シンガポールCH準決勝/南アフリカへ

日曜日のシンガポール準決勝は、

vs Lukas ROSOL 4-6 6-7(2) で敗退してしまいました。
本人は優勝を狙っていたようで、それがかなわなかったのは残念ですが、今年初のチャレンジャーでの4強。まずまずの結果だと思います。



準決勝は現地雨天ため別会場のインドアコートで試合が行なわれ、その影響でライブスコアがありませんでした。

日曜日は大好きなジョコビッチの全豪決勝、添田くんの準決勝・そしてそれが勝てば決勝・・・と観戦三昧だわ~(^▽^ と実にテンション高く朝を迎えていたのですが、ライスコがないと分かった時点で出鼻をくじかれネットを彷徨い続け、まず目にしたのは「負けた」という情報のみ。その後本人ブログでスコアを確認しましたが、昨日になってもその試合のスタッツは公開されず、どういう展開になったのかは分からずじまいでした。


代わりにではありませんが、内容についてより分かるものがいくつか見つかりました。

ひとつ目は、日頃情報収集で利用している掲示板 Mens Tennis Forums に書かれていた「観戦レポート」の書き込みです。ちょちょいと和訳してみました。

Rosolのサーブがいいなと感じた。それでもなんとか添田はボールを返し、何度かブレイクに成功した。

添田はポイントの最後をボレーで決めようとしていて、それを時々やっていた。しかし、サーブからポイントを取ることにおいて難のある選手だと思った。なぜなら、もしあなたが6-6までなんとかサービスゲームをキープしたとしても、タイブレークではワンブレイクが致命的になるからだ。

Rosolは添田のサーブに対するジャッジに文句を言い続けたが主審はそれを聞き入れず、かなりイライラしていた。添田はロングラリーでいいグラウンドストロークを見せ、有利に展開したが、Rosolは戦略的に添田のバック側を攻め続けた。それは功を奏したものの、添田は諦めずに食らいつき、第2セットはタイブレークまで行った。

添田のバックハンドとアングルショットは目に見張るものがあったが、それはウィークポイントでもあると思う。彼はフォアでもっとポイントを取っていたのに。

Mens Tennis Forums より このページの#249番の書き込みです)


もうひとつは、何度か紹介してきましたが、今大会添田くんのストリングを担当してくださったみのるさんの観戦レポです。
良かった点と足らなかった点、本当に率直に書いてくださっています。自分のレベルが微妙だと技術的なことも書けないのですが、この分析にはとてもうなずける点がありました。ぜひ読んでみてください。


そして、選手のサポートはそれだけでも大変だろうに、シンガポール滞在中、動画・写真アップやブログでの報告など、日本のファンに向けての発信も行なってくださったサンワテニスアカデミーの方々にはファンとしても感謝してもしきれないし、それだけ期待してくださっているからこそだと思います。

そういう多くの人の期待に応えるためにも結果を出さねば!!!!!


・・・ということで、遠征はまだまだ続きます。
今週はツアー250大会・ヨハネスブルグに本戦から出場です。

1回戦の相手は、第7シードの元5位・シュットラー(83位)になりました。

2005年と2007年のジャパンオープン1回戦で対戦しており、地元の利もあったでしょうがそれぞれ4-6 6-4 2-6/3-6 6-1 2-6 とセットを取っています!
1回戦は月曜・火曜ともに入っていないので、水曜日になると思われますが、疲労もあるだろうけど、もうすぐ35のベテランだしスタミナ勝負に持ち込めば充分勝機はあるのではないかと思います。

シンガポールからわざわざ1日かけての移動です。三度目の正直ということで(笑)、実りのある1週間にして欲しいと思います!


>>本戦ドロー

>>公式ライブスコア

>>ヨハネスブルグ公式サイト


雨により準決勝は明日に順延、勝てば決勝とのダブルヘッダー

シンガポールチャンレンジャー本戦6日目は、雨により全日程が明日に順延になりました。

準決勝は現地時間10時(日本時間11時スタート。勝てば決勝戦とのダブルヘッダーになります。決勝戦はNB16時で、つまり、進行に関わらず日本時間17時以前に始まることはありません。

加えて、来週は南アフリカのヨハネスブルグでのツアー250大会に出場するため、試合終了後すぐに移動をせねばなりません。
日程はものすごくハードになってしまいますが、その覚悟があっての2週連続エントリーなんだろうし、雨の影響とはいえ、トーナメントの最終日まで残れたことはテニス選手としてきっと喜ぶべきことです。で、同じタフなら優勝した方がいい(笑)

まずは1試合目の準決勝に勝たねばなりませんが、今日が単複連戦の疲れを取る恵みの雨であって欲しいと思います。


>>オーダーオブプレイ

>>公式ライブスコア

>>大会公式サイト


注目の日本人対決、3ゲームしか与えず圧勝!!!

昨晩行われたシンガポールチャレンジャー準々決勝、

vs 伊藤竜馬 6-3 6-0

というスコアで先輩の意地を見せて圧勝。
今年初のチャレンジャー大会でベスト4、色んな意味で嬉しい勝利です!


このところの好調がうかがえる伊藤選手との対戦、接戦になるだろうと予想していたのですが、第1セットをいい形で取った添田くんが第2セットも一気に畳みかけ、予想に反してワンサイドゲームとなりました。

昨日はライブスコア観戦をすることができなかったので、またしてもTwitterの観戦仲間さんにスコア実況をお願いし、友人と晩御飯を食べながらケータイを食い入るように見つめていました。さすがに2人だと心苦しすぎますが、行った先で共通の知り合いと遭遇して3人になったので、お話は2人に任せて私はケータイ観戦・・・(って一体何をやってるんだかw)


という範囲内で、試合を振り返ります。

【第1セット】
双方キープからの3-2のリターンゲームで2ブレイクポイントが来て、2本目でブレイクに成功、4-2に。このセットで添田くんは2度ラブゲームキープできたようです。


【第2セット】
しょっぱなのリターンゲームで0-40からブレイクに成功し、次のゲームをラブゲームでキープ。第1セットを取ってもそこから試合がひっくり返ることなどざらなので、とても重要といえる第2セットの立ち上がりを完璧な形で入り、一気に波に乗ることができました!


スタッツを見ると、競った展開になった第1セット、サービスゲーム全28ポイント中22ポイントを取っており、ラリーをほぼ掌握できていたのではないかと思います。
逆にこのところサーブがいいとブログで語っていた伊藤選手は第1セット1stサーブが34%しか入っていません。日頃サーブがいいと、ここまで確率が悪いとそれ以外のプレイにも影響が出たかもしれません。伊藤選手もブログで「自分のテニスをさせてもらえなかった」と書いています。

前回紹介した みのる。テニス@シンガポール! ブログで、伊藤選手目線でレポートが書かれています。

言うまでもなく、これだけ一方的なスコアになるほど力の差がある訳ではないし、今日はこういう結果になりました。でも、こういう試合であっても、1ポイントから一気に流れが変わってしまうこともあるでしょう。実際、第2セット3-0からのサービスゲームではデュースという局面があったようですが、そこからブレイクポイントを与えていない。そういう反撃の隙を与えなかったところに、今の添田くんの充実ぶりが伺える気がしました。


伊藤選手は、来週はバーニーチャレンジャーに出場です。この大会には杉田祐一選手・守屋宏紀選手も出場します。また来週頑張って欲しいと思います!

そして動画。


準決勝は、Lukas Rosol(162位/チェコ)と対戦です。

昨年チャレンジャーで1勝しており、去年の全米と今月のドーハで予選突破。大きな実績がある訳ではありませんが、去年1年間でランキング2ケタの選手を4度破っており、それだけの力を持った選手と言えそうです。
対戦は2007年のアデレード予選1回戦以来で、その時は添田くんが7-5 6-1 で勝利しています。


今大会、今後このようなポイントになります。
ポイントが加算される来週月曜日に、去年のホノルルチャレンジャー分が失効となるので、右のようになります。

準決勝 +33P 495P(116位付近)
準優勝 +55P 517P(107位付近)
優勝 +90P 552P(99位付近)

優勝できれば念願の100位突破の可能性がでてきますが、まずは今日の1戦。しっかり勝って欲しいと思います!!!

今日の試合は現地時間16時(日本時間17時)からのダブルス決勝の後なので、スタートは早くても18時半ぐらいだと思います。


>>オーダーオブプレイ

>>公式ライブスコア

>>大会公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million