2ゲームしか取れず完敗するも、後半はいい攻めも(2012マルセイユ)

さきほどツアー250大会、マルセイユの1回戦が終わりました。

vs リシャール・ガスケ(15位/フランス) 0-6 2-6

悔しいですが、完敗です。。


ガスケには爆発的な巧さがある一方、一旦崩れ始めたらズルズルと自滅していくようなもろさもあり、そういうところを突ければいい試合になるのではないかと期待していましたが、それはこちらが相手を追い詰めて初めて成立するもの。
ブレイクチャンスも2ゲームありましたが、そこからのギアの上げ方は見事で、一方の添田くんはブレイクポイントを握られたゲームは全てブレイクされてしまい、なかなか厳しい試合になってしまいました。

ライストで見た感じ、こちらから先にミスを重ねてしまい、ミスを恐れてボールが甘くなってしまったところをさらに攻め込まれてしまいました。特に今日はフォアの精度がよくなかったです。
ファーストサーブも第1セット38%、第2セット39%しか入らず、これでは太刀打ちできないですね。。

第2セットの第4ゲームで初めてキープをしたあたりから強気の攻めとショットの質がようやくかみ合うようになってきて、持ち味である精度の高いストロークからのポイントも見られるようになりました。
試合を通じて、ロングラリーでは左右の厳しいところに打ち分けて相手のミスを誘うといった、添田くんらしいプレイもあったと思います。
ネットプレイは素晴らしかったと思います。(ただし、それ以上にガスケのネット際での動きが本当に素晴らしい!)

伊藤竜馬に帯同して試合も観戦した増田健太郎コーチのブログに試合について詳しく書かれています。


残念な結果ではありますが、添田くんの持ち味である精度の高いストロークと最近目を見張る恐れを知らない早い攻めは、心技体が整って初めて実現できる脆さもあるような気がしています。


来週から3週間、シンガポール・京都・平果(中国)とアジアでのチャレンジャーに出場します。

相性のいいアジアの大会に向けて、また調子を上げていって欲しいと思います!


マルセイユ1回戦はガスケと対戦 / 試合は火曜日深夜2:30頃より

今シーズンツアーでは初めての本戦からの出場となるマルセイユ。
昨日本戦ドローが発表となり、1回戦は16位のガスケと対戦することになりました。

前回のブログで1回戦は第4シードまでとは当たらないと書いたら、まんまと第5シードに・・・(T T)


相変わらずすごい引きの強さ(弱さ?)だなぁ・・・とガックリしつつ、ポジティブに考えると、今季の目を見張る活躍というのは、これまで数々の悲惨ドローがもたらしたトップ選手(モンフィス、ユーズニー、ツォンガ、そしてナダルなど)との対戦で得たものが選手としての成長に少なからず影響していると思います。
チャレンジャーを主戦場とする選手にとって、トップ10とかの選手と同じ大会に出られる機会自体年に何度もない訳で、その数少ない機会の中から確実に対戦チャンスをモノにできたことは、プレイヤーとして一皮剥けた今振り返るといいことだったのだと思えるし、その中で体感して身につけたものを、これからは発揮する段階に入ったのではないかという気がしています。


と言いつつ、バッドドローであることには間違いありませんが(笑)、自分にシードが付かない限り、1回戦から上位選手と当たってしまうのは仕方がないことだし、今回はそのお陰で試合も火曜日になり、しっかり調整に時間をかけることができます。

試合は現地時間火曜日NB18:30(日本時間深夜2:30)となりました。
前に試合がさほど詰まっていないので、ここからほとんど遅れることはないと思われます。もちろんセンターコートなので、ライストで見られるはずです。

ガスケは個人的に好きな選手でもあるので、どんな試合になるのか今からとても楽しみです!


>>シングルス本戦ドロー

>>火曜日オーダーオブプレイ

>>大会サイト


マルセイユは本戦から出場!!!

本戦Alternates 2番目で待機していたツアー250大会のマルセイユにダイレクトインすることができました!!!

前回の記事で、28ドローのうち19枠がダイレクトイン、2枠がSE、残り7枠が予選勝者と書いたのですが、これが間違えていて、実際は予選枠が4つでワイルドカードはその余り分の3。SE(Special Exempt/前週大会出場者に対する救済処置)が開放された分が添田くんに回ってきました!
大変失礼いたしましたが、まぁDAできたんだからよしとしてください(笑)


去年から遠征中の添田くんはとにかく大会から大会へと過密スケジュールだったので、コンディション調整を難しくさせ、個々の試合でのパフォーマンスを下げることになる部分もあったのではないかと思います。

という中で、木曜日に負けて土曜日から試合なのと、早くても月曜日からになるのとでは全然負担が違います。少し時間ができたのは本当に大きいです!

第6シードまでが20位以上と非常にレベルの高い大会で、この中を勝ち上がっていくのは本当に大変だと思います。
でも、マルセイユは28ドローなので、第4シードまでは2回戦からとなり、ツォンガ、フィッシュ、ティプサレビッチ、デルポトロに1回戦で当たることはありません。

このレベルの大会でコンスタントに1回2回と勝ち上がれるようになればいいと思うし、これから50位とかを目指していくのであれば、それができなくてはなりません。

調子がよければ10位台の選手にだって勝てるし、上位の選手に連勝だってできるんです。強い自信を持って臨んで欲しいと思います。


本戦ドローは現地時間土曜日の正午に決まるので、今晩21時ぐらいには判明するのではないかと思います。

ちなみにこの大会には伊藤竜馬選手が予選第1シードで出場しています。


>>大会公式サイト


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million