27歳!!!/ 明日から上海チャレンジャー




日が変わって今日、9月5日は添田くんの誕生日です。27歳になりました。

おめでとうございます!!!!!


27歳というと、男子プロテニス界の中ではそろそろベテランと見なされる年の頃かもしれません。

まだまだスタミナの低下などを心配するような年ではない一方、一年の大半で過酷な遠征を続けるテニス選手は、他のスポーツと比べて体調管理に難しさがあるような印象があり、年を重ねた選手ほど、この部分が原因で年間を通して安定したパフォーマンスを発揮するのが難しくなってくるというのはあると思います。

でも、他の選手の例を単純に当てはめていいものか分かりませんが、先日約3年振りにトップ5に復帰したフェレーロは現在29歳、今まさにキャリアの頂点に立っているフィッシュはもうすぐ30歳、そして、長年チャレンジャーの常連だったアレックス・ボゴモルフJr(今年のノッティンガムCH 1回戦で対戦した選手)は、この5月に28歳にして初めて100位を突破し、そこからわずか3ヶ月で50位を切ってしまいました。
その選手自身の体の状態、プレイスタイル、飛躍のきっかけなどなど、単純に比較できるものではないと思いますが、年上の選手のこういう活躍を目にすると、ファンとしてもなんだか励みになるというか、まだまだ時間はあるし、全然若い!!!という気持ちになってきます(^^


もちろん、怪我の予防だったり、食生活だったり、これまで以上に体を気遣っていかないといけないのだろうけど、その一方で例えば病気は防ぎようのないもので!、運の部分もあるでしょう。
でも、そういうことに過剰に敏感になっても仕方ないですからね。

ともかく、これからの1年、まずは元気で実りあるものになりますように・・・。



---------------------------

ということで、月曜日からは上海チャレンジャー。


エントリー締め切りの時点では第2シードでしたが、結局第3シードとなりました。
本戦初日に1回戦が入りました。

vs YANG, Tsung-Hua(221位/台湾)


なんかこの選手、しょっちゅう当たるなーと思い、調べてみたら、一昨年以降、これで5度目の対戦です。
もしかしたら、このところでは対戦回数が最も多い選手かもしれません。

これまでいずれも添田くんが2セットで勝利していますが、7月末からの中国チャレンジャー2大会での好成績が効いて、一気にランクを上げています。

ニューヨークから移動してきて間もないようなので、時差調節が不安要素ではありますが、27歳をいい一年にするためにも、しっかり勝利してスタートダッシュを切りたいものです。

1回戦は現地時間正午(日本時間午後1時)スタートの3試合目に入りました。


>>シングルスドロー

>>月曜日オーダーオブプレイ

公式ライブスコアはどうもなさそうです。。




この記事と関連した記事

コメントする

※初回投稿時のみ、管理人による内容確認の上公開させていただきます。2回目以降は即時反映されます。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Loading

!!!!! オススメ動画 !!!!!

adidas Tennis | Go Soeda | Yasutaka Uchiyama
(動画上の文字部分をクリックするとフルサイズで見られます)

アーカイブ

カレンダー

2020年10月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

記事カテゴリー

「もう一度。」 添田豪を絶賛応援するブログ is powered by WordPress | WP Theme by One in a Million