ウォードに快勝でベスト4!あと2勝でオリンピック!!!!!




本日、高雄チャレンジャー準々決勝が行われました。

vs ジェームス・ウォード(149位/イギリス) 6-4 6-1


今日は仕事のタイミングが悪く、ライブスコアさえほとんど見られませんでしたが、ウォードはツアーベスト4のキャリアもあり、長身のビッグサーバー。ハマった時の怖さは想像に難くないので、接戦になる覚悟をしていましたが、さすがは添田くん!1度のブレイクも許すことなく快勝です!

これでベスト4。この時点で月曜付けのランキングではキャリアハイに並ぶ67位になることが決まりました。


しかし、勝負はここからです!!!!!

今大会優勝すれば125ポイントを獲得します(置き換え分を引くと117ポイント)。
これを月曜に発表されるランキングに当てはめると59位になります。初の50位台に突入!とかもはやそんなことはどうでもよくて、今後の失効ポイントを加味しても、6月11日付けのポイントは最低で758。月曜に発表されるランキングに当てはめると62位。
多少の順位の変動はあるとしても、

今週優勝すればロンドンオリンピック出場圏内に入れるんです!!!!!



ITFのオリンピックページによると、シングルスで出場できるのは64人。1ヶ国最大4人までと決まっており、内訳は、ランキング枠56人、ITF推薦枠が6人、ワイルドカードが2人だそうです。
(以前書いた記事には56人の内訳を「ダイレクトイン48人、ITF推薦8人」と書いたんですが、読み間違えたのかその後変更になったのか・・・)

つまり、ランキングの時点で確実に出場を決めるには56位以内に入っていなければなりませんが、強豪国は上位に選手が集中しており、5番手以降は推薦枠にも入れないため、その分が繰り下がってチャンスが廻ってくる訳です。

参考として、現状5選手以上を擁する国について調べてみましたが、ドロー数と同じ64位までの間で調べてみると、スペイン5人、フランス3人、アメリカ1人、アルゼンチン1人・・・と10人ぐらいは抜けることが分かる。
これを単純に当てはめると、66位ぐらいに入ることができればダイレクトインできると思われ、優勝できればその時点で限りなくそれを満たせることになるのです!

ちなみに推薦枠は8つありますが、幅広い国籍の選手に対して門戸を広げるという意味で、ランキング枠で出場する選手がいない国の選手を優先的に選ぶそうで、日本にその枠が回ってくる可能性はまずない訳です。


・・・と、つらつらと書きましたが、もちろんたとえ今週でそれを達成できなくても、エントリー締め切りは6月11日で、そこまでに添田くんは最低でも3大会は出場するので、まだチャンスはあります。
でも、今週は充分優勝できるチャンスがあるので、ここでなんとしても決めて欲しい!!!

添田くん本人ももちろんそのことは把握しているだろうし、今年になって突然浮上した大きな大きな目標達成を目の前に硬くなってしまう部分もあるかもしれません。
でも、それを受け止めた上で、それに打ち克って欲しいんです!


明日の準決勝の相手ですが、準々決勝のうち2試合が試合途中で雨天順延になってしまったため、まだ決まっていません。
対戦相手は明日準々決勝を行った後、ダブルス1試合をはさんで準決勝に臨みます。

条件的に確実に添田くんの方が有利で、そのチャンスを貪欲に活かしたいです。
こういうことは余り書かない方がいいのかもしれませんが、今週に限っては美しい御託を並べる余裕などありません(笑)


試合は現地時間正午(日本時間13:00)スタートの第3試合目に組まれましたが、1試合目は添田くんの対戦相手を決める順々決勝(第1セット2ゲーム目から)、ダブルスの後なので、早くても日本時間15:30スタートといったところでしょうか。

ちなみに、伊藤選手も準決勝に進出していますが、こちらも雨天順延により対戦相手は決まっておらず、日本人ふたりには非常に追い風な状況になっています。


>>オーダーオブプレイ




この記事と関連した記事

コメント(1)

  1. まだ早いけど、もう嬉しくて泣けて来ました(T_T)
    sabumasaさん、応援し続けて良かったですね。
    ホントに早いんですが…
    60位台どころか50位台。
    もう一踏ん張り、夢を現実にして欲しいし、ここまで来たら、早々に安全圏に入って欲しいです。
    と言う事は、決勝進出し竜馬さんにリベンジを果たさないと!
    竜馬さんには申し訳ないんだけど、今年ばかりは許してね!です。

    このblogを偶然見つけてなければ状況が全くわかりませんでした。
    sabumasaさん、たくさん記事を書いてくれてありがとうございます。
    ホント、感謝・感謝です。

    今日からは私ももっと緊張します。
    豪さんもプレッシャーを感じていると思いますが、がむしゃらに掴まえに行ってくれるのを手に汗かきながらじっくり見ます。
    こんなに応援しがいがあるってやっぱりオリンピックはすごいです。

    のるのる

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年6月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million