第2セット善戦するもストレートで敗退

マレーシアオープン1回戦

vs イゴール・アンドレエフ 1-6,4-6  で破れました。


仕事中につきライスコでの観戦だったので、仕入れた範囲での情報を要約すると、第2セットは、中盤以降1stが全く入らなくなりながらも(セット通しての確率は驚異の35%ww)ブレイクポイントを与えず、打ち勝ったりするなど、第1セットと比べてゲームのレベルが格段に上がり、互角の戦いに持ち込めていたようです。

本人ブログによると、バンコクでの疲れが取れていなかったようで、そんなにサーブが入らないにも関わらずそこまでいけた訳だから、だからこそ、4-4の相手アドバンテージからのダブルフォルトは痛かった・・・。


対戦したアンドレエフは最新ランキングこそ変わらないものの、春まではトップ50で、それ以前は長年に渡って20~40位台あたりで安定して活躍してきた選手。ここぞの場面での集中力やギアの上げ方は、日頃対戦しているチャレンジャークラスの選手とは全く比べ物にならないシビアさを持っていると思います。

添田くんにとってこのレベルの選手との対戦は7月ニューポートと8月シンシナティで当たったデント以来で、それ以前となるともう去年まで遡らなくてはならないし、このレベルの選手に対する経験値は少ないと言わざるを得ないでしょう。
そして、これはもう実際対戦して身をもって慣れていくしかない。

という意味では、来週のジャパンオープンとその次の上海マスターズの予選(に出るかは分かりませんが)・・・とハイレベルな大会が続くのはいいことだと思います。


いよいよ来週です。
しっかり疲れを取って、ホームの日本で今年の成長した姿をたくさんのファンの前で見せて欲しいと思います!!


1回戦は元18位のアンドレエフと

マレーシアオープンは今日残りの予選決勝が行われ、伊藤竜馬選手の予選突破はならず、添田くんの1回戦の相手は予選第1シードのイゴール・アンドレエフ(102位/ロシア)になりました。


予選選手なのに添田くんよりもランクが高いので不思議に思い、大会エントリー締め切りの8月16日付けランキングを調べてみたら98位と当時109位だった添田くんよりも高いのですが、エントリーリストに名前が入っていない。時々こういうことがあるのですが、エントリーが遅れたから予選からになったんでしょうか? それとも自分の意思であえて予選から?

ともかく、ケガの影響でランキングを落としているようですが、キャリアハイ2008年11月の18位と強敵です。1回戦の相手が予選勝者と分かった時点で、勝ちが見込めるドローだけに正直彼にだけは当たらないことを祈ってたんですが、世の中簡単にはいきませんね・・・(笑)

プレイを見たことがないので詳しいことは分からないのですが、wikiによるとクレイが得意なベースラインプレイヤーとのこと。竜馬のブログによるとクアラルンプールのコートはとにかく遅いそうで、なかなか厳しい戦いになりそうですが、粘りのテニスでなんとか頑張って欲しいと思います。


試合はセンターコートの11時スタートの第2試合に入りました。
マレーシアとの時差はマイナス1時間なので、試合開始は早くて13時過ぎと思われます。

>>火曜日OOP

>>ドロー

>>公式ライブスコア


今日会場を訪れたシンガポール在住のテニスコーチ・越智亘さんのブログによると、試合前日となった今日は、7月にツアー初優勝を飾ったカザフスタンのアンドレイ・ゴルベフ(大会第8シード)と練習したようです。
(ちなみに、去年のジャパンオープン1回戦でサントロ師匠と対戦した選手。あの時は会場一丸となって師匠の応援団になってしまって申し訳なかったな・・・ww)

ツアーに本戦から直接出場ともなるとこのランクの選手とも練習ができるし、今週だけでなくいよいよ来週に迫ったジャパンオープンに向けても好影響を与えてくれそうです。


マレーシアオープンに関する重大なトリビア

Twitterでマレーシアオープンの公式アカウントをフォローしています。

http://twitter.com/KLopentennis

Twitterではアカウントごとにアイコンがあり、この大会は大会ロゴを使用しています。
昨日から予選が始まり、このアカウントが色々ニュースをつぶやいているので、発言のたびにそれを目にすることになります。
そんな中、気になって気になって仕方がないことがあるのです。
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

どうですか?

ほっともっとのロゴと激似なんじゃないかと思うんですが・・・。


って、すみません。今日はこれだけwww


ちなみに明日のOOPが発表になり、添田くんの1回戦は入りませんでした。
明日予選決勝を戦う伊藤竜馬選手のところを除く予選勝者3人は決まりましたが、4人揃うまでドローへの割り当ては決まらないみたいですね。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million