絶賛添田の聖地!? ほったらかし温泉(山梨市)

台北チャレンジャー準決勝の記事を飛ばしてしましました。

気分としては先週に続いて憤慨が高まってしまった訳ですが、ミュラーについては正直なところ「さっさとポイント稼いで一刻も早くツアーに戻ってくれ」というのが本音なので、もう何も言いません・・・。

準決勝での添田くんは、このところではほとんど見たこともなかったバックハウンドをかなり多く打っていて、ダウンザラインも1~2本決まっていました。一切の迷いも見られないようなキレのあるショットからは程遠かったかもしれませんが、それでも試合でミスを恐れずどんどん打っていってほしい。ショットの多彩なバリエーションがあって初めて好調のフォアがより機能する訳ですから。

今週は韓国に移動して、金泉チャレンジャーに出場します。
そしてついにミュラーと反対側のドローに・・・(T▽T)

これについては追って記事を立てたいと思います。

------------------------------

さて、本題です。
ゴールデンウィークということで、昨日、日帰りで山梨に行ってきました!

行き先は山梨市にある「ほったらかし温泉」。
年間45万人も訪れる東京近郊で人気日帰り温泉スポットなので、ご存知の方も多いかもしれませんが、私がこの場所を知ったのは添田くんのブログがきっかけでした。

その記事を遡ってみると、2010年の春にトレーニングを兼ねて久々に国内フューチャーズに出場した時、甲府フューチャーズの合間を縫って、体を癒やしに行ったとのこと。
http://www.tennis-navi.jp/blog/go_soeda/017698.php

しかも、今週もう一回は行くかも・・・と書くあたり、よっぽど気に入ったんでしょうね(笑)


そんな訳で、絶賛添田の皆様には山梨に行かれた折、もしくは東京近郊にお住まいであればぜひ来週末にでも(爆笑)チェックしておきたいスポットと言えるでしょう。

ゴールデンウィークということもありますし、今回は趣向を変えて、勝手に「絶賛添田の聖地」であるこちらを写真を中心にご紹介したいと思います。


12

2

2つの施設があり、広さが2倍あり日の出前から営業している「あっちの湯」、元湯と言える「こっちの湯」。いずれも露天風呂です。

山の上にあるので、夜は甲府盆地の美しい夜景と星空を両方見ることができる。昼間は雲っていなければお風呂に入っている視線そのままで富士山が超見えます!
露天風呂にも色々ありますが、三方を壁やつい立で覆われたりしていないので、ここまで自然の中でお風呂に入れる場所はそうそうないのではないかと思います。

それぞれ熱いお湯とぬるいお湯とに分かれているので、温泉っぽさを追求するには熱い方、ゆっくりお湯に浸かって大自然を満喫するにはぬるい方・・と使い分けができます。


3

温泉上がりの牛乳(笑) 分かりますかね、左側には富士。

昨日はすごく天気がよかったので、本当に綺麗に見ることができました。それと同時に、ただでさえ風呂上りの牛乳は美味しいのに、富士を見ながら飲むなんてこれほど格別なことはありません!


11

左はほったらかしさん名物の温玉あげ。なんと130円!右はぶどう&バニラのソフトクリーム。

施設外になりますが、ほうとうやカレー、揚げ物などなど、簡単な食事処や休憩所があって、食べては温泉、食べては温泉・・・と、まる1日過ごすこともできるかもしれません(笑)



唯一の心残りは、昼間に行ってしまったので、一番の見所である夜景を見られなかったこと。
次行く時は、夜を狙っていきたいと思います!

詳しくはほったらかし温泉のホームページをチェックしてみてください!

>>ほったらかし温泉 ホームページ


踏ん張ってつかんだベスト4進出!SFはミュラーと再戦!

昨日行われた台北チャレンジャー準々決勝、ジミー・ワン(157位)と対戦して6-3 7-6(8) で勝利!


昨日は先にリードする展開で、両セット1回ずつブレイクバックもされていますが、その次のゲームをいずれも取り返すことができました。
第2セット後半は2度のブレイクを結局戻され、タイブレークは先にミニブレイクしたのを取り返されての繰り返しで、2マッチポイントを逃し相手にセットポイントも渡り、かなり緊迫の展開でした。
現地の応援も重なり相手に勢いが移ってしまったかも・・と思わせるものがあり、このセットを落としたらどうなるか全く分からなかったと思いますが、よく踏ん張って2セットで勝ちきったと思います!


全ての映像を見てはいないのですが、ワンは同学年でジュニア時代から対戦もあったようだしこのところも定期的に対戦しているので、手の内は知られた相手。昨日は案の定というかバックを狙われてしまい、かなりハラハラしながら見ていました。。本来得意とするショットが武器とならない状態で本人としてももどかしさを感じる部分もあるのかもしれません。
でも、その中でも、フォアクロスの精度がより研ぎ澄まされているのを今週感じています。サーフェイスの速さもあるでしょうが、ラリーの中からいきなり多少強引でもいきなり厳しいボールを打ってそれが見事にハマっていました。ボールの緩急も意識的に付けていたようで、それも効果的に見えました。
そして昨日はサーブがかなり助けになってくれました!

当たり前のことではあるんですが、力が出せずにハタからには停滞しているように見える時でも、もちろん当の本人はやるべきことをやり、立ち止まっている訳ではない。

なんとなくそんなことを思いながら応援していました。


という訳で、今日は準決勝!!!

先週の1回戦敗退は仕方なかったと考えるとして、それ以前に遡ると3大会連続のベスト4です!
好調とは言えないかもしれませんが、その中で連続してしっかり上位進出できているのは前向きに考えていいと思います!


相手は先週1回戦に続いてまたしてもジル・ミュラー(160位)となりました。

内心、またかよクソーーーーー(*`皿´) という気持ちではあるのですが、このラウンドまで当たらなかっただけでもラッキーと無理やり思うことにします。。

高速サーフェイスでこういうことを言うのも無茶かもしれませんが、サーブを売りにする選手に勝つためにはなんとかブレイクしてそれを守り抜くしかないのではないかと思います。
先週のスコアは3-6 5-7 でした。今週のサーフェイスは相手にとって有利な環境ではありますが、添田くん自身にとってもサービスゲームで攻撃的に展開しやすいという意味ではやりさすさもあるはず。

いつも以上にミスを恐れずアグレッシブにいきたいですね!


試合は現地時間14:00(日本時間15時)スタートの2試合目なので、16時半ぐらいから始まると思われます。
前の試合では伊藤選手が決勝進出をかけて戦います。

なんとか日本人対決を実現させたい!

いずれの試合もこちらからライブストリーミングで見ることができます。


アドレナリン全開の台北チャレンジャーベスト8!

本日行われた台北チャレンジャー2回戦、Jason Jung(314位)との対戦は76(2) 62 で快勝、ベスト8に進出です!

今日はライブスコアも余り見ることができなかったので断片的な備忘録としては、第1セットの立ち上がりはブレイク合戦となったようでセット中盤からは双方キープ。タイブレークでしっかりギアを上げて引き離してきましたね(^^

第1セットはファーストサーブの調子が余りよくなく、セカンドサーブからのポイントも28%と思い通りにいかない部分も多かったと思われますが、第2セットではきっちり修正してきてファーストサーブも80%、セカンドからのポイントも50%とかなり戻すことができています。


試合直後を捉えた写真をFacebookで見つけました。

第2セットは2ブレイクと引き離して取れているので、イメージとしては比較的楽に・・と素人としては考えがちですが、右腕の血管のすごいこと!(驚)

こういうライブ感のある写真はものすごく貴重ですが、まさにアドレナリン全開といった感じで、プロスポーツのタフさを如実に語ってくれるすごくいい写真だと思います。


準々決勝の相手はに順当に地元台湾のジミー・ワン(157位)となりました。

ワンと言えば、思い出すのは2012年のまさにこの時期に行われた高雄チャレンジャーでの対戦です。
http://www.go-soeda.info/archives/3701

この時の最後の添田くんの壮絶すぎる粘s驚きはスコアだけの試合でしたが、今でも鮮明に覚えています。

今大会のワンは今日の2回戦も好調さがうかがえる圧倒的なスコアで勝ち上がっています。 
今大会は第1シードのルー選手が突如欠場を発表し、地元の最上位選手として脚光を浴びることになると思われるし、かなりの強敵と言えるでしょう。

明日は試合も入っていないので、しっかり調整して、金曜日に向けてさらにギアを上げていってほしいと思います!


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million