熱戦だっただけに後味の悪い勝利




高雄チャレンジャー2回戦、対ジミー・ワン(193位/台湾)に勝利し、ベスト8進出です!


仕事につきライブストリーミングは見ていないのですが、特に1セット先取で迎えた第2セットはブレイク合戦となりました。
0-1で迎えたサービスゲームで先にブレイクを許すもののすぐブレイクバックし、次にまたブレイクされたらすぐさまブレイクバック・・・と食らい付き、4-5で迎えたサービスゲームでは3セットポイント(3ブレイクポイント)という絶体絶命の大ピンチをストレートで凌ぎました。

そして、5-5で迎えたリターンゲームはものすごい攻防だったようです。
添田くんがブレイクポイントを初めて握ったところでライブスコアからも離れなくてはならなくなり、なんとかブレイクを!!!と思いつつ、15分ぐらいしてライブスコアに戻ると、なんとまだそのゲームが続いていました。その後もアドバンテージが行き交う激しい攻防が続き、デュースになってから20分は過ぎたでしょうか、添田くんがもはや何度目か分からないブレイクポイントを迎えたところで、スコアの下に突然「Winner:G.Soeda by retirement」の文字が。。


しばらく状況が飲み込めずぽかーんとしてしまいましたが、ライストで見ていたTwitterの観戦仲間さんの言葉を集約すると、どうも、このセット中盤でメディカルタイムアウトを取ったワンが、このゲームの途中に突然どこかに行ってしまい、戻ってきて何事もなかったかのように試合は再開されたものの、一旦サービスポジションに入ったにも関わらず突然ベンチに戻ってしまったそうです。

で、とても立ち上がれる状況ではなかったのでしょうか、添田くんが相手のベンチのところまで歩み寄り握手をして試合終了。。

最終スコアは 6-4 5-5 でした。


ワン本人のFacebookによると、「突然呼吸困難のような状態に陥ってしまった」とコメントしています。

台湾にはこれまでなかった男子のATP大会で、しかも同じ年対決ということでワンも相当の気合が入っていたことが容易に予想できます。
どこかに行ってた時間を差し引くにしても20分もデュースなんて、聞いたことないし。


そのゲームのすごさを顕著に物語るのがスタッツです。
第2セットに限定して掲載しますが、赤く囲った数字をご覧ください。

右側が添田くんのサービスゲームは5ゲーム28ポイントに対して、6ゲーム目まで行ったとはいえワンのそれは添田くんの倍以上の59ポイントにも及んでいます。このセット、添田くんはほぼ全てのゲームでブレイクポイントを握っていたような記憶がありますが、各ゲームそんなに長い攻防にまではなりませんでした。
つまり、やはりこの20分間に全てが集約されているのでしょう。

試合を見ているファンにとっても息を呑む攻防だったのだろうし、こういう形でゲーム途中にいきなり終わってしまって、添田くんに相手に根負けをさせてのブレイクを期待していたので、なんか後味が悪いというか少し残念な気もします。

増田健太郎コーチのブログによると、「非常に蒸し暑く、体力の消耗が激しい中、最後まで攻撃を続けていたことが、相手の無理を誘う結果になりました」とのこと。
それにしても添田くんは蒸し暑いところでの大会はホントに強いですね!


明日の準々決勝は第7シードのジェームス・ウォード(149位/イギリス)と対戦、個人的にはこの一戦が大一番になる気がしています。

今日は雨天中断もあり、試合の進行が遅れた影響で明日のオーダーオブプレイはまだ出ていないので、各自でスケジュールはご確認ください。

>>オーダーオブプレイ(夜中には金曜分に更新されるかと)




この記事と関連した記事

コメント(1)

  1. 何はともあれ3回戦進出おめでとうございます♪
    読んでるだけでも大変なのが伝わって来ました。
    ホントにアジアの蒸し暑さに強いですね。
    5−5で終わったけど、疲れが溜まってると思います。
    何とか疲れを取って、次も頑張って!です。
    まずは水分補給がポイントですね。

    のるのる

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年11月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million