絶賛応援だからこそ

今日の試合はほとほと情けない・・・。

vs Marco CECCHINATO(511位/イタリア) 5-7 6-2 3-6

第1セットと第3セットの相手のスタッツは素晴らしかったです。
ファイナルセットは添田くんが再三ブレイクポイントを握りながらそれを全て凌いでいたし。
そして、幼い頃からクレーに親しんできた選手、サーフェイスの熟練度も添田くんとは全く比較にはならないでしょう。
相手選手を素直に称えたいと思います。

翻って、添田くんの今日の負けははっきり言ってひどいです。
思いもしない慰めの言葉を無理やり書いたりするつもりもないです。

相手はこれまで100位台の選手にさえ勝ったことのないフューチャーズの選手です。
相手のよしあしやサーフェイスなど関係なく、このレベルの選手に勝てないようで、マスターズの予選など突破できるはずない。

今日の反省点をしっかり振り返り、再来週のデュッセルドルフとその次のローランギャロスに備えて欲しいと思います。


マスターズ1000ローマ 予選第7シードで出場!

予選エントリーをしていたマスターズ1000・ローマの予選ドローが発表され、第7シードに。
滑り込みでトップシードグループに入ることができました。

1回戦の相手は地元ワイルドカード選手のMarco CECCHINATO(511位)。

19歳の若手で、地元と近隣国のフューチャーズを積極的に転戦している選手のようで、プロフィールらしいプロフィールは分からなかったのですが、ITFのプロフィールページによると、好きなコートはクレーコートとのこと。

初戦だし緊張もあるでしょうが、ラストインさえ104位という超ハイレベルな予選、他の山を見渡してもこれほどラッキーなドローはありません。
しっかり倒して予選決勝に進んでいただきたい!


試合は現地時間土曜日午前10:00(日本時間17:00)スタートの第5試合目です。
前の試合が多く開始時間が読みにくいですが、日本時間23時ぐらいにはスタンバイって感じでしょうか。


今大会は添田くんにとってはヨーロッパでの初のマスターズ1000大会となりますが、今大会を皮切りに、国別対抗戦デュッセルドルフ、ローランギャロス、芝シーズンに移ってロンドン、イーストボーン・・・と全てダイレクトイン。
オリンピック出場圏内に入ったことで、今後、出場する大会の傾向が大きく変わってくることが予想されます。
色んな意味でこの大会はとても重要な意味を持つような気がしています。


>>予選ドロー

>>オーダーオブプレイ


Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年7月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million