ノーチャンスの中、最後まで諦めずに善戦(ロンドン1回戦)

ツアー250大会のAEGON Championships(ロンドン)本戦1回戦

vs ラデク・ステパネク(チェコ/57位) 1-6 3-6

で1回戦敗退です。。


芝でのサービスゲームは、サーブのいい選手が圧倒的優位に立ちますが、今日は1stサーブの確率が第1セット38%、第2セット35%と、最近スコア観戦した中ではしばらく見なかった低さでした。
チャレンジャー大会であればそれでもラリーからポイントを取れますが、このレベルでは当然いつもの展開には持ち込ませてもらえないです。


ライブストリーミングがなかったので、現地で試合を観戦した方のつぶやきを少し取り上げると、第1セットはネットをしきりに取りに行くも上手くいかず、プレイがチグハグだった模様。
スコア上の確率こそ低かったものの、サーブの調子は悪くなかったようです。

かたや、相手のステパネクの1stサーブが80%と圧倒的で、第1セット、リターンゲームで取れたのはわずか3ポイント(うち2ポイントはダブルフォルト)で、ポイント間の時間がとにかく短い。
この大会の他試合のスタッツを見ても、1stサーブの確率が70%を超えている選手はざらで、そこからの取得率も80%台90%台が何人もいました。
そこまでの数字はハードコートではちょっと考えられないものです。

ですが、逆に言うと、ツアーレベルの選手はグラスシーズンではサーブに重きを置くのだろうし、クレーシーズンからの短い切り替え期間の中で、そういうことをきっちり仕上げて合わせてくる。
(他の試合のスタッツまで見る機会はほとんどないですが、なんというか勉強になるなぁ・・・)


で、話を今日の試合に戻すと、プレイを見ていないので推測になりますが、確率が低いからと入れに行ったのでは逆にポイントを与えてしまう可能性もあるし、芝の特性をふまえた上で、リスクを恐れず思い切って打っていたのかもしれません。

第2セットは1stサーブの確率はむしろ下がりながらも、そこからのポイントが89%と添田くんの試合ではこれまで見たことのないような高さで、2ndサーブからのポイントも少し上がりました。

第1セットでは手も足も出なかったリターンゲームも、第2セットはポイントも取れ始め、相手のサービングフォーザマッチでは、リターンゲームで初めてファーストポイントを取り、30-15と初めてポイントで先行し、40-15と初めてのブレイクポイントが到来!
惜しいことにそこからストレートでキープされてしまい、ここを取れていたら流れも変わったかもしれませんが、さすがの一言です。

その前のゲームでは、30-40とマッチポイントを握られながらも、ストレートで凌ぎ、この試合で初めてブレイクポイントを凌いでキープに成功!


スコアだけ見れば完敗だけど、一切のチャンスが訪れない中、終盤になっても試合をまだ諦めないという粘りも見られたし、それが最後の2ゲームで少しいい形になって現れたのかな、と前向きに捉えています(^^


ということで、来週はいよいよウィンブルドン予選!
(こないだローランギャロスが終わったばかりなのに、ホント早いな~ 笑)

このところ少し順位が下がってしまい、予選シードが付くかどうかとても微妙なところです。
でも、結果を出すべきなのはこの大会だし、しばらく高いレベルでの試合が続いている中で得たものと、今日得た課題をしっかりそこで生かせたらいいんじゃないかと思います。


ロンドン本戦ドロー発表! 1回戦はステパネクと対戦

月曜日から始まるツアー250大会・AEGON Championships(ロンドン)に本戦ダイレクトインしています。


本戦ドローが発表となり、1回戦はラデク・ステパネク(チェコ/57位)と対戦することになりました。

キャリアハイは2006年7月の8位。
今年33歳のベテランで、ここ数年30位以内をキープしていたランクをこの1年近く落としていますが、1月のブリスベン(ツアー250・ハード)と4月のミュンヘン(ツアー250・ハード)はベスト4とまだまだ結果をしっかり出しています。
ローランギャロスでは1回戦でガスケにストレートで敗れています。


名前やキャラなどはまぁ知っているものの、プレイをこれまできちんと見たことがなく、ネットで調べてみたら少し古いのですが、一昨年のジャパンオープンの公式サイトに選手紹介記事が掲載されていました。

>>【この選手に注目(3)】ラデク・ステパネク ~ 相手をイラッとさせる試合巧者(楽天オープンニュース)

対戦したくねぇ・・・(やるのは私ではありませんが 笑)


・・・と書いてみて、我ながら何目線なのかはっきりしないというか・・・。
ツアーに本戦から出場するということは、当たり前のようにこういうビッグネームと対戦することを指すのですが、先日ローランギャロスで対戦した13位ユーズニーといい、なんだかランクが上過ぎて、率直な感想を述べると、何をどう書いたらいいのか・・・。

添田くんもツアーレベルで勝てる選手になれるように、練習とトレーニングに必死に取り組んでるんだろうし、ファンとしても、そろそろチャレンジャーレベル目線から卒業しないといけないです(笑)


もしかしたら、ライブストリーミングもあるかもしれないので、それについては1回戦の日程と合わせて、判明次第改めて掲載します。

なお、この大会には錦織圭選手も出場します。


>>シングルスドロー(PDF)
>>大会公式サイト
>>公式ライブスコア


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million