【添田版 プロジェクト45】について考察する 第2回




増田健太郎コーチのブログによると、昨日無事帰国をしたようです。
7月9日週から次なる遠征がスタートするので日本滞在はわずか数日でしょうが、つかの間のオフを満喫して欲しいと思います。


ウィンブルドンで念願のグランドスラム本戦初勝利を挙げ、大会終了後には自身初となる800ポイント台に突入し、ランキングも54位あたりに浮上します。

松岡修造氏が打ち立てたかつての日本人歴代最高ランキング46位を超える【プロジェクト45】の達成まで、いよいよあと10位ほどに近づいてきました。
現在45位の選手のポイントは923なので、その差は115ポイントですが、ウィンブルドン終了後は、全体的にポイント数が下がるようで、その差は80ポイント弱ほどになりそうです。


これまでであれば「チャレンジャー優勝わずか1回分」なんて表現したところですが、オリンピック出場を確実のものにした4月の高雄チャレンジャー以降、ウィンブルドンを含めて7大会に出場しましたが、チャレンジャーへの出場は、芝への調整を兼ねて出場したノッティンガムただ1回だけ。

テニスマガジンの連載記事で、7月号では「チャレンジャーで勝つことへの喜びの気持ちは薄れ始め、ツアーで勝つことへの渇望」について、8月号では「ツアーレベルで戦い続けるために、より成長していかなければならない」といったことが書かれています。

つまり、オリンピック出場のためにあえてチャレンジャーに出続けてランキングが上がった結果、ツアーで存分に戦えている現状から、そこで生き残っていくという新たなモチベーションを見出しているのでしょう。

ということは、このブログでの換算マインド(笑)ももう改めなければなりません。
これからは、ツアー250大会であれば、ベスト4で90ポイント/ベスト8で45ポイント。グランドスラムであれば、1回戦突破で45ポイント・・・という考え方になっていく訳ですね。


なぜこういうことを改めて書こうと思ったかというと、数日前にあるコーチのテニスブログを読んで、その知ったか極まりない記事にものすごく腹が立ったからです。

年始にランキングを一気に上げ、マスターズの予選に出場できるランキングになったにも関わらず、添田くんはオリンピックを目指してアジアのチャレンジャーに出続けたことでかなり批判を浴びたようです。私もブログ主として、何度その訳を聞かれたことか・・・。
でも、こうしてオリンピック出場を決めた今、戦うステージをツアーにシフトさせ、初めての本格的なツアー転戦となった今回のヨーロッパ遠征では、ロディックに勝利、ベルディヒやデルポトロに善戦、グランドスラム本戦初勝利・・・と成長の証や結果を見せることができています。

そして、エントリーリストが出ている範囲ですが、7月いっぱいはオリンピックも含めて全てツアーへの出場です。
>>今後のエントリーリスト(6月30日更新)


ファンには色々な考えを持った人がいるだろうし、人によって好きな選手も違えば、興味のない選手の日々の活動まで追ったりはしないでしょう。そういう立場でたとえ無理解な認識などが出たとしても仕方がない部分はあると思います。でも、発言に影響力があるテニスコーチは違います。ましてや、試合の解説をしたりするような人が言うこととしてその言葉を鵜呑みにする人も少なくない中、実際と異なったことを書かれては、選手やファンはたまったものではありません。

こういう場所ですし、私も子どもではないのでオブラートに包みますが、内心「そんなヤツは○○にひっこんでろ!」とか思う訳です(笑)


話が逸れてきましたが、このブログも立ち上げてから2年が経過しました。

仕事の都合で、以前のように海外のサイトであれこれ情報収集したり、鮮度あるブログ記事を書くことができなくなってきました。ピンポイントでそれができる時期もあったりするかもしれないけど、なんとかリアルタイムで試合をチェックして、ブログを更新するのが精一杯というスタンスはこれからも大きく変わることはないと思います。

でも、そんな中でも、テニスプレイヤーとしての添田くんが置かれた環境はつい半年前とは大きく様変わりしています。そして、新たな戦場となったツアーで勝利を挙げることによってそこにい続けることが目標に変わってきているのでしょう。


周囲はどうしても松岡氏の46位超えとか、何か分かりやすい記録を求めたりしがちですが、おそらく添田くん自身がそのことを特に意識している訳でもないだろうし、あくまでもツアーで勝ち星を重ねた結果、そのランキングを超えていけばいいんじゃないかと思います。

このブログも基本的にはそういうスタンスなんですが、アイキャッチとして、引き続きゆるやかに考察を続けていこうかと思います。




この記事と関連した記事

コメント(2)

  1. sabumasaさんのムッとする気持ちわかります!
     
    オリンピックは4年に一度しかない大会。
    出たい!しかもチャンスがある!ならば掴みたいですよね。

    (私だって出たいですよ…関係ないか…)

    そのために作戦を考えるのは当たり前!
    たくさんのスタッフと話し合いをし最終的には自分で決めた事。
    ファンである私は決めた事を全面的に賛同し、実現するのを応援するのみです。

    それにしてもツアーは大変ですね。
    つかの間の休息、心の底から楽しんで欲しいです。
    考える事いっぱいあるのでしょうね。

    sabumasaさん、仕事しながらのアップ、大変だと思います。
    楽しみにはしてるけど、頑張り過ぎないようからだに気をつけて下さい。

    のるのる

  2. この内容には関係ないのですがm(__)m
    GOさん勝ち上がると錦織君と対戦ですね!
    ATPツアーでの日本人対決、めちゃくちゃ楽しみです!
    ダブルスはペアですね。
    オリンピック目指して頑張って欲しい!

    のるのる

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年9月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million