今日は「愛ある暴言」です

デュッセルドルフ1回戦 vs Ghem Andre(250位) 4-6 0-6


すみません、今日はひとことだけ。

第1セット1-4とされてから3ゲーム連取して追いついたところまではよかったのですが、4-4と追いついてからのサービスゲームを落としてしまい、そのままセットを取られて、あとはもう・・・です。
仕事をしながらのライスト観戦でその上で回線速度が遅くて紙芝居状態だったので、プレイは余り見られなかったのですが、試合後、スタッツを見て絶句してしまいました。。


少なくとも、映像で断片的に見られた添田くんからは今日の試合に勝てそうな雰囲気が一切ありませんでした。

相手のジルはコートを広く使って巧いテニスをしていたけど、添田くんはテニスがどこか単調だったように思います。ネットに出るタイミングも、ネットで仕留める最近のテニスを模索していた頃のように、出所を見極められず、不用意に出てパッシングで抜かれてしまう、少し前の姿そのままに見えました。
劣勢では仕方ないかもしれませんが、ミスをするたびに大きく俯いて、とても勝ちを目指しているようには見えませんでした。


愛ある暴言としてお受け止めいただけたらと思うのですが、気持ちの上で自分がとても勝利をもぎ取れるような状態にないのならば潔く帰国してしばらくの間テニスから離れてみてはどうだろうか?と思います。
先だって緊急帰国した際、体を休めるだけではなく病院で体をしっかり見てもらっていないのなら、それもした方がいい。
サンギネッティコーチ以外にも日本人コーチなりトレーナーなり、気持ちを楽にしてくれる存在を遠征に帯同させることも考慮するだけではなく、実際にやってみたらいいと思う。

勝ちをもぎ取るために、できることは何でもやってみたらいいと思うんです。

そうならないことを心から祈っていますが、このトンネルはもしかしたら少し長いかもしれません。。


本来ならこれはさすがに一晩寝かせるべきかなと思いつつ、今日は自分自身のこともありとてもそんな気分になれないので、何も知らない外野の無責任なブーイングのような記事ですが、このままアップすることにしました。

明日は毎月お待ちかねのテニスマガジン発売日ですが、今はなんだか連載を読むのはなかなか気が重いですね。。


デュッセルドルフ1回戦の相手が決定/試合は明日19:00スタート

という訳で、気を取り直してデュッセルドルフ。


エントリー当初は本戦Altの8番、さすがに繰り上がりでの本戦インは難しいのではないかと思っていましたが、欠場者が多く出た影響でギリギリ繰り上がって本戦から出場することになりました。
これを受けて、大会公式サイトにも添田くんに関する記事がアップされています!

もう更新されてしまい見られなくなってしまいましたが、今朝は公式サイトのトップページが添田くんだったので、キャプチャーも撮っておきました(^^

TOP-S


1回戦の相手は予選勝者のAndre Ghem(258位/ブラジル)


全く初めて聞く名前の選手なのですが、ツアーグランドスラム通じて本戦での試合経験はこれが4試合目。
予選突破してのツアー出場は2011年2月以来、約2年3ヶ月振りのようです。
こういう選手はちょっとイヤですねぇ・・・久々のツアー本戦でテンションが高そうです。。

来週の日曜からローランギャロス本戦が始まるため、この大会は今日から本戦がスタートしています。
添田くんの1回戦は明日月曜の現地正午(日本時間午後7時)スタートの1試合目に入りました。

今年のサントスチャレンジャーでの相手選手の映像があったので、予習ということで貼り付けておきます。


添田くんは先月のモンテカルロ予選1回戦をフルセットで敗れて以来、初めてのクレーでの試合になります。

この試合はクレー巧者のボランドリ相手に第1セットをいい形で取れていた(第2セット以降は大失速・・・この敗戦で添田くんは体調を整えるために帰国を決意した訳ですが)し、充分準備ができない中でのクレー初戦でもテニス自体は問題なかったと思われるので、その点は余り心配しなくてもいいのかもしれません。
釜山チャレンジャー敗戦後、水曜日には現地に向かったようで、今大会にはサンギネッティコーチも帯同しています。


それよりも心配なのは、今の添田くんに負け癖が付いてしまっていないか?ということです。。
そこから抜け出すにはもちろん勝利しかありません。

先ほど本人ブログもアップされましたが、少し弱気が垣間見れるのが気になります。
勝ちに恵まれなければ、やっていることに自信がなくなってしまうのは仕方ないこと。。

相手は予選3試合を戦ってきてコートにも慣れているという不安要素はありますが、他の選手を見渡してみてチャンスドローであることは間違いない。
がむしゃらに、泥臭くてもいいから少しでも長くコートに立ち続けて、何かを掴んでくれればと思います。


今大会を生観戦しているテニス観戦仲間さんが撮ってくださった添田くんの写真をせっせとリツイートしましたので、Twitterもぜひチェックしてみてください。


>>シングルス本戦ドロー

>>大会公式サイト


雨が降れば傘をさす。こけたら立ちなはれ

またしても試合から数日経ってしまったのですが、手に入れかけた勝利をまたしても手放してしまったことへの憤慨でもなく絶望でもなく、寝過ごしてしまい観られた試合を一切観られなかった罪悪感とでもいいましょうか・・・。


ダラスチャレンジャーでのペッチュナーとの試合の映像がありました。


写真ではなくプレイの映像を観られたのは久しぶりですが、右腕上と背中にテーピングを貼っています。
足に時々サポート的にテープを貼っているのは見たことがありますが、背中というのは私の見たことある限りでは初めてではないかと思います。

ツアーに進出してもなお、添田くんの試合について詳しい内容やコンディションについての情報が出てくることはほとんどなく何も分からない中、厳しい結果が続くのをファンはただはがゆく思うことしかできません。
この映像だけでの印象とこのところの結果だけで判断するしかありませんが、どこか淡々としすぎているというか余りいいテンションでプレイができていないのかも・・・と感じます。

今回の遠征でまだ1度しか勝てていないし、無理もないのかもしれませんが、毎回長期遠征の後半は心身のエネルギーが切れてきて大抵厳しい戦いになります。
いい時期もあればそうでない時期もあります。余り大事に捉えることなく、毎日の積み重ねを続けていって欲しいと思います。


今更な記事なこともあり、タイトルが全く思い浮かばないので、こんなものにしてみました・・・。

------------------------------

さて、今日は少し前向きなことを書きたいと思います。


通常ツアーのエントリー締切は大会の5週間前なので、本来ならまだまだ先なのですが、ローランギャロス前週・5月19日週のツアー250大会デュッセルドルフに添田くんと伊藤選手が出場することが発表されました!!!

ただ今公式サイトトップは添田くんになっています!!!

Power Horse Cup


去年までは国別対抗戦として開催されていた大会で、去年は日本チームが主催者推薦で選ばれて添田くんも伊藤選手・佐藤文平選手とともに出場しましたが、今年から通常の個人戦トーナメントにリニューアルすることになっています。

地元ドイツの選手を除いて現時点で発表されているのはティプサレビッチとアルマグロのみで、大会注目選手として彼らと肩を並べることになるとは(^▽^)
日本企業の進出も多く日本人街として有名なことから、日本人観客の取り込みを狙ってのことでしょうが、ふたりは去年それぞれロディック、ステパネクを破っているし、日本人や地元ドイツ人からの日本チームへの応援も多かったようです。それぞれにいい印象のある大会ではないかと思います。


今からデュッセルドルフが楽しみで仕方ありません!


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million