ジレンマからの脱却が急務、なのかもしれない・・・(1)

ローランギャロスの1回戦、先ほど終了しました。
あらかじめお詫びしますと、今日は相当のネガティブ記事になっています。。

フィリップ・コールシュライバー(23位/ドイツ)と対戦し、 1-6 0-6 2-6。3セットでわずか3ゲームしかキープすることができませんでした。
コールシュライバーのプレーが非常に素晴らしく、自信を持って戦えるサーフェイスで、ランキング下位の相手であっても手を抜かず、本当に素晴らしい攻撃的なテニスをしていました。
こちらの動きを見た上でのショットセレクトも絶妙で、1本甘いボールが来ようものならすぐ攻めに転じてきて攻守が一瞬にして変わってしまう場面も何度もありました。

方や、添田くんは慣れていないサーフェイスというのを考慮したとしても、相手と対等に打ち合えるようになるまで、自分から攻めていけるまでにあまりにも時間がかかってしまったと思います。第3セット終盤は見違えるようなアグレッシブさを発揮し、相手のサービングフォーザマッチではマッチポイントを何度も凌ぎ、試合通じて初めてブレイクポイントも握りましたが、ギアが上がってくるのが余りにも遅かったです。


全豪2回戦ベルダスコ戦でも感じたことですが、試合に臨む姿勢において、上位選手とのレベルの差が余りにも大きすぎる・・・。
添田くんは試合において比較的スロースターターな方だと思いますが、それで通用するのはチャレンジャーレベルの選手までです。チャレンジャーであるはずのこちらが様子を見たり、圧倒されて弱気になってどう戦っていくというのか・・・。

今日の調子が悪かったとは思いませんが、先週のソウルチャレンジャーのように、積極的な攻めの姿勢も劣勢にあってもひたむきに勝利を目指すような熱いものを感じることができませんでした。


なんだかだらだらと長くなってきましたが、私の中でモヤモヤとしていたもののひとつが試合後のレポートで見事に記事になって出てきました。
>>「一つでもクレーに出てから臨みたかった」と添田が1回戦で敗退 [全仏オープン] -TENNIS DAILY

以下、2か所引用します。

「ウインブルドンのカットラインのこともあり、(クレーの前哨戦に出られなかったこと)それが響いてしまったのが悔やまれる」

第3セットでは徐々に相手のプレーにも慣れ、勝利を前に焦りが見え始めたコールシュライバーに対してテンポを早めたプレーとネットプレーを混ぜてプレッシャーをかけ、展開が互角になりかけた。添田自身は「開き直った」と言っていたが、これがもし、第1セットの段階でできていればと聞くと、「もう少し早くやりたかった」と話していた。

ベルダスコ戦でも、第3セットは対等に戦いましたが、時すでに遅し。。 こんなことを書きたくないのですが、試合後に言っていたのは全く同じことでした。
百連練磨の上位選手達のレベルの高さと勝負強さに慣れ、試合を通して対等に戦っていくには、ツアーにどんどん出て彼らのレベルに慣れることが何よりも大切です。でも、彼らと戦うためにはランキングも維持しなければなりません・・・本当にジレンマです。。


先日のチャレンジャー連戦はウィンブルドン本戦ダイレクトインのかかった大事な試合でした。
その結果、土壇場のソウルで見事に優勝して権利をもぎ取った勝負強さは素晴らしいと思います。でも、芝シーズンの戦い次第では、全米エントリー締め切り前にまた同じくポイント稼ぎをしなければならないのです。

明らかに中途半端なのですが、ちょっと気分を変えたくなってきたので、今日はこのへんで。。
何か前向きな言葉を探しつつ、全米オープンに向けてのポイント推移については、後日また書きたいと思います。


いよいよ全仏!1回戦コールシュライバー戦は日曜18時から!

更新が遅くなってしまいましたが、明日開幕するローランギャロスの本戦ドローが昨日発表になっています。

2年振り4度目の本戦出場となる添田くんの1回戦はフィリップ・コールシュライバー(23位/ドイツ)となりました。

今季クレーコートでの成績が非常によく勝率69%。このサーフェイスではランキング上位の選手にしか負けておらず、先月のミュンヘン決勝では、今季クレーで好調のマレー相手にファイナルセットタイブレークにまで持ち込んでいます。

同じくミュンヘンで当時21位のゴフィンをフルセットで破った時のダイジェストがありました。


かたや、今季の添田くんのクレーシーズン中の戦いぶりを振り返ると、クレーの大会はこれが2度目。今季は明らかにこのサーフェイスを重視していないことがうかがえます。
つまり、非常に厳しい相手と言えるでしょう。。


その年どしの試合数こそ少ないですが、2011年からこの大会に出るようになり、少しはクレーでの戦い方も分かってきている部分もあるはず。
とにかく、相手うんぬん以前に、自分の納得いくテニスをいかに実践できるかが大切だと思います。

去年は直前の大会で決勝まで残ったことで、時差に慣れる間もなく到着翌日が試合となり、予選1回戦で敗れて早々にパリを後にすることになりました。
今年はソウルからそのままパリ入りしたものの、充分時間が取れたことでオフもしっかり取れたようですね(^^

Bon Jour!ローランギャロスでしっかり練習も出来て毎日良い刺激の中での生活を送っています。今日はセンターコートでも練習が出来ました。とても感激でした!観光する日もあり、パリの観光名所を巡りました。途中軽いぼったくりもありましたが、それも旅の醍醐味と捉えて全体的には楽しい観光でしたww試合まで残り僅かなので、テニス以上に体調管理に気を付けて試合までを過ごしたいと思います!

Posted by 添田 豪 on 2015年5月22日


軽いぼったくりというのが一体何なのか実に気になるところですが・・・(笑)
ともかく、せっかく世界各地を転戦しているのだから、スケジュールが許すならばこういう時間は大事にしてほしいと思います。


試合は大会初日となる明日組まれ、現地時間11:00(日本時間18:00)スタートの第1試合に組まれました。

同じ時間帯に日本選手の試合は入っていないので、WOWOWでの中継も期待できるのではないかと思います!

明日は日本勢は錦織選手、奈良選手、土居選手の試合が組まれています。
伊藤選手と見事に予選を勝ち上がった西岡選手とダニエル選手は明後日月曜日になると思われます。

>>大会公式サイト

>>明日のオーダーオブプレイ


ローランギャロス予選、本日スタート!/ソウルCH優勝関連あれこれ

いつまでもソウルチャレンジャーの劇的逆転優勝にひたっていたいところですが、日曜日からローランギャロス本戦がスタート。
添田くんも今日からパリでの準備が始まります(の前に、ちょっと休んでほしいところではありますが・・・)。

ソウルチャレンジャー優勝を受けて、ATPの公式HPで少しですが取り上げられています。

SOEDA WINS TITLE NO. 17

>>記事はこちら


この勝利の注目すべき点は2つ。
ひとつは目下ランキング急上昇中のチョン選手の連勝を14でストップさせたこと。そしてチャレンジャーでの優勝回数を17とし、鈴木貴男選手の16勝を抜いて歴代同率2位に躍り出たことです。

優勝数の歴代1位は台湾のルー選手による21回。
ソウルでチャレンジャー通算300勝を達成し、セレモニーも行われたようです。
ルー選手がこの記録を突破した時も記事になっていて(こちらから読めます)、この勝利数記録は歴代2位。1位はなんと370勝と他の追随を許さない独走状態。。
5位の選手が283勝ということなので、現在260勝の添田くんは勝利数トップ10に入るか入らないかといったぐらいでしょうか。

あくまでもツアーで結果を出すことを目標にしてほしいと思う一方、チャレンジャーであってもこうして歴史に名を残すような結果を出すことは簡単ではありません。本当にすごいことだと思います。



そして、長らく全く更新もされず、何とかならないものかねぇ・・と思っていた添田くんの公式サイトがついにリニューアルされました!!!!!

GO SOEDA official website  プロテニスプレーヤー添田豪(そえだ ごう)の公式ウェブサイトです。GO! GO SOEDA!.png



モニターが余り大きくない私のパソコンで見ると、上の画像は顔が切れているのですが(苦笑)、とにかく今時なスタイリッシュなデザインに生まれ変わっています。
今まで見たことのない画像が盛りだくさんのフォトギャラリーもあるので、まだ訪れていない方はぜひチェックを!

>>添田豪公式サイト




ということで、現地時間本日からローランギャロスの予選が始まります。

西岡選手は1回戦でJan Mertl(215位/チェコ)と。
杉田選手はJurgen Zopp(143位/エストニア)と。
ダニエル選手は第5シードのDustin Brown(102位/ドイツ)と。
守屋選手は第29シードのAndrey Golubev(137位/カザフスタン)と。

予選は現地時間本日10:00(日本時間本日17:00)からスタートします。
ひとりでも多く予選を突破してほしいと思います!!!


>>大会公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million