【追記しました】1年4ヶ月振りの復活優勝!!!

たった今、釜山チャレンジャーの決勝が終わりました。


6-3 7-6(5)のストレートでジミー・ワン(155位/台湾)を破り、昨年1月以来のチャレンジャー優勝を果たしました!!!!!

おめでとうございます!!!!!

今大会は賞金総額75,000$+H とチャレンジャーの中でもグレードが高く、優勝ポイントもどーんと100ポイントです!
これで明日付けの最新ランキングは103位にまで一気に浮上します!

そしてものすごいことに、昨日のチウディネリ戦と同様、第2セットは先にブレイクを許しながらも相手のサービングフォーザセットを取り返し、タイブレに持ち込んで先にミニブレイクをして追いつかれながらもポイント先行を許すことはなく、6-5とマッチポイントで迎えた相手のサーブを1本目で破って見事なストレート&逆転勝利!!!!!

20140518-KIM_3520-2



・・・という訳で続きです。

昨日も同じことを思ったのですが、相手を2セットを通じて圧倒するよりも、相手にリードを許したところから追いつく方が難しいのではないかと思うのです。
それを2日続けてやってのけるというのが本当にすごい!


先ほど早速添田くんが2週間振りにブログをアップしました。
そこに書かれていたのは、「この1ヶ月で自信を失ったり、戻したり、考えすぎたり、色々な事が頭の中で渦巻いていました。最終的には考えないでただシンプルにプレーする事!」という想い。

先々週の台北チャレンジャーではそれが影を潜め、プレイが少し消極的でテニスが単調になっているようにも見えました。でも、今週のプレイでは、ミスを恐れずアグレッシブに攻める、バラエティに飛んだショットを高い精度で打つ添田くん本来のテニスを見ることができました。昨日今日は、特にその「シンプルにプレイする」というのがまさに体現されていたように思います。

4つ出場した大会の最後でそれをしっかり見つけられて、それが結果に結びついて、本当に本当によかったと思います。

2014釜山優勝.jpg

------------------------------

釜山チャレンジャー公式サイトで、今日の決勝戦についていくつか記事がアップされていました。

google翻訳で見てみると、添田くんはこの大会で2008年に優勝していますが、記事によると、この大会に最も多く出場している外国人選手なんだそうです。予選から出場した2005年から、2012年を除く9回の出場。

2012年に出場しなかったのは、直前の大会で優勝したことでロンドンオリンピックへの出場を確実にし、ツアーへの挑戦を始めたからに他ありません。
その後、ランキングが下がりこうしてまたアジアのチャレンジャーへの出場が続いていますが、これは下降ではない。

ツアーへの定着は簡単ではありませんが、日々試合に臨む中で得ている経験値ははかり知れないものがあるはず。


昨年末以来の100位間近というところまで戻してきました。
去年のこの時期は今どころじゃない絶不調で全くポイントを取れない時期が続いていたことの裏返しでもあり、そこから復活をとげた芝シーズンはもう少し。去年は予選を突破したウィンブルドンで2回戦に進出しています。ここからはまた失効ポイントとの戦いにもなります。

でも、だからこそ今このタイミングで復調を果たし、この先に弾みを付けられる大きな結果を出せたことが大きいと思う!


ローランギャロスの予選は予定通り出場するようです。
タフな連戦になりますが、優勝して乗り込めるのはプラス材料でもあります!

シーズンは中盤戦にさしかかっています。
ここから!添田くんの再浮上に期待しましょう!!!!!


今シーズン初のCH決勝進出!

釜山チャレンジャー準決勝、マルコ・チウディネリ(197位/スイス)と対戦して6-4 7-6(6)で勝利。

嬉しい嬉しい今季初めてのチャレンジャー決勝進出です!!!!!


今日は自分のテニスがあって第1セットしか映像を見られなかったのですが、序盤はストロークで優位に立ち、左右に相手を振る得意の展開で2-1からのリターンゲームでブレイクに成功。このブレイクポイントではバックハンドのダウンザラインが綺麗にノータッチで決まり、こういうボールを見たのが久しぶりだったので思わず歓声を上げてしまいました!
しかし5-3から迎えたサービングフォーザセットで突然ミスのオンパレードを繰り出してしまい(苦笑)、5-4とタイに並ばれてしまいます。が、次のゲームをすぐさま取り返し、第1セットを先行します。

後半は支度をしながらで余り映像は見ていないのですが、添田くんのポイントがカウントされる前には大きな拍手が何度も起こり、素晴らしいプレイをしていたんだろうと想像できます。


第2セットはファーストサーブの確率が下がってしまい2-2からのサービスゲームを先に落とし、追いかける展開になりましたが、4-5からのリターンゲームで40-15と大チャンス到来。そこから相手のセットポイントまで持ち込まれましたがブレイクバックに成功!

先にミニブレイクに成功しますが取り返されてしまい、相手のセットポイントにまで持ち込まれますが、しっかり自分のポイントをキープ。初めて迎えた7-6マッチポイントからのリターンの1本目を取り切って勝利しました!


増田コーチのブログにマッチポイントのことが「長いラリーから最後はフォアを打ち込める態勢までこぎつけエースを取って試合を決めました」と書かれていました。

第2セットは追いかける展開になったものの、土壇場でブレイクバックというのがまず素晴らしく、どっちに転んでもおかしくないのがタイブレーク。このセットをもし落としたとしても流れは悪くないはず・・などと考えていたのですが、添田くんはもっと高いレベルでアグレッシブに試合に臨んでいたんですね。少し反省しています。。


上にも書いたバックハンドのダウンザラインもそうですし、今大会の添田くんは本当によく動けていてそれがバックハンドの攻撃力アップに繋がっているような気がします。
・・・と書くと少し語弊があるのですが、これまでの強いテニスが戻ってきていると感じたのです。
勝利の瞬間、ガッツポーズも出たそうです!

チウディネリに非常にいい形で勝利できて、復活への大きな手ごたえも感じられているのではないかと思います。


ということで、明日は決勝戦!!!

添田くん同様、シード勢総崩れというチャンスをしっかり勝ちあがってきた第8シードのジミー・ワン(155位/台湾)との対戦です。

ワンとは先々週の台北チャレンジャーで対戦しており、添田くんが6-3 7-6(8)で勝利しています。
いいイメージで試合に臨んでほしいと思います。


ご存知の通り、添田くんは来週火曜日から始まるローランギャロスの予選にエントリーしています。

試合終了後その足でフランスに向かったとしても、到着するのは夜中かもしくは飛行機によっては月曜日になるでしょう。時差調整とクレーでの準備もままならないままぶっつけ本番で試合となります。つまり、ものすごく厳しい戦いを強いられることになるでしょう。
でも、同じ厳しい戦いになるのなら有終の美を飾ってフランスに乗り込みたいところです。

ともかく、明日はなんとしても勝ちたいのです!!!!!!!!!!

試合は現地時間14:00(日本時間同時刻)から行われます。を

皆さん、明日は添田くんの復活優勝を見届けましょう!


新ラケットと目指せ今季初決勝!!!

今日行われた釜山チャレンジャー準々決勝、地元ワイルドカード選手のJi Sung NAM(579位)を 6-4 6-4 で下して今季3度目のチャレンジャーベスト4進出です!

今日はどうもライブストリーミングが不調だったようで(会社でも家でも・・皆さんいかがでしたか?)映像を見ることができずスコア観戦となりましたが、今日は一度もブレイクを許すことなく、両セット1ブレイクずつで引き締まったスコアになりました。

増田コーチのブログで試合のことが詳しく紹介されています。

先日の2回戦も内容的には素晴らしかったですが、今日はいずれも5-4からのリターンゲームで30-0とリードされてからのブレイクでした。ここぞのところでギアを上げてしっかりゲームを取れているので、ある程度の余裕を持ってできたということなのかもしれません。

明日の相手はマルコ・チウディネリ(197位/スイス)と対戦になります。

今大会、シード選手が直前での欠場もしくは1回戦で次々に途中リタイアしたことで、現在残っているシード選手は添田くんとジミー・ワンの2人だけ。チウディネリはもちろん非常に厄介な選手ですが、今週は添田くんにとって大きな優勝のチャンスであることは間違いありません!

明日はそのための最大の山場になるのではないかと思われます。

激しいストローク戦になると思うので、それに打ち勝ってほしいと思います!

---------------

という中で添田くんの強い味方になっていると思われるのがラケットの存在です。

この遠征で鮮明な写真で姿を確認できたのが今大会だけなので、どのタイミングからなのかはっきりは分からないのですが、ラケットをYONEXの新ラケット、VCORE Tour Gに変更しているようです。

201405釜山CH2R

こちらは2回戦・関口戦。今大会はフォトギャラリーが非常に充実しているので、さかのぼって見てみると1回戦から同じラケットを使っています。

これは個人的な印象なのですが、実はVCORE Xi は添田くんには余り合っていないのでは・・・?という勝手な疑念を少し抱いていたので、ラケット変更後、早速一定の効果が表れているのは本当にいいことだと思います。
今はただでさえ勝利を渇望している時でもあるだろうし。


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million