2勝1敗で最終日へ。東京近郊のテニスファンは万事排して有明へ!!!




デビスカップワールドグループ入れ替え戦対インド。
昨日は2日目のダブルスが行われました。

インドペア def. 日本ペア 5-7 6-3 3-6 6-7(4)


当初ダブルスに登録されていた添田くんと錦織圭選手を最終日万全の形で起用するために温存し、伊藤竜馬選手と杉田祐一選手が登場。ダブルス慣れしていないふたりゆえ、ボコボコにやられるのではないかと心配していましたが(笑)、ホームの応援を力に変え、ダブルスランク6位と14位の選手を相手に大健闘しました!


ここまでで日本チームの2勝1敗。
シングルスで3勝するという戦略は今のところバッチリ当たっています。

いよいよ最終決戦の日曜日。
今日は錦織選手と、オーダー変更はまだ発表されていませんが、初日2日目とまだ起用されていない添田くんが万が一の時の最終兵器(笑)として待ち構えています。
このふたりなら絶対に決めてくれるでしょう!


あとひとつ勝てば27年振りの念願のワールドグループ復帰が決まります!

27年といえば、添田くんが生まれてからこれまでずーっとということ。
日本チームはそんなに長い間ずっとアジア・オセアニアゾーン グループI といういわば2軍で戦い続けてきました。
その歴史がついに変わろうとしています。

あと1勝できれば、来年は、最強テニス王国スペインやフランス、セルビア、スイス(はまだワールドグループ残留が決まってないですけど)などと肩を並べることになるのです。

そんな瞬間を、この目で見られる時が来るとは・・・。

その瞬間をこの目に焼き付け、選手や多くのファンたちと喜びを共有することは、テニスに少しでも関わる人にはものすごく意味のあることだと思います。そして、世界の舞台に羽ばたく日本チームを沢山のファンの声援で送り出してあげたい。

ということで、東京近郊にお住まいに少しでも興味のあの方で、ちょっとした用事のある方は、それをキャンセルしてでも有明に足を運ぶべきです!

試合開始は13時です。

今回のインド戦はTV放映がありませんが、ITFの公式ライブストリーミングで生中継されています。
ジャパンオープン・トーナメントディレクターの川廷尚弘氏がその方法をブログに分かりやすく書いてくださっています。
約300円とお金はかかりますが、これは見なくては!
地方の方も、その世紀の瞬間を一緒に見届けましょう!!!

>>デ杯を Live TVで見る方法
http://ameblo.jp/nao-tennis/entry-11021199760.html

>>デビスカップインド戦公式サイト


ということで、昨日はデジカメをちゃんと持っていったのでいくつか写真をアップすることに。


インドペア。お互いいつもとは違うペアでの急場の戦いでしたが、さすがはトップ選手。ホームの応援を力に挑んできたシングルスペアを相手に1セット落としたもののその力を見せ付けました。


日本の応援は拍手とビニールの応援棒? 応援がおとなしいと言われる日本なりに頑張ってましたが、そろそろサーブというところでちゃんと静まったりと、やはりお行儀はいい・・・(笑)


こちらはインドの応援団。
数は圧倒的に日本の方が多いですが、声は大きくかなりインパクトを与えていました。
ちなみに、初日よりも昨日の方が圧倒的にインド人の数が多かったです。インドがダブルス大国ということを象徴するひとこまです。


最後はもちろん添田くん(笑)
インドのエースデバーマンと、インド陣営の後ろで何やら楽しそうにおしゃべり。

対戦成績は1勝1敗で、2008年以降対戦していません。
添田ファンとしてはこの対戦を見たかったんですが・・・。

いずれにしてもこういう光景が見られるのは個人戦ではなくデ杯ならではで、来年からこういう姿を日本でも見られるのかと想像するだけでなんだかワクワクしてきます(^^




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million