、他にもマレーやソダーリング、ベルディヒ、そして復帰近いデルポトロなども加わって、これからは誰が勝ってもおかしくないような「ハイレベルな戦国時代」になっていけばいいなぁ・・・と思いつつ、明日の決勝戦を存分に楽しみたいと思います。


【動画】全米予選1回戦 ラスト3ゲーム

添田豪選手の浜浦トレーナーとの山トレーニング最終日となる今日は、伊予が岳(千葉県南房総市)へ。

>>BEC LOUNGE 添田豪選手 / 山トレ・シリーズ .3


このところ都会の喧騒から離れたい欲がとにかく強く、山トレの記事を読んでいると無性に山に登りたくなってきました。
近く日帰りでどこか行ってこようかな~。

-----

さて、先週の全米予選1回戦 杉田祐一戦の雨天順延後、ファイナル1-4 から試合終了までの動画を見つけました(全部ではないですが)。


雨天順延前のよくない流れを断ち切れなかったのでしょうか、わずか2ゲーム半の間でもミスが度々。その表情もものすごく険しいですね。
試合が終わり握手をした後で拾ったラケットは曲がっています。きっと叩きつけてしまったのでしょう。。

悔しい敗戦の動画を見るのは全く気分のいいものでもありません。
が、ファンがそういう気持ちを持ったところで選手本人が強くなる訳でもないのだけど、こういう悔しさは力を入れて応援していくためにも持っておいた方がいい気がしました。
そして、そういう試合であってもやっぱり画面で見たいものです。

なので、アップすることにしました。


全米予選1回戦敗退 奮起のきっかけとなるか

日本時間今朝、昨日の雨天順延からの試合が再開され、

杉田祐一 def. 添田豪 6-4 2-6 6-2

という結果でした。


ファイナルセット、添田くんの1-4でのサービスゲーム30-30から再開された今日の全ポイントです。

添 30-30 から ○××○(エース)○○ 2-4 ブレイクポイントを握られるがエースで凌ぐ
杉 ×○○×○××× 2-5 40-30とブレイクポイントが来たものの生かせず
添 ××○×(ダブルフォルト)×(ダブルフォルト) 2-6
(エースとダブルフォルトについては、全ポイントでは確認できておらず、上はライスコで把握できた範囲)

1-4からのサービスゲームで、自分がキープする前提で2度ブレイクするチャンスはありましたが、サービスゲームでダブルフォルト2本というまさかの展開で自ら試合を終わらせてしまいました。
気持ちの切り替えがしっかりできて、自分のプレイができれば逆転勝利できる!と信じていましたが、そのこと自体なかなか難しく、まだまだやるべきことは多いのだなぁ、と改めて実感する結果となりました。
昨日上げ忘れてしまったので、試合を通してのスタッツをアップします。


【第1セット】

【第2セット】

【第3セット(昨日の中断時まで)】

【試合の最終スタッツ】


試合中見落とししてたけど、上の他にも1本ダブルフォルトがあったのか・・・。
3月京都チャレンジャーに観戦に行った時に読んだ京都新聞によると、今季新たにコーチを迎え、まず取り組んだ課題がサーブのスピードアップだったようです。そのサーブを実際生やTVで目にしましたが、確かに早くなっていると感じたものの、ライブスコアのスタッツで多くの試合を確認すると、1stの確率は大体50%台でよくて60%前後といった印象で、今日は41%と最近の中でも際立って低い。エースもありますが、それ以上にダブルフォルトも多い。確率のアップは今後に向けて取り組むべきことのひとつではないかと思います。
しかし添田くんも悪いけど、杉田くんの1stの確率は衝撃的です・・・(^^;


さて、試合の内容がものすごく気になったので、ブログがアップされるのを待っていたのですが、

ただ今回負けた事でお尻に火がついた気がします。
何か最近もう1つ燃えるものが欲しかったので、自分をもう1度見つめ直せるきっかけになったと思います。
もう1度今年の初めのような気持ちに戻って改めて頑張りたいと思います。

確実に勝つべき相手にあまりよくない負け方をしたことで、今年満足にオフも取らずに試合や練習などに明け暮れ続けてきた緊張の糸が切れてしまうことはないだろうか、と勝手な心配をしていました。
でも、これを読む限り大丈夫そうですね(^^

今回は残念な結果に終わってしまったけど、目前に迫る100位という数字を越せさえすればもうグランドスラムに予選から出場する必要はないのです。そしてもちろんそこが終着点ではないし、ランキング2ケタになってもチャレンジャーに出てポイントを守りながら、いかにツアーに定着できるところまでレベルアップできるか。

ただ、秋のアジアシーズン以降に向けて、少し休んで欲しいというのは添田ウォッチャーとしての切なる願いです。


そして最後に、あと2度キープすれば勝利という優位に立っていた杉田くんにとって、順延は流れをたち切られ兼ねないイヤなものだったはず。その中で、再度ブレイクしての勝利というのはホントに素晴らしいと思います。グランドスラム予選挑戦5度目にして初の2回戦進出です! 今日の勝利は相当な自信になるはずで、ブログの勝利報告がホントに楽しみです。

杉田くんは持ち前のスピード感あるテニスがゾーンに入った時はホントに何をやっても決まるとんでもない力を持っています。そのゾーンテニスの精度とスピードは例えるならば去年絶好調だった時のダビデンコ(笑)
次は、ウィンブルドン予選決勝で添田くんを破ったウィッテンと対戦、厳しい戦いになると思いますが、今日の勢いそのままにここでぜひ発揮して欲しいです!
というか、添田くんに勝利した責任を取って、なんとしても本戦まで勝ち進んでいただかなくては(笑)


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million