雨が降れば傘をさす。こけたら立ちなはれ




またしても試合から数日経ってしまったのですが、手に入れかけた勝利をまたしても手放してしまったことへの憤慨でもなく絶望でもなく、寝過ごしてしまい観られた試合を一切観られなかった罪悪感とでもいいましょうか・・・。


ダラスチャレンジャーでのペッチュナーとの試合の映像がありました。


写真ではなくプレイの映像を観られたのは久しぶりですが、右腕上と背中にテーピングを貼っています。
足に時々サポート的にテープを貼っているのは見たことがありますが、背中というのは私の見たことある限りでは初めてではないかと思います。

ツアーに進出してもなお、添田くんの試合について詳しい内容やコンディションについての情報が出てくることはほとんどなく何も分からない中、厳しい結果が続くのをファンはただはがゆく思うことしかできません。
この映像だけでの印象とこのところの結果だけで判断するしかありませんが、どこか淡々としすぎているというか余りいいテンションでプレイができていないのかも・・・と感じます。

今回の遠征でまだ1度しか勝てていないし、無理もないのかもしれませんが、毎回長期遠征の後半は心身のエネルギーが切れてきて大抵厳しい戦いになります。
いい時期もあればそうでない時期もあります。余り大事に捉えることなく、毎日の積み重ねを続けていって欲しいと思います。


今更な記事なこともあり、タイトルが全く思い浮かばないので、こんなものにしてみました・・・。

------------------------------

さて、今日は少し前向きなことを書きたいと思います。


通常ツアーのエントリー締切は大会の5週間前なので、本来ならまだまだ先なのですが、ローランギャロス前週・5月19日週のツアー250大会デュッセルドルフに添田くんと伊藤選手が出場することが発表されました!!!

ただ今公式サイトトップは添田くんになっています!!!

Power Horse Cup


去年までは国別対抗戦として開催されていた大会で、去年は日本チームが主催者推薦で選ばれて添田くんも伊藤選手・佐藤文平選手とともに出場しましたが、今年から通常の個人戦トーナメントにリニューアルすることになっています。

地元ドイツの選手を除いて現時点で発表されているのはティプサレビッチとアルマグロのみで、大会注目選手として彼らと肩を並べることになるとは(^▽^)
日本企業の進出も多く日本人街として有名なことから、日本人観客の取り込みを狙ってのことでしょうが、ふたりは去年それぞれロディック、ステパネクを破っているし、日本人や地元ドイツ人からの日本チームへの応援も多かったようです。それぞれにいい印象のある大会ではないかと思います。


今からデュッセルドルフが楽しみで仕方ありません!




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million