【追記しました】デルポトロから1セット取る善戦!(2012ウィンブルドン2回戦)




更新遅くなりましたがウィンブルドン本戦2回戦。

vs フアン・マルティン・デルポトロ(9位/アルゼンチン) 2-6 3-6 6-1 4-6

最終的にはやっぱり悔しいのですが、全米タイトル保持者相手に思い切ったテニスができたと思います。
そして、1セット取ることができました!


今回は少しじっくり書きたいのですが、書いているうちに寝落ちしてしまい、朝起きたら添田くんが早々とブログをアップしていました。増田健太郎コーチのブログと合わせて、ひとまずリンクを貼っておきます。

Wimbledon終了しました
http://www.tennis-navi.jp/blog/go_soeda//034783.php

圭と豪
http://www.tennis-navi.jp/blog/masuken//034786.php


夜、じっくり時間をかけて加筆したいと思います。


とか言いながら、随分時間がかかってしまいました。
今週は深夜観戦に加えて仕事がピークで、添田くんの試合がない日は必死に働き、試合がある日は帰って見るために必死に働き(笑)で、疲れ果ててしまったのです・・・。

という前置きはいいとして、本戦ワイルドカードを得て初めてグランドスラム出場を果たした2007年の全豪(アンチッチ戦)を除くと、初めてとなるWOWOWでの放送カード入りを果たし、端折られつつもNHKで深夜放送があったので、この試合を観た方は多いのではないでしょうか。
でも、備忘録としてこの試合のことは少し細かく書き残しておきたいと思います。


試合の立ち上がりは素晴らしかったのですが、第1セット中盤以降、デルポトロがギアを上げてきてからパワーかつスピードのあるフォアに押され気味となり、持ち味を発揮できずに第2セット中盤までキープができない苦しい時間帯が続きました。
が、第2セット0-3からのサービスゲームで4ゲーム振りにサービスゲームをキープできたところから、ラリーに変化を付けたり、こちらから相手を左右に振ったりとプレイに積極さが見られるようになってきました。

第3セットは第2セット中盤からの添田くんの攻めが少し利いてきた部分もあったと思います。デルポトロにミスが増え始め、少し集中を欠いてきて、完全に添田くんの時間帯となりました。第3セット第2ゲームでこの試合初めてブレイクポイントを握ると、それを活かし初めてのブレイク。あわやベーグルの5-0まで行き、6-1でセットを取ることができました!


初めてのキープをきっかけに流れが変わっていったWTCのベルディヒ戦もそうでしたが、ひとつキープをしたことで、気持ちの切り替えができたのかもしれないし、それを境にプレイの質がグッと上がりました。
添田くんも第2セット中盤以降気持ちのありようが変わったことをブログで書いていますが、改めてテニスはメンタルのスポーツであることを思い知らされます。

そして、たとえ相手のテニスに慣れるまでに2セットかかったとしても、そこから逆転勝利できるのがグランドスラム。相手が気持ちを切り替えてワンサイドゲームになったらどうしよう・・・という私の不安をよそに(笑)第4セットは全くの互角。
このセットをもしも取ることができれば・・・とほのかな期待感を抱きながら迎えた4-5からのサービスゲームをブレイクされてしまい、試合終了となりました。

この最後のゲームは1本目がダブルフォルトでしたが、あくまでも攻めて打っていった結果で、長いラリーとなった最後のポイントも、添田くんが攻めて打ったボールがわずかにアウトしたというもの。本人も内容には納得をしているようです。


大会2週間前から試し始めたというグリップを薄くしてのサーブが好調でだったようです。
確率がこれまでと比べて高くなっている訳ではありませんが、ファーストサーブが入った時のポイント取得率の高さがそれを顕著に表しています。
中盤以降、ブレイクされなかったゲームはサービスゲームでポイントをほとんど与えていないのではという印象がありましたが、スタッツをみると、新グリップの効果は覿面であったことが一目瞭然です。


4-4や4-5からのサービスゲームはホントに要警戒で、それまで拮抗していた試合で一瞬にして差が付いてあっという間に決着が付いてしまうことは多々ありますが、仮に最後のゲームをキープしていれば5-5になって、その後は分からなかったかもしれないし、もしもこのセットを取ることが出来ていれば、セットカウント2-2のイーブンで、ここまで来ればどちらが勝ちたいか勝負のようなもの。まぁたらればの話なのですが、ひょっとしてひょっとすることがあったかもしれません。
この試合はわずか2時間ほどだったので、まだまだ体力的にも余力はあったと思います。


ともかく、デルポトロから1セットを取ることができたというのは大きな大きな自信になったと思います。
私がファンになってから去年まで、トップ選手相手に力を出し切れた試合は何度もあったし、かつて対戦したモンフィスやツォンガとはタイブレークにまでもつれ込みました。でも、一度もセットを取ったことはありませんでした。
試合に勝つための最低条件は、セットを取らなければならないということです。この「セットの壁」をついに超えたことが、さらなる自信を与えてくれるのでしょう。


なんかきりがなくなってきたので、このへんにしておこうと思います(笑)

ローマ予選 → デュッセルドルフ → ローランギャロス →ノッティンガムCH → ロンドン → イーストボーン→ ウィンブルドン と、7大会にも及んだ長い長い遠征がようやく終わりました。
もう日本に戻ってきている頃だと思います。来週の今頃はもうアメリカに向かわなければなりませんが、つかの間の日本でのオフを思う存分満喫して欲しいと思います(^^

ブログの方も、つかの間の試合がない時期を迎えるので、来週末まで自分のペースで余談?のあれこれをアップしていこうと思います。


最後に、2回戦についての詳細が読める記事をまとめてリンクを貼っておきます。

添田に勝利したデルポトロ、次戦の錦織に警戒 ウィンブルドン選手権 -Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000031-jij_afp-spo

添田はデルポトロに敗退、錦織との対戦は実現せず/ウィンブルドン -テニスナビ
http://www.tennis-navi.jp/news/world_tour/wimbledon/034790.php

添田豪「思い切って自分のテニスをするだけ」 -テニス365
http://news.tennis365.net/news/today/201206/89784.html




この記事と関連した記事

コメント(1)

  1. sabumasaさん、お疲れ様です。
    夕べは最初から最後までじっくり&熱く応援しました!
    GOさんの人相が途中から確実に変わって来て、ものすごく感動しました。
     
    足まで速くなった気がします。
     
    1stセット途中から2ndセット途中までは、多分頭真っ白になったかと思いますが、しっかりと落ち着きを取り戻し、持てる力と自信を全て出し切ったのでは。
     
    確かに最後はブレイクされてしまいましたが、それこそが自信の大きさの違い。
    今後に生きる所ですよね。
     
    正直、4セット目は体力が持つかな?と私自身が思っちゃいましたが、すごいトレーニングを積み重ねて来たんですね、GOさんごめんなさい、です。
     
    blogアップ楽しみにしてますね!
    コメントのくせに長くてごめんなさい。興奮続いてます。

    のるのる

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million